ステップメール配信システムの長所と短所

ステップメール配信システムの導入を考えている方にとって気になる、ステップメールの長所と短所。長所と短所をよく理解してから、導入するかどうかを検討したいですね。それぞれご紹介しますので参考にしてください。

ステップメール配信システムの長所

ステップメールという名前はよく耳にしますが、実際に取り入れるとどんな利点があるのでしょうか?長所を3つ取り上げてみました。

長所その1.自動配信でラクラク

ステップメール配信システムの最大の長所は、設定したタイミングでメールが自動配信されるということ。あらかじめ準備したステップメールを、顧客の購買状況に合わせて設定したシナリオでタイミングよく配信します。

「何時何分に、Aのメールを送信する」というシステムではなく、「顧客がこの行動を起こしたら、Cのメールをすぐ送信する」という、顧客一人ひとりに合わせた自動配信ができるシステムなのです。

長所その2.順を追ってメールを配信できる

ステップメール配信システムは、顧客の購買状況に合わせたステップメールが配信されます。たとえば商品を購入された方には、購入のお礼メール。順次、発送完了・到着確認メールなど。キャンペーンが近づけば、キャンペーンの事前お知らせメールを配信します。顧客の状況(ステップ)に合わせたメールが自動で順次配信できます。

ステップメールができる前は、メルマガのようにすべての顧客に同じ内容のメールを送信していました。現在とは市場環境やユーザーの平均リテラシーが大きく違っていたので当時は有効な施策でしたが、現在では背景や状況が違う顧客に同じメールを送ってもあまり効果は期待できません。

ショップ側が作成したシナリオどおりに、順を追ってメールが配信されることにより、顧客は少しずつショップに対する信頼感を抱きます。やがてリピート客に成長することを期待できるでしょう。

長所その3.顧客とOne to One の関係が築ける

ステップメール配信システムは、顧客の名前を自動でメールの件名や本文に差し込める機能がついていたりします。名前を入れたステップメールを送ることで、顧客はショップに親近感をもつようになるでしょう。

顧客の情報や購買履歴をセグメント分けし、顧客のタイプに合った内容のメールを配信する機能も便利です。自分個人に対して配信されたメールと感じられるほど、ピンポイントで顧客の心をつかむことができます。

まさにショップと顧客との1対1の関係が築けるでしょう。

ステップメール配信システムの短所

しかしステップメール配信システムには短所もあります。

リアルタイム性に欠ける場合がある

ステップメールは、複数のシナリオメールを作成して設定するだけ。あとは顧客の状況に合わせてそれぞれのシナリオが最初から配信されるシステム。ですから今すぐや、今日起きた時事ネタなどは配信することができません。ほったらかしにしていると、情報も古くなってしまいます。

古い情報を配信しないためには、ステップメールの内容を定期的に更新することが必要です。

ステップメール配信システムは長所が多い

ステップメール配信システムの長所と短所。比べてみると、長所のほうがたくさんあります。配信システムを利用することで業務はたいへん楽になり、顧客の状況に合わせた内容が順次配信されるので開封率も上がります。

リピート通販専用カート”リピスト”は、ステップメールの長所を最大限に生かした自動ステップメールシステムを搭載。豊富なシナリオを準備し、お客様の購入された商品によって、あらかじめ設定した日数後にメールを配信します。ぜひご検討ください。