ECサイトを構築する際に気を付けるべきポイント

ECサイトを構築するときに注意すべきポイントは何でしょう?

事前に調べておくことや決めておくことなど、ポイントをまとめました。あとになって慌てることがないように、しっかり把握しておきましょう。

ECサイト構築の目的

ECサイトを構築する目的、やECサイトが担うミッションは大切なポイントのひとつ。扱う商材やターゲットとなる顧客層など、ECサイト構築後の販売戦略にもかかわる重要なポイントです。ブレることがないよう明確に決めておきます。

ECサイトのネーミング

記憶に残るネーミング、商品がイメージしやすいネーミングなど、ショップの顔となるネーミングはマーケティング戦略上も大変重要なポイントです。他社の商標登録などに抵触しないよう、法的な側面にも注意して決めましょう。

類似した名前があると、同業でなくとも検索上ではで競合します。入力しにくい名前やタイプミスしやすい名前は、検索する上で不利になるので十分に注意しておきましょう。

ECサイトの基本情報について

ECサイトの基本情報を整備しておきましょう。ポイントとしては次のとおりです。

  • 特定商取引法に基づく表記
  • プライバシーポリシー
  • お買い物ガイド
  • 取扱い資格や販売許可

特定商取引法に基づく表記

ECサイトではこの表記が義務付けられています。取引きに関する特約事項などを漏れなく明記しましょう。

・販売業者
・運営責任者
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・サイトURL
・商品以外の必要代金
・注文方法
・支払い方法
・支払期限
・引渡時期
・返品や交換について

プライバシーポリシー

個人情報を取り扱うため、個人情報保護も重要なポイントです。個人情報保護法により、氏名や住所など個人を特定できる情報は保護するよう定められています。個人情報の取り扱いや保護への取り組み、利用目的や範囲を明確に定めECサイトに公開できるよう準備しましょう。

取扱い資格や販売許可

取り扱う商材によっては、取扱い資格や販売許可が必要なこともあります。これらの資格や許可を持っていることをECサイトに公開しましょう。法的義務とともにお客様への安心にもつながります。

お買い物ガイド

安心と信頼を持ってお買い物をしていただけることは大前提です。構築したECサイトを安心してご利用いただけるよう、お買い物の方法や支払い方法の案内、送料算出の説明などをまとめた、お買い物ガイドを作成しましょう。

提案依頼書

ECサイト構築を依頼する場合、どのようなECサイトを構築したいのかをまとめ、RFP(Request for Proposal=提案依頼書)を作成しましょう。

サイト構築の予算や必要な機能、想定しているスケジュールなど、重要なポイントを盛り込んだ文書をもとに、いくつかの事業者に打診するとよいでしょう。

ただし、RFPを作り込み過ぎてしまうと要件が固まってしまい、事業者からの提案の余地がなくなってしまいます。今の時点では気付けていないもっと効率のいいやり方や、メリットに対してコストが高すぎる要件などがあっても指摘してもらいづらくなってしまいます。

あまり要件を固めすぎずに、おおまかなラインで作成しましょう。

データ登録

新たに構築したECサイトには商品データの登録が必要になります。商品名や価格のほか、画像や説明文も忘れずに準備しておきましょう。ECサイトでは一括登録が可能であったり、特定フォーマットに制限されていたりと、仕様が様々です。構築するECサイトへの登録方法やルールにおいても、あらかじめ確認しておきましょう。

障害への備え

運用開始後、大なり小なり何らかの不具合は発生するもの。障害への備えも重要なポイントです。監視の方法や障害時の連絡、メンテナンスウィンドウなど、障害に対応するための体制を作っておきましょう。

外部のサービスをうまく活用しましょう

ECサイトの構築では、構築作業という技術的側面のほかにも、準備するべき重要なポイントがたくさんあります。技術的ハードルは外部業者のサービスを活用し、ミッションを担うにふさわしいECサイト構築を目指しましょう。

リピストは、簡単に開設可能な定期購入に特化したカートシステムです。ECサイト運営に役立つ分析機能なども備わっていますので、ぜひお気軽にご利用ください。

単品通販をはじめるならリピスト