無料でECサイトを構築できるパッケージ6選

インターネット上には、様々な無料ECサイト構築パッケージが存在します。今回は、無料でECサイトを構築できるパッケージをいくつか紹介し、比較してみました。

オープンソースのECサイト構築パッケージ

ECサイト構築パッケージは、主に有償サービスとオープンソースに分けられます。

オープンソースのECサイト構築パッケージは、基本的に無料で公開されています。また、カスタマイズの方法も公開されているので、知識と技術さえあれば、無料で独自性の高いECサイトを構築することも可能です。

メリット

メリットは、やはり低コストなこと。無料でダウンロードできるので、導入の費用は基本的にかかりません。

そして、先ほど触れた通り、カスタマイズの幅が広いというメリットもあります。

デメリット

一方で、カスタマイズには、ハイレベルな専門知識が求められます。
また、サイト内の不具合やセキュリティ関連の問題が生じた場合は、自力で解決しなければなりません。

無料ECサイト構築パッケージ6選

現在、数多くの無料ECサイト構築パッケージが提供されています。
その中の6つのサービスをピックアップし、比較してみました。

各サービスで機能やデザインが異なるので、自社のECサイトに欲しい機能を見極め、その上でパッケージを選びましょう。

Welcart

国産のカートシステムであるWelcartは、wordpressにプラグインする形で、ネットショップを始めることができます。非常に簡単に導入できることが特徴で、とにかくECサイトを始めたいという方向けです。

有償の拡張プラグインで、売上集計、商品一覧レイアウト、定期購入などの機能を追加することもできます。

Live Commerce

こちらも国産のオープンソースのEC構築サービスです。Live Commerceの特徴は主に2つ。

日本語、中国語、英語に対応した、多言語ECサイトを構築することができる点と、ソーシャルアカウントでのログインが可能なサイトを作れるという点です。有償版では、サイトをスマートフォンに対応させることもできます。

Cs-Cart

オープンソースではありませんが、無料版と有償版のEC構築サービスを提供しています。
デザインテンプレートと機能が豊富なのが特徴で、小規模ECサイト向けです。

また、「1ページチェックアウト」と呼ばれる、ページを遷移せずに注文を完了できる機能も備えています。

EC-CUBE

EC-CUBEは人気・知名度共に高い、国産のオープンソースEC構築サービスです。
会員管理とポイント管理の機能に優れているのが特徴で、クレジット決済も可能です。PC・携帯・スマホ全てに対応できます。

osCommerce

こちらは世界中で使用されているECサイト構築サービスです。
日本語化もされているので、簡単に利用することができます。

プログラミングの知識が無くても、優れたECサイトを構築でき、拡張機能・デザインプレート共に豊富に揃っています。

Zen Cart

osCommerceから派生したサービスで、日本語化もされています。

特徴は、ポイントシステムが利用できる点です。決済・配送もモジュールで簡単に追加でき、カスタマイズの自由度が高いのも特徴です。

本当にオープンソースが必要か?

今回は、無料でECサイトを構築できるサービスについてまとめました。

無料のサービスを利用すれば、予算がなくても、気軽にECサイトを作ることができます。今回紹介したサービスの他にも、優れたサービスはたくさんあります。

しかし、オープンソースは自力で構築するにしても、外注するにしても時間がかかります。
また、自力で構築する場合は、保守管理をどうするかという問題も発生します。

無料で構築できるのは大きな魅力ですが、ビジネスのスピード感を優先する場合は有料のシステムを利用した方が早く、そして多くのECではスピード感がビジネスの成否を大きく左右します。

ECサイトを構築する場合は、オープンソースと合わせて有料のサービスも検討しましょう。