このエントリーをはてなブックマークに追加

ECサイト構築でよくある疑問~決済はどうしたらいいのか

ECサイト構築でよくある疑問~決済はどうしたらいいのか

ECサイトを構築するとき、どのような決済方法を取り入れるべきでしょうか。さまざまな支払い方法のメリット・デメリットなど、ECサイト構築の際に役に立つ情報をまとめました。

決済方法の種類と特長

ECサイトの構築にあたっては、ショップで受け付ける決済方法を決める必要があります。決済方法によって、手数料や支払い可能な時間帯、信頼度・利便性などの特徴はさまざま。どの決済方法を採用するか慎重に検討しましょう。主な決済方法についてご説明します。

クレジットカード

クレジットカードがあれば、手元に現金がなくても決済が可能で、ネット接続環境であれば決済する場所も問いません。クレジットカード会社独自のポイントや保険の付与などのサービスもあり、もっとも利用者の多い決済方法です。

ECサイトの運営においても、カード会社が代金回収を担ってくれるので安心です。ECサイトの構築あたっては、VISA・Master Card・JCB・American Express・Dinersの5ブランドへの対応が基本です。

後払い決済

商品の代金は、後払い決済の会社がEC事業者に立て替えて支払い、ユーザーには後払い決済の会社から請求が行く決済方法です。
ユーザーへの支払いの催促も後払いの会社が行ってくれるため、事業者は入金を待たずに出荷することができます。

ユーザー側も商品が届いてからの支払いになるため安心感があり、代引きのように受け取り時に手元に現金を用意しておかなくていいというメリットがあります。

2014年以降、大きくシェアを伸ばしている決済方法で、現在ではクレジットカード決済と並んで主流と言える決済方法です。初期費用や月額の固定費は無料のところが多いので、導入しておくべき決済方法です。

代金引換

相手の見えないECサイトのビジネスにおいて、商品と引き換えに代金を支払う代金引換は、購入者にとって安心できる決済方法です。お客様との信頼関係の構築が不十分な初めての買い物や、クレジットカードを敬遠する年配のお客様層などに人気があります。

また、運送業者への支払いにクレジットカードや電子マネーが対応できるようになり、さらに利用しやすくなりました。ECサイト運営にとっては支払い完了を待たずに発送を開始できるというメリットもあります。

銀行振込・郵便振替

高額商品を販売するのでなければ、導入しない方がいいでしょう。支払いのために銀行やATMに出向く必要があるため、注文したものの支払い前に気が変わってしまうというケースが非常に多いです。特に若年層にその傾向が顕著で、20代のユーザーが中心のECサイトでは、銀行振込の約半分は決済されません。

ただし高額商品を販売する場合は必須の決済方法です。また、導入に際して特にシステムを必要としないので、手軽に導入できる決済です。

ネットバンキング決済

銀行に出向かずともネット経由の決済が可能で、サービスをうまく活用すると振込み手数料がかからないケースもあります。クレジットカード同様の即時決済は商品出荷までの時間が短く利用者に人気があります。

しかし、ECサイト上でのページ遷移を考えると、購入途中にネットバンキングのサイトにログインして手続きを行うことになるので、購入完了までの遷移は長くなります。当然、購入率も下がるので導入は慎重に検討しましょう。

コンビニ前払い

利用時間の制限がなく誰でも決済が可能で、全国のコンビ二を決済インフラとして活用できます。幅広いお客様層にとってなじみのある利便性の高い決済方式です。

ショップから払込票を送付したり、お客様自身で払込票をプリントアウトする必要がありましたが、払込票が不要なペーパーレス方式も登場し利用しやすくなりました。

とはいえ決済の手続きを別に行わなければならない点は銀行振込と同じで、注文から支払いまでの間に多数のユーザーが離脱します。前述の後払い決済の隆盛もあり、ECサイトでは導入されることが少ない決済方法です。

携帯キャリア決済

携帯電話3大キャリアにおいて、携帯電話料金の徴収に合わせて支払うことができる決済方式です。利用者の年齢や契約状況で上限額が厳しく制限されますが、各携帯の個体識別情報を使い、パスワード4桁で簡単に決済できます。

クレジットカードを所有できない若年層には、即時支払いの有効な手段となるため、若年層向けの商品を販売している場合は導入を検討するとよいでしょう。。

利便性の高い決済方式を取り入れましょう

EC事業を行う場合、どうしても商品そのものやページの魅力などに目が行ってしまい、決済方法までは細かく気が回らないことが多いのですが、決済の利便性は購入判断に大きく影響します。

お客様層の傾向や商品の特性、商品の金額などを考慮し、利便性のある決済方法をサポートできるよう準備しましょう。

リピストでは、多彩な方式からお選びいただける決済サービスを取り揃えております。幅広いお客様のニーズに応えることで、より安定したECサイト運営をにつなげていきましょう。

ECサイト構築をお考えならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加