ECサイトを構築できるASPサービスのまとめ

これからECサイトを構築したいと考えている方の中で、ASPサービスについて知りたい方も多いのではないでしょうか?
ASPはECサイト構築サービスのひとつです。

サービスを購入して使用するパッケージとは違い、提供されたサービスをレンタルして利用することから、初期費用や立ち上げ時の負担を軽減することができます。

今回はそんなASPの特徴やいくつかのサービスをまとめてみました。
サービスの内容について知りたい方はもちろん、どのサービスを選べば良いのか迷っている方もぜひ参考にしてみてください。

ASPとは?

ASPとは「Application Service Provider(アプリケーション・サービス・プロバイダ)」の略称です。企業が提供するサービスをレンタルする形で利用する点が、パッケージサービスとの大きな違いです。

パッケージサービスを分譲マンション、ASPをアパートに例えると分かりやすいでしょうか。
レンタル(アパート)のため、パッケージと比べてカスタマイズの幅が少ないという難点がありますが、契約の手軽さや初期費用を安く抑えられるなど、さまざまなメリットがあります。

ASPの特徴

ASPにはASPならではの特徴がいくつかあります。ここではECサイトにおける、ASPの代表的な3つの特徴を紹介したいと思います。

特徴1: 初期費用を低く抑えられる

ASPの特徴の1つ目は、初期費用を安く抑えられるということ。

個人や小規模の企業でECサイトを立ち上げるとなると、初期費用などのコストはできるだけ安く抑えたいものです。
その点ASPなら、初期費用を安く抑えられ、コスト面で不安のある事業者でもサイトを構築しやすくなっています。

ASPサービスは無料と有料タイプの2つに分けられます。
無料タイプではカスタマイズや機能に一部制限がある場合もありますが、ECサイトで必要となる基本的な機能は揃っているので「まず試しにECサイトを構築したい」という方におすすめです。

また、有料タイプでも月額数万円からレンタルできるサービスも多い点が特徴。こちらの場合も初期費用を格段に抑えることが可能です。

特徴2: とにかく早くECサイトを始められる

1つ目の特徴が、ECサイトを素早く開設できるということ。
ASPでは、導入後すぐにサービスを利用できるようECサイト運営に必要な標準機能がすでに用意されています。

そのため、サイトをすぐに構築しサービスをスタートすることができることから、余分なタイムロスを生むことなくスムーズに事業をスタートすることが可能です。
この点もASPサービスが好まれる理由の1つでしょう。

特徴3: 専門知識がなくても大丈夫

ECサイトを構築する際におおきなハードルとなるのが、専門知識の有無です。

簡単に思い浮かべるだけでも、ECサイトの構築にはサイトのデザイン、ショップ機能の構築、商品の掲載、決算機能、サーバー管理などなど…多方面の専門知識が必要となってきます。

ASPをレンタルし、ECサイトを構築すれば、サーバー等の管理を自社で行う必要がありません。そのため、専門知識が無い方でもECサイトを運用することが可能です。

また、専門知識がなくてもサイトを構築できるということは、それだけカスタマーサービスや集客など他の業務に力を注ぐことができます。
事業の生産性を高めるという意味でも、ASPサービスの導入はメリットがあると言えるでしょう。

おすすめのASPサービスをご紹介

ここまで、ASPサービスの概要や特徴についてご紹介してきましたが、ここからは具体的なASPサービスにフォーカスして見ていくことにしましょう。

ネットで検索すれば、様々なASPサービスを見つけることができます。しかしサービスごとの特徴などはなかなか把握できないですよね。
そこ以下に無料・有料サービスをピックアップしてみました。各サービスの特徴を見ていくことにしましょう。

【有料】1.リピスト

リピスト

まずご紹介するASPサービスは「リピスト」です。
リピストは定期購入やリピート通販に強いショップの構築が特徴。

ステップメール機能や商品ページ一体型申込フォームなど、リピート顧客を獲得するためのさまざまな機能が用意されています。
サービスは4つの有料プランが用意されており、事業者のニーズにあわせて最適なプランを選ぶことができる点も人気を集めているポイントです。

【有料】2.カラーミーショップ

カラーミーショップ

続いてご紹介するのが「カラーミーショップ」。
カラーミーショップを使えば、小規模の予算でもECサイトを構築することができます。

初期費用は3,240円、月額費用も1万円以下なので、手軽にECサイトを始めることができます。
デザインテンプレートも豊富で、HTML編集も可能なので、オリジナリティーの高いショップが作れる点もメリットです。

【有料】3.ショップサーブ

ショップサーブ

ショップサーブはショッピングカート付のネットショップをレンタルしているASPサービスです。
多彩な機能を備えており、制作から集客、運営や受注管理、決済など、ショップサーブだけでオールマイティーに機能を利用することが可能です。

初期費用・月額費用ともに1万円以下のプランがあり、値段もお手軽。
ECでのASPサービスとしては20年の実績をほこる老舗としても有名で、信頼が高い点も特徴の1つでしょう。

【有料】4.MakeShop

MakeShop

「MakeShop(メイクショップ)」もEC向けの有料ASPとして人気のサービスの1つです。
デザイン性の高いサイト構築を得意としており、メールだけでなく電話や質問掲示板などを使って、運営をサポートする体制が整っている点も事業者には嬉しいポイント。

月額費用は3,000円、初期費用10,000円とお手頃な価格設定も魅力です。

【有料】5.楽天市場

楽天市場

有料ASPサービスの代表格が楽天です。
国内のオンラインショッピングのシェアはトップに位置し、高い知名度を生かした集客力が最大の強みと言えます。

月額料金は19,500円(税別)ですが、こちらは一年契約での料金となります。初期費用は60,000円。月額・初期費用ともにやや割高ですが、高い集客力をほこる楽天で出店できる、という点を事業者がどう判断するかがポイントとなります。

【無料】6.BASE

BASE

BASE(ベース)は無料のASPサービスです。
ショップのURL、メールアドレス、パスワードを登録するだけですぐにショップをオープンすることができ、ショップを手軽に展開できる点が人気を集めています。

無料なため、デザインはシンプルになってしまいがちですが、趣味感覚でオンラインショップを始めたい人・すぐにでもショップをオープンさせたい人には非常に便利といえるでしょう。

【無料】7.Stores.jp

Stores.jp

最短2分でオンラインショップが始められる、無料ASPサービスが「Stores.jp」です。
テンプレートの種類も豊富なので、デザインにもこだわることができます。

インスタグラムのショップ機能「ショップナウ」にも対応しているなど、機能性も充実。
別途有料オプションを追加して本格的なネットショップ運営ができる点もメリットです。

ASPサービスを比較してみよう!

最後に、今回ご紹介したサービスを一覧にして比較してみましょう。

サービス比較表

今回は有料のASPサービスを5つ、無料のASPサービスを2つご紹介しました。
サービスを比較してみると、価格やサービスの特徴にそれぞれ違いがあることが分かります。

例えば、カラーミーショップやショップサーブなどは導入コストが低く、ECサイトを素早く構築したい方にはおすすめです。
リピストは、ECでの売上に大きく影響するリピート通販に強いというメリットがあり、サービス導入後の運営面もサポートしてくれます。
楽天はモール型ECの代表とも呼べ、知名度の高さが魅力です。

まずネットショップをはじめてみたい、という方にはBASEやStore.jpなどの無料サービスからスタートしてみるのもおすすめでしょう。
事業の拡大やサービスの拡充にあわせて、有料プランへの移行やオプションの追加をするなどして、フレキシブルに運営を行ってみましょう。

単品通販ならリピスト

今回まとめた通り、ASPには有料と無料のサービスが2種類存在します。初心者の方や趣味でネットショップを運営したいという方は、無料のASPサービスを利用するとよいでしょう。

PRECSではビジネスとしてEC、特に単品通販に取り組む方向けにASP「リピスト」を提供しています。サポート体制が充実しているので初心者の方にもおすすめです。

単品通販をはじめるならリピスト