売れるECサイトのデザインを決める4つのポイント

売れるECサイトの共通項をご存知でしょうか?それはズバり「デザインに優れている」こと。

優れたデザインは、ユーザーの心を瞬く間につかみ、高い購入率に繋げることができます。今回は、売れるECサイトのデザインを事例を交えてご紹介。ECサイトのデザインに悩んでいる方、必見です!

ECサイトはデザインが大切

売れるECサイトを分析してみると、商品の質が高いことはもちろんですが、どれもデザインに優れていることが分かります。

意外にも、事業者からはこのデザインの部分は見逃されがちで、「せっかく魅力的な商品が揃っているのにもったいない…」といったECサイトも少なくありません。

売れるECサイトをいくつか見てみると、サイト訪問者の購入率を上げるための工夫が数多く施されていることが分かります。自社サイトを「売れる」サイトに押し上げるためには、商品の質だけでなく、デザインにもこだわってみましょう。

「良い商品なら売れる」はECでは通用しない

men who give NG
なぜECサイトではデザインが重要視されるのか、もう少し深掘りしてみましょう。

年々競争が過熱化するEC業界では、質の良い商品を揃えることは当たり前となってきました。各社とも商品開発に力を注いでおり、「良い商品なら売れる」という考え方では競合他社にすぐ追い抜かれてしまいます。

良い商品を揃えた上で「売れる」ための施策を投入するー

そのための一手が、サイトのデザインなのです。おしゃれさや親しみやすさといったデザインはもちろん、使いやすさや買いやすさといったUX(ユーザーエクスペリエンス:User Experience)を意識することが、売れるECサイトへの近道と言えます。

売れるECサイトのデザイン4つのポイント

では具体的にどのようなデザインを採用すればよいのでしょうか?

ここからは、売れるECサイトになるために、とくに重要なポイントを4つピックアップしました。お手本となる事例も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.消費者を刺激する商品画像

「売れるECサイト=多くのユーザーが商品を購入するECサイト」です。商品をできるだけ多くのユーザーに購入してもらうためには、魅力的な商品画像が欠かせません。ユーザーの購買意欲を一目で刺激するような、質の高い商品画像を使いましょう。

ポイントは、商品そのものの画像だけでなく、実際に使用している画像も掲載すること。その商品を買うことによって、ユーザーにどのような利益があるのかを伝えることができます。また、様々な角度からの写真を使うことで、ユーザーが実物を想像しやすいようにしましょう。

hokuou-ecsite

北欧デザインの生活雑貨を幅広く取り扱う「北欧、暮らしの道具店(以下北欧)」では、魅力的な商品画像を掲載することが徹底されています。商品を撮影する構図や明るさ、配色にまで気を配っており、質感やサイズ感がサイトの掲載画像から一目で分かるようになっています。

思わず欲しくなるデザインという意味では、ECサイトの中でも屈指のクオリティと呼べるでしょう。

2.消費者の心をつかむキャッチコピー(商品名)

商品画像だけでなく、商品名も目立つように記載しましょう。ユーザーが検索するキーワードを考慮して、商品名は「ブランド名 商品」といった風に記載します。「ブランド名 商品」で記載しておけば、商品ページそのものが、検索エンジンに表示されやすくなります。

検索したユーザーが、欲しい商品にすぐさま辿り着ければ、それだけ購入機会を増やすことができるでしょう。

kirin-copy

また、魅力的なキャッチコピーを付けるのも効果的です。EC事業を手掛ける企業の中から、いくつか事例を取り上げてみましょう。

「おいしさを笑顔に」-キリン
「一瞬も一生も美しく」-資生堂
「あしたのもと AJINOMOTO」-味の素
「マズい!もう一杯!」-キューサイの青汁

shiseido-copy

どれも一度は聞き覚えのあるキャッチコピーではないでしょうか?共通するのは、シンプルながら、ブランドの目指す方向性がはっきり分かるということ。こうしたコピーは一朝一夕には生まれませんが、一度自社商品を象徴するようなコピーが決まれば、売れるECを構築する強い味方となってくれるでしょう。

3.商品を際立たせるミニマムデザイン

商品を際立たせるために、ミニマムデザインを採用しましょう。ミニマムデザインとは、文字通り「ムダなものをそぎ落としたデザイン」のこと。売れるECサイトはデザインがシンプルなことが特徴的です。

必要最低限の機能のみを残して設計することで、ユーザーはスムーズに商品ページまでたどり着けます。シンプルなデザインで商品を目立たせることで、高い購入率を実現しましょう。

botanist-topview

「ボタニスト」は、自然由来の成分に徹底的にこだわったボタニカルシャンプー。ECの成功事例として度々取り上げられるブランドですが、そのサイトデザインはミニマムデザインをしっかり意識しています。

シンプルで洗練されたデザインは、他のECとは一線を画しており、ムダを削ぎ落とした売れるECデザインと呼べるでしょう。

4.ターゲットを意識したカラー設定

色がユーザーに与えるインパクトは非常に大きいことが分かっています。ターゲットを意識した色彩を用いることで、サイトのターゲットを的確に流入させることが可能。

たとえば、可愛らしい女性向けの雑貨を販売するのなら、サイトのデザインはピンクやクリーム色。コンセプトのカラーも同じように考えましょう。オーガニック食品を扱うのであれば、ブラウンやグリーンなどのアースカラーを使う、といったようにしましょう。

bulkhomme-topview

メンズスキンケア市場に革命をもたらした「バルクオム」のサイトは、白と黒を用いたデザインで統一されています。

これは商品パッケージにも採用されており、スキンケア商品の「透明感」や「清潔さ」を見事に演出できています。

まとめ

売れるECサイトを構築するためには、サイトのデザインが非常に重要です。商品の質にこだわるだけが、売上アップのコツではありません。現実の店舗でも、外観や内装がいまいちなお店では買い物する気が起きませんよね。デザインにこだわることで、競合サイトに差をつけましょう!

PRECSのレンタルカートサービス「リピスト」には、ランディングページ(LP)と注文フォームが一体型になった「申込みフォーム一体型LP」が搭載されています。また、売れるECデザインを形にするための、各種機能も豊富に用意。

ECサイトの構築を検討中なら、ぜひ一度リピストにご相談ください!

単品通販をはじめるならリピスト