このエントリーをはてなブックマークに追加

Webマーケティングに必要な手法とは

Webマーケティングに必要な手法とは

Webマーケティングを運用するうえで必要な手法がいくつかあります。
今回は、集客・接客・追客の3項目に分けてその手法をまとめました。多くの顧客に利用されるWebマーケティングを展開しましょう。

Webマーケティングの3つの項目

Webマーケティングと呼ばれているように、売れる仕組み作りが重要です。
この仕組みの柱となっているのが「集客」「接客」「追客」。それぞれの意味・目的を簡単にご説明します。

・集客…Webサイトに顧客を呼び込む(目的:アクセス数の向上)
・接客…申込みや購入などの最終アクションに結び付ける(目的:コンバーション率の向上)
・追客…サイトを訪問した顧客に、再訪を促したり関係を保つ(目的:リピート率の向上)

では、それぞれの項目ごとに具体的な手法を見ていきましょう。

1.集客のために必要なWebマーケティング手法

まずは、Webサイトのアクセス数をUPするための手法をご紹介します。

SEO(検索エンジン最適化)

顧客はGoogle、Yahoo!などの検索エンジンを使って、Webサイトにアクセスします。「SEO」とは、検索結果でより上位に現れるようにWebページを改善することです。

リスティング広告

検索エンジンに入力したキーワードに応じて、検索結果画面に表示されるリスティング広告。掲載順位はオークション形式で決まるため、費用をかければ上位に掲載することができます。

アフィリエイト広告

ブログ、メルマガなどに自社Webサイトのリンクを貼り、顧客をリンク経由で集める手法です。成功報酬型の広告のため、リスクの低い広告です。

2.接客のために必要なWebマーケティング手法

集客した顧客を、申込みや購入など最終アクション(=コンバーション)に結び付けるための手法を見てみましょう。

LPO(ランディングページ最適化)

顧客がリンクをクリックして、最初に表示されるページがランディングページです。
顧客が求める情報をランディングページにまとめたり、途中で離脱しないよう工夫(最適化)することで、申込み・購入などのコンバーション率を高める手法です。

EFO(エントリーフォーム最適化)

EFOは、入力フォーム(=Entry Form)を顧客が使いやすいように最適化する手法です。入力漏れエラーや確認事項が多すぎると、顧客は離脱しやすくなります。

入力フォーム内での顧客の離脱ポイントを見つけて改善すれば、離脱率を引き下げ、コンバージョン率を向上させることが可能です。
EFOツールを使えば、顧客がフォームのどこで離脱したのか、入力に何分かかったのかを分析することができます。

3.追客のために必要なWebマーケティング手法

Webサイトを一度でも訪問した顧客にリピートしてもらうための手法を見てみましょう。

リマーケティング広告

自社Webサイトを訪れた顧客に対し、その後ほかのWebサイトを閲覧している際に、自社商品やサービス広告を表示させる手法です。

たとえば、Google AdWordsを使うことで、顧客が自社商品を購入する可能性が高いタイミングで広告を表示させることができます。

メールマーケティング

ターゲットを絞って、期間限定セールやクーポンを合わせて配信することでリピート率を高める手法です。

すべて顧客に同じ内容のメールを送信するのではなく、顧客に合わせた配信をすることで、より効果につなげることができます。

売り上げを伸ばすWebマーケティング手法を身に付ける

Webマーケティングに欠かせない、「集客」「接客」「追客」の3つの手法。
さまざまな手法を必要に応じて講じることによって、効果的なWebマーケティングをおこなうことができます。現状に合わせた手法を選んで、集客や売り上げの目標を達成しましょう。

リピストでは、ECサイトで売り上げを伸ばすための機能が豊富に揃っています。販売を逃さないLPフォームやメルマガシナリオなど、多彩な機能が備わっていますので、ぜひ一度お試しください。

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加