魅力的なステップメールが書ける! webライティングのルール

ネットショップには欠かせないステップメール。難しく考えがちなwebライティングですが、基本さえ押さえることができれば、あとは応用次第です。

ここでは基本的なwebライティングのルールを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【基本編】 webライティングのためのスキル5つ

文章を書く流れに従って、5つのポイントをまとめました。これさえ守っておけば、あなたもすぐにwebライティングを始められるはずです。

1.伝えたいことは1つにする

まずはテーマを決めます。1つのステップメールに対して、テーマは思い切って1つに絞りましょう。何が言いたいのか明確になりますし、話が脱線してしまうことを防ぐことができます。

また、「顧客は何を知りたいと思っているのか」ということも客観的に確認しましょう。
確かに、セール期間や商品の売り込みポイントも伝えるべき情報ですが、それだけを発信してしまっても顧客はメリットを感じません。

単なる”事実”だけを述べるのではなく、思わず共有したくなるような知識やお問い合わせの多い質問に対しての答えなど、役立つ情報なども盛り込んでみてください。

2.短く、簡潔に

web上でライティングをする時は、文章を短くすることがポイントです。あまり接続詞を使わず、形容詞や副詞にも頼りすぎないようにしましょう。これはwebライティングに欠かせないスキルです。

結論がわかりづらいと、最後まで読まれない恐れがあります。段落ごとに改行したり、空白を適度に空けることも1つのテクニックです。

3.力を入れるべきなのは構成

テーマを決めた後は、いきなり文章を書き始めるのではなく、構成を練りましょう。webライティングでは、タイトルや件名でのインパクトも大事ですが、最後まで読んでもらうために全体の構成を練ることが最重要です。

顧客にとってどんなに有益な記事だとしても、わかりづらい記事の構成によって興味を失くされては残念です。ポイントは、顧客が知りたい情報を冒頭で伝えることです。

重要な情報から先に書いていくと、読み手は理解しやすいです。その後に「なぜそう言えるのか」「その根拠は何か」という説明を書き加えます。

4.「なるほど」と思ってもらおう

相手に納得してもらうためには、具体的な例と「なぜそう思うのか」という根拠を用いることが効果的です。統計やレビュー、数字を使うと客観性が生まれ、説得力も高くなります。

また、顧客はどういう気持ちなのかを先に察してあげ、丁寧な言葉遣いも心がけると、読み手の共感を得られやすいです。顧客に対して親身になれば、よりステップメールならではの魅力が引き立つでしょう。

5.何度も読み返そう

文章を書き終えてから時間を置いて、もう一度読み直してみましょう。「初めて読む人にも分かりやすいか?」「伝えたいことははっきりしているか?」など最後に確認をすれば、文章の完成です。

webライティングは分かりやすさが大切!

webライティングのルール、おわかりいただけたでしょうか?ステップメールでは、最後まで読んでもらえるように、さまざまな工夫をしなければなりません。

リピストでは、お客様の購入された商品によって、あらかじめ設定した日数後にメールが配信される、自動のステップメールを搭載しています。豊富なメールテンプレートもそろえているので、ネットショップ開設初心者の方におすすめです。ぜひお気軽にご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト