アフィリエイトとは?ECの集客につながるのか?

ネットショップ、「EC(eコマース)」を始めたときに、集客に苦労する人は多いでしょう。その対策の一つとしてアフィリエイトがあります。

アフィリエイトとはどういうものなのか、どうして集客に繋がるのかをまとめました。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは、「成果報酬型広告」とも呼ばれ、インターネット広告の中でも、費用対効果が非常に高いという特徴があります。

アフィリエイトの仕組み

ブログの中で「この商品、使ってみると便利でした」というような記事があって、そこから商品の購入ページに飛ぶバナーを見たことがある人も多いでしょう。

バナーをクリックしてその商品を購入すると、記事を書いた人に広告料が入る仕組みになっているのです。記事を書いた人にはアフィリエイト用のIDが与えられていて、誰が紹介して、どのくらい購入に結びついたのかを管理されています。

実際に購入された(もしくはクリックされた)数に応じて報酬を支払えばいいので、余計な広告料を払わなくても良いという点が大きなメリットです。

アフィリエイトの5つのメリット

ECショップ側がアフィリエイト広告を出すメリットは、以下の5つがあげられます。

1.費用対効果が高い

実際に購入に結びついたアフィリエイターだけに報酬を支払えばよいので、広告費を浪費することがありません。また、目標の売上に対してどの程度の広告費用が必要かを把握しやすいため、広告予算の調整も簡単に行えます。

2.低予算で広告できる

たとえばチラシなどの印刷物などの場合は、その反応率は良くても0.1~0.2%と言われています。当然その分広告費を多く投下する必要があり、実店舗を持たないEC業者としては、こういった広告に多くの予算をかけるのは難しいでしょう。

しかしアフィリエイトなら、予算に応じて広告を打つことができます。初期費用0円からというアフィリエイト業者もあるので、非常に安い費用で広告を出すことも可能です。

3.リスクが少ない

一般的な広告では、どの程度販売できるのかわからない前提に、最初から広告費をかけることになります。アフィリエイトは、広告費用のかけ方の順番が逆で、売れた分だけ広告費を支払えばよいので、安心して始めることができるのです。

4.拡散性がある

アフィリエイトはインターネット上で行われる広告戦略でもあるので、SNSでの拡散性が見込まれます。有名ブロガーが「これは使いやすい」などと紹介すると、FacebookやTwitterなどを通じて、どんどん口コミが広がっていくでしょう。

5.すぐに始められる

印刷物の広告は準備に時間がかかりますが、アフィリエイトは商品に関する広告文章や、簡単なバナーを作成して登録するだけで、すぐに始めることができます。

アフィリエイトで効率的な広告運用を

どんなに良い物を販売しても、ECサイトに集客できなければ売れることはありません。商品・サービスが認知されるためには広告は必須です。低予算ですぐに始められて、リスクも少ないアフィリエイトを始めてみましょう。

リピストは、国内のアフィリエイト会社の99%以上に対応しており、一括した管理で簡単に連携できるシステムをとっておいるため、ECサイト運営の初心者でも扱いやすくなっています。アフィリエイトでの集客をお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

単品通販をはじめるならリピスト