ECサイトが構築できるCMSまとめ

ECサイトの構築に使えるCMSとはどのようなものでしょうか。CMSの機能や導入のメリット、EC向けCMS製品のご紹介など、ECサイトの構築・運用にお役立ていただける情報をまとめました。

CMSとは

ECサイトを独力で構築するには、技術的な専門知識が欠かせません。HTMLやCSSなど、Web構築に必要となるさまざまな専門知識を駆使して、魅力的なECサイトを作ることになります。ただし、これらの専門知識を習得し活用できるまでには多くの時間と努力が必要です。

CMSとは、コンテンツマネジメントシステム(content management system)のことで、『コンテンツ管理システム』とも呼ばれます。汎用CMSのほかに、ECサイト・blog・wiki・SNSなど、特定用途に特化したCMSがありますが、共通している特徴は、Web構築に必要な専門知識がいらないというところ。

掲載したいテキストを用意すれば、CMSに登録されたWebページのテンプレートから設定条件に合わせたWebページを自動生成してくれます。

CMSを使うメリットとデメリット

CMSは構築・運用のための技術スキルや工数の軽減、自動化に伴うミスの防止など、ECサイト運営に多大な効力を発揮します。ECサイトにCMSを使う場合の主なメリットやデメリットをまとめました。

CMSのメリット

CMSには、「専門知識が必要ない」というメリット以外にも、以下のようにたくさんのメリットがあります。

  • HTML/XHTMLやCSS/Ajax/JavaScriptなどの専門知識が不要
  • コードの記述ミスやリンク切れをなくすことができる
  • Webデザインの一貫性を保つことができる
  • ECサイト全体におよぶデザイン変更も容易に実現できる
  • 更新履歴から、誤って変更してしまった場合も以前の状態に戻すことができる
  • 時間指定の更新が可能で、時間的拘束がなくなる
  • ECサイト全体のバックアップが簡単になる

CMSのデメリット

メリットがたくさんあるCMSですが、もちろんデメリットもあります。デザインに制約があるという点では、こだわりがある方にとって非常に大きなマイナスポイントかもしれません。

・CMS製品それぞれの機能を学習する必要がある
・運用しているECサイトのコンテンツをCMSに移行するための作業が必要
・CMSに登録されたテンプレートによりwebデザインは制約される

ECサイト構築に使えるCMS

CMS導入を検討するために、トライしやすいオープンソースのECサイト向けCMSをいくつかご紹介します。

Magento

海外大手を中心に採用例が伸びるMagento。ECサイトおけるグローバルなプラットフォームの一つです。

世界中のエンジニアが開発する多言語対応CMSで、無償版のほか企業向け有償版もあります。大きな特徴は、エクステンションで機能が追加できるように設計された、優れたカスタマイズ性。多通貨対応や自動翻訳など、海外顧客への対応能力も備えています。

EC-CUBE

国産初のオープンソースECパッケージのEC-CUBE。公式サイトや開発者コミュニティは日本語の情報が豊富で、国内では絶大な人気を誇るEC向けCMSです。

ECサイト構築に必要なサービスに対応したオプションが豊富で、プラグインをダウンロードすることで機能追加にも対応。近年は多言語対応版もリリースされ、英語をはじめ複数の言語にも対応できるようになりました。

Presta shop

オープンソースアワード2011「Eコマースアプリ部門」の1位に選出されたPresta shop。SEO対策や追加機能、デザインテンプレート、わかりやすい管理画面など最近技術が積極的に採用されているCMSです。

アメリカとフランスを拠点に世界中の多くのエンジニアが開発に参加しており、多言語・多通貨に対応。言語パックは日本語にも対応し、これから国内でも大いに活躍していくことでしょう。

CMSを活用して構築・運用の手間を軽減

ECサイトの構築・運用には、ECサイトに必要な機能が盛り込まれたEC特化型CMSがおすすめです。CMSをうまく活用することで、技術的な負荷やメンテナンスにかかる手間を軽減しましょう。

リピストは簡単に開設可能なECサイトを運営できるカートシステムです。ネットショップを始めたいという方は、ぜひお気軽にご利用ください!

単品通販をはじめるならリピスト