このエントリーをはてなブックマークに追加

自社サイトECのメリットをまとめました

自社サイトECのメリットをまとめました

一般的に、自社サイトECの運営は、モール型ECサイトの運営よりも難しいと思われがちです。

実際、モール型と比べると多くの点に気を配る必要がありますが、その分戦略の幅が広く、出店費用も安価になるので利益を出しやすい仕組みと言えます。

今回は、自社サイトECのメリットをまとめてみました。

自社サイトECとモール型ECの違い

自社サイトECとモール型ECの根本的な違いをおさらいしておきましょう。

自社サイトECは、その名の通り、自社独自に構築されたECサイトです。

一方モール型ECは、ネット上の仮想モールに1店舗として出店されるECです。

モール型ECサイトには、集客力が高い、サポートが充実している、などのメリットがあります。

自社ECサイトのメリット

では、自社ECサイトのメリットには何があるのでしょうか?
今回は代表的なメリットを5つ紹介したいと思います。

メリット1:運営コストが低い

モール型ECサイトを運営する場合、初期費用や毎月モール側に収める月額費用・ロイヤルティなどのランニングコストが発生します。

自社サイトの場合は、そういったコストが必要ないため、その分利益が大きくなるでしょう。

メリット2:細かい現状分析ができる

インターネット上では、ユーザーの行動が「アクセスログ」として保存され、「誰が」「いつ」「何を」「どのくらい」購入したかが、デジタルで管理されます。

ショッピングモール型ECでは、この機能に制限が付いていますが、自社サイトにはその制限がありません。

ユーザーのアクセスログを分析することで、より現状把握や売上改善にスムーズに取り組むことが可能です。

メリット3:デザイン・カスタマイズ性が高い

自社サイトのデザインを、商品やブランドに合わせて自由に変更できるのもメリットの1つです。

ショッピングモール型ECでは、ある程度の制限の中で、サイトのデザインや機能をカスタマイズするので、オリジナリティの高いサイトを構築することはできません。

しかし、自社サイトの場合、サイトのデザイン・商品の写真の点数・バナーの位置などを自由に決めてカスタマイズすることができます。

メリット4:運営の主導権を握ることができる

ショッピングモールECには、契約期間があり、通常半年~1年間は継続してサイトを運営しなければならないので、期間中に解約する場合には違約金が発生します。また、契約期間満期まで、月額使用料をモール側に納めなければなりません。

しかし、自社サイトの場合は、運営側の裁量で一定期間サイトを閉鎖することも、サイトを完全に閉鎖することもできます。

売上が思った以上に伸びない場合や、在庫や仕入れにトラブルが発生した場合に柔軟に対応が可能です。

メリット5:顧客の囲い込みができる

ショッピングモール型ECのユーザーと違い、自社サイトのユーザーは自社ブランドや独自商品に興味を持っています。

自社サイトでは顧客情報を自由に活用できるので、それを基に顧客ロイヤリティに応じたメルマガ配信やDM配信など、販売戦略に応じた顧客アプローチが可能です。

ECサイト構築ならリピストにおまかせ

自社サイトには、モール型ECには無いメリットがたくさんあります。
運営の難易度は少々上がりますが、知識・経験をある程度積んだ方は、自社サイトに切り替えてみるといいでしょう。

PRECSの「リピスト」は、ステップメールや広告分析機能などが充実しており、EC運営に心強い味方になります。

ぜひ1度、ご利用を検討されてはいかがでしょうか?

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加