必見!ランディングページのまとめサイト集~LPを作るコツとは~

ランディングページのまとめサイトをご存知ですか?
まとめサイトはジャンル・色・年月日別で探すことができて、とても便利です。

今回は、効果的なランディングページの作り方のコツも合わせて紹介します。

参考になるランディングページのまとめサイト

ランディングページ(LP)とは、ユーザーが最初に訪れたWEBページのことです。「制作の際に魅力的なランディングページを参考にしたいけど、ひとつひとつ探すのは大変…」そんな方におすすめの4つのまとめサイトをご紹介します。

1.ランディングページ集めました。

当時ランディングページのまとめ参考サイトが無かったため、元WEBディレクターの管理人さんが始めたサイトです。ジャンルもさまざまで、新しいものから古いものだと2009年のものがあります。カラー別に検索できるもの嬉しいポイント。

スマホサイトの普及により、2011年から「スマートフォンサイト集めました。」も開設されているので、こちらも参考にするといいでしょう。

2.LANDINGPAGE BOOKMARK(ランディングページブックマーク)

美容・コスメ・食品・サプリなどに特化した、ランディングページまとめサイトです。こういったジャンルを参考でお探しの方は是非どうぞ!

3.縦長ページのデザイン集めました

イケてるセールスレターのデザインをまとめたサイトです。管理人さんいわく、胡散臭いものが好物だそうで、面白いランディングページが多く揃っています。

4.Web Design Clip

ランディングページサイトを推薦して、掲載される形の配信まとめサイトです。専用のフォームから推薦するサイトのURLを送信すると掲載されるので、最新のランディングページをチェックするには最適ですね。

ランディングページを作る時のポイントとは?

ひとくちにランディングページといってもさまざまですが、集客を得るための取り組みはどれも同じです。成果の上がる作り方にはいくつかポイントがありますが、今回は4つに分けて説明したいと思います。

1.視覚的に連想しやすいメイン画像とキャッチコピー

ユーザーが、見た瞬間に商品の内容を連想できる画像が望ましいです。加えて魅力的なキャッチコピーがあるとよいでしょう。

キャッチコピーは一瞬で読んでもらうべきものなので、長くても16文字以内に収まるようにしましょう。

2.権威づけ

「リピート率○%」「お客様満足度○%」など、数値化した成果を入れると説得力が増します。ページの査読率とコンバージョン率が顕著に上がるので、書く材料があれば必ず書きましょう。

3.ターゲット像を正確にイメージする

「女性か男性か」、「20代か40代か」など、ターゲット像をより明確にすることが重要です。化粧品で成分は同じでも、「脂性肌で崩れやすい」「シミ・くすみを隠したい」というユーザーの悩みでは、口説き文句がガラリと変わってきます。

誰にでも使える万能なコピーより、きちんと口説きたい層に向けた説明を考えてみましょう。

4.コンバージョン導線は分かりやすくする

コンバージョンとは「商用目的での最終的な成果」で、ランディングページにおいては「購入」や「申し込み」にあたります。ボタンは分かりやすく随所に配置して、CVのチャンスを多く設定しましょう。

コツを押さえて効果的なランディングページを

ランディングページと言っても、業種や商材によって、最適なデザインや導線は変わってきます。色々なまとめページを参考にして、購入やお問い合わせにつながるランディングページを作ってみましょう。

リピストでは、一体型申込みフォームでLPの途中離脱を軽減し、簡単操作でコンバージョン率UPにつながります。ぜひ、この機会にリピストを利用してみてはいかがでしょうか。

ランディングページの効果を最大化させるならリピスト