このエントリーをはてなブックマークに追加

新規開店を検討している人向けのネットショップ開業の仕方

新規開店を検討している人向けのネットショップ開業の仕方

今日では、ネットショップ開業サービスを使って、誰でも気軽にネットショップを始めることができます。

しかし、「開業する際のリスクが怖くてなかなか行動に移せない」という方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は出来るだけリスクを抑えたネットショップ開業の仕方をまとめてみました。

売上と維持費の見積りをしっかりと

ネットショップ開業のリスクを出来るだけ抑えるためには、売上と経費の見積りをしっかり立てることが大切です。

ネットショップを運営するためには、当然のことながら維持費がかかります (例:ドメイン、サーバー費用、広告費、ショッピングカートなどのシステムレンタル料金)。

これらの維持費を上回る売り上げを達成できなければ、赤字になってしまいます。

まずはテスト販売

いきなり大規模な個人店舗を開いて、需要があるかどうかもわからない商品を販売するのはリスクが高すぎます。

まずは、あなたが売ろうとしている商品の需要・妥当な販売価格を見極めるために、テスト販売をしてみましょう。

テスト販売の仕方

テスト販売する際には、無料のネットショップ開業サービスがおすすめです。
費用がかからないので、手軽に始めることができます。

無料ネットショップを運営していく中で、自分が求める機能やサービスもわかってきます。
その時は、有料のネットショップ開業サービスを利用してみるのもひとつの手になります。

本格的なネットショップ運営をする前に、無料サービスを使って、色々試してみましょう。
必ず、今後の運営に生きてくるでしょう。

ABテスト

テスト販売をする際に、注目すべき点が3つあります。

それは

・商品の説明文
・画像
・値段

です。

ネットショップ上では商品を直に触れて選ぶことができません。
なので、ユーザーはその商品の説明文、画像、値段を参考にして購入することになります。

テストの仕方は非常にシンプルです。
商品Aを2つ出品し、説明文、画像、値段のどれかひとつを変えるのです。これをA/Bテストまたはスプリットランテストといいます。

例えば、説明文をテストしたい場合は、商品Aの画像と値段は同じにして、それぞれに異なる説明文を書きます。

より売れた方が、魅力的な説明文ということになります。
画像と値段のテストの仕方も同様です。

リスクを抑えられれば何度でもチャレンジできる

ネットショップ開業の仕方は年々簡単になってきています。
しかし、開業にリスクが伴うことは否めません。

ネットショップ初心者の方は、まずネットショップ開業のリスクをできるだけ低く抑えるようにしてみましょう。

本格的なネットショップ開業を開始する前に、テスト販売をして、商品の需要・価格帯をしっかりとリサーチすることが大切です。

リスクが小さければ、何度でも失敗・チャレンジをすることができます。

リピストは、月額0円でネットショップを始めることができます。

さらに、ネットショップ運営に必要な機能・サービスも充実しています。あなたもリピストを使って、ネットショップを開業してはいかがでしょうか?

ネットショップで開業をお考えならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加