ECサイト構築にかかる費用と相場

ECサイト構築にどれほどの費用がかかるのかご存知ですか?

一口にECサイト構築といっても様々な種類があり、サイトの規模やサービスによって、費用も大きく変わります。

今回は、ECサイト構築にかかる費用と相場についてまとめました。
これからECサイトの運営を始めたいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

ECサイト構築の3つの方法

ECサイト構築にはいくつかの方法があります。

ここでは

・ASP (レンタルカート)
・EC構築パッケージ
・フルスクラッチ

の3つに分けて、各ECサイト構築手段の大まかな費用、メリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

ASP (レンタルカート)

ASPとは、Application Service Providerの略です。

簡単に言えば、ネットショップ構築・運営に必要な様々なサービスを、期間貸しの形式で利用することをいいます。

3つのネットショップ構築方法の中で、費用が最もお手頃なのがASPです。
相場は数千円~10万円ほどになります。

中には初期費用・月額費用が無料のASPもあるので、初心者の方でも簡単にネットショップ構築をすることができます。

メリット

ASPのメリットは何といってもその手軽さにあります。
ASPは自社のサーバへのインストールが不要なので、比較的容易に導入することができるのです。

デメリット

考えられるデメリットとして、機能・容量・デザインの制限が挙げられます。
「もっと規模の大きなネットショップを構築したい!」という方には不向きになります。

EC構築パッケージ

その名の通り、EC構築・運営に必要な機能が詰まったパッケージソフトです。

サイトの規模によって構築にかかる費用は変動しますが、EC構築パッケージの代表格であるEC-Orangeだと、価格は200万円からとなっています。

メリット

メリットは導入が比較的容易である点と、個人の好みに合わせてカスタマイズすることができる点です。

もちろん、カスタマイズする場合は、別途費用がかかります。

デメリット

デメリットとしては、不要な機能がついている・機能が物足りないことがある、という点です。

EC構築パッケージは汎用的に利用できるようには設計されているため、仕方のないことかもしれません。

フルスクラッチ

フルスクラッチとは、0からECサイト構築を行うことです。
機能やシステムを自分好みに設定することができます。一般的に費用はとても大きく、1,000万円以上かかります。

メリット

自社好みにサイトを構築でき、細かい機能まで付けることができます。

デメリット

0から仕様や機能を設計するので、費用と時間がかかります。
また、開発会社は基本的に指示された通りに構築するので、業務フローまで考えたシステム設計のノウハウが必要です。

売上規模と必要な機能を目安に選ぶ

では、どの方法を選べばいいのでしょうか?

目安として、売上の規模とどうしても必要な機能が備わっているかを確認するとよいでしょう。

売上が少ないにも関わらず、数千万円のフルスクラッチシステムでショップを運営していては、コストを回収できないためです。

逆に、月間で数億円規模の売上があり、ASPを利用している場合は、機能の少なさがネックになってしまいます。
売上げの目安を下記にまとめたので参考にしてみてください。

種別 月商
ASP 0~2億円
パッケージ 1,000万円~2億円
カスタマイズ 2億円~

そして、最も重要な点が、使用しているシステムを拡張する機能です。

ECサイトを運営していくと、自分のサイトに必要な機能がわかってくるはずです。

しかし、使用しているシステムにその機能が追加できないと、また新しいECサイトを構築しなければならない危険性も生じてきます。

必要な機能をしっかり見極めて、自分に合ったシステムを利用しましょう。

自分に合ったシステムでEC構築を

今回は、これからECサイト構築を考えている方のために、ASP、EC構築パッケージ、フルカスタマイズの費用や長所・短所をまとめました。

費用や機能はシステムによって変動するので、自分に合ったシステムを見つけてください。

その際には、自分のECサイトの売上の規模と、必要な機能を参考にしてみましょう。

リピストでのECサイト構築は月額0円から始めることができます。

もちろん、ECサイト運営に必要な機能・サービスも充実しています。ぜひ一度利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ECサイト構築をお考えならリピスト