オンラインショップの集客で必要なSEOのポイント(前編)

オンラインショップで集客する上で、SEOは必ずといって良いほど意識しておかなければならないものです。

日本国内の検索シェアはGoogleが9割以上を占めています。(Yahoo検索もGoogle社から提供されたものをカスタムして作られています。)そのため現時点では、SEO=Googleへの対策 となっています。

ここでは、検索=Googleという前提の元、SEO対策で知っておきたいポイントをご紹介します。

GoogleのSEOで理解すべきこと

SEOの具体的な話に入る前に、大原則を説明しておきます。

Googleは「ユーザーにとって利便性が高いかどうか」を評価しようとしています。

SEOにはテクニカルな側面もありますが、本質はあなたのサイトがユーザーにとって利益のあるサイトかどうかということにあります。

つまりSEOで行うべきことは

1.ユーザーにとって利益のあるコンテンツを作る
2.それを正しく検索エンジンに伝える

という2点に集約され、かつ優先されるべきなのは1番です。

この本質を無視して過度にテクニカルな処理を行っても、順位は上がりません。
仮に上がったとしても一瞬で、いずれペナルティを受けることになります。

ユーザーにとって魅力的なコンテンツを作る、という姿勢を常に心がけてください。

その上で、検索エンジンに正しくサイトの情報を伝える方法と、検索エンジンに伝えやすいコンテンツの作り方を説明していきます。

HTMLの記述について

どれほど魅力的なサイトであっても、HTMLを正しく記述できてないと、検索エンジンには伝わりづらいです。

HTMLタグを正しく記述することで、サイトの内容を検索エンジンに伝えやすくしましょう。

重要なタグ

SEO上、重要なタグは以下の3つです。

  • <title>
  • <meta name=”description” content=”ページの説明”>
  • <h1>~<h3>

これらは非常に影響の強いタグなので、必ず設定するようにしましょう。

以下、それぞれのタグについて説明していきます。

<title>

その名の通り、ページのタイトルを示すタグです。

検索結果ページでは、下図の赤枠の部分です。
titleタグの表示位置を説明するGoogleの検索結果キャプチャー

SEO上、強い影響力を持ち、かつ検索結果のリンク部分はこのタグに記述した内容が表示されるため、非常に重要なタグです。

<meta name=”description”>

実際の記述は
<meta name=”description” content=”ページの説明”>
となり、「ページの説明」の部分に説明文を記述します。

検索結果ページでは、下図の緑枠の部分です。

descriptionタグの表示位置を説明するGoogleの検索結果キャプチャー

多くのユーザーはこの説明文を読んで、そのページをクリックするかしないかを決めるので、ここも重要な記述です。

ただし、検索されたフレーズの前後の文章がdescriptionの代わりに表示されることもあります。

<h1>~<h6>

ページ内の見出しであることを示すタグです。

タグとしては<h6>までありますが、実際にはh5、h6まではあまり使われません。

ページの見出しなのでやはり重要なタグで、ECサイトの場合、商品名などに<h1>を使用することが多いです。

このページで言うと、「HTMLの記述について」などの大見出しに<h2>、「重要なタグ」などの小見出しに<h3>を使用しています。

まとめ

  • SEOはテクニックで考えない。魅力的なコンテンツを作ることが本質。
  • title、description、h1~h3は設定しておくべき。

後編ではその他のタグやコンテンツ作成時の注意点について説明します。

この記事を書いた人
柾 大和株式会社PRECS チーフコンサルタント
柾 大和株式会社PRECS チーフコンサルタント

web広告代理店を経て、2012年より株式会社PRECSへ。
前職から美容・健康ジャンルに特化した広告提案を行っており、その知見を活かし事業の計画からオファー設計、集客戦略、ページデザイン、EFOなど、EC領域で必要なものを多岐にわたって企画・立案する。
特にEC事業のスタートアップに関わることが多く、「とにかくコンバージョン数を増やす」を座右の銘にECの立ち上げ支援を行っている。

単品通販をはじめるならリピスト