このエントリーをはてなブックマークに追加

ステップメールの文章チェックポイント

【6月】ステップメールの文章チェックポイント

ステップメールは読みやすい文章になっているかどうかで、続けて読んでもらえるかどうかが変わってきます。読みやすい文章を書くためには、どうすればよいのか?ステップメールの文章のチェックポイントをご紹介します。

書き方のチェックポイント

まずは、ステップメールに書かれている文章の中身をチェックしていきましょう。

文章は簡潔になっているか

ステップメールを読むときは、「サラッとナナメ読み」がほとんどなので、一瞬で内容を把握できるような文章が好まれます。文章は簡潔に、一文は長くても70文字以内におさめましょう。

お得感を感じさせる内容になっているか

人は自分にとってお得感があれば、その内容をじっくりと読みたくなるものです。商品の機能やスペックを説明するのではなく、その商品を使うとどんなことが起こるのかなどのの文章を書くとよいでしょう。

具体的な数値が入っているか

ステップメールでいくらよい文章を書いても、それが本当なのか疑ってしまうこともあります。そのようなときには、根拠となる数値を明確にするとよいでしょう。特に実績を、できるだけ具体的な数値で書かれると、説得力が高まります。

理由を説明しているか

いくらお得感を感じさせても、いくら数値を出しても、その理由が明確でなければ意味がありません。最初に提示した文章の理由を一つ一つ説明していく文章にすることで、ステップメールの読み手は「なるほど」と思うようになります。

重要キーワードは最初に出しているか

ステップメールの文章では、読み手に何を伝えたいのかを明確にし、そのキーワードを早めに登場させるようにしましょう。特に、タイトルにつながるキーワードは重要です。

文章校正のチェックポイント

次に、書いたステップメールの文章をどのように校正していけばよいか、そのポイントをお伝えします。

声に出して読む

文章を構成するときに、目だけで追ってしまうと間違いに気づかないことが多いものです。ステップメールの文章を一度声に出して読むことで、間違った表現や誤字脱字などもチェックできます。

他の人に読んでもらう

文章を書くと、つい自分目線で書いてしまいがちです。ステップメールのシナリオを他の人に読んでもらい、意味が伝わるかを確認しましょう。

1日空けてからチェックする

文章を書いた直後は「これでよし」と思いがちです。できれば1日、時間がなければせめて3時間くらい空けてから再度文章を読み直すと、表現や内容のわかりにくいところに気づきやすくなります。

スマホや携帯で流し読みをしてみる

ステップメールの文章を自分の携帯に送り、流し読みをしてみましょう。このときに読みやすい構成になっているのか、改行や一文の長さが適切なのかを確認してください。

プリントアウトしてチェックする

ステップメールをパソコンの画面で見るだけだと、間違いを見落としがちになります。一度プリントアウトしてから文章を読むことで、気づきにくい間違いを見つけやすくなります。

チェックリストをつくる

ステップメールはたくさんの文章を準備しておかなければいけません。そのため、すべての文章を校正するのは大変な作業です。今回ご紹介した文章の書き方、校正のやり方を行ったかどうか、そのためのチェックリストをぜひ作っておきましょう。

読みやすい文章などを参考に

読みやすいステップメールの文章を作成するポイントは、頭では理解できてもいざやってみると難しいものです。

まずは「これは読みやすいな」「続きを読んでみたいな」と思った文章を参考にして、書き方のポイントをチェックしてみることをおすすめします。

リピストでは、ステップメールをより効果的にするために、商品によって文章や配信タイミングが設定できる自動ステップメールを搭載したECサイトがつくれます。ステップメールの文章力を上げて、より効果の高いネットショップを運営してみませんか。

bn_stepmail

このエントリーをはてなブックマークに追加