初心者のためのランディングページの作り方講座

ECサイト初心者の方で、ランディングページ(LP)の作り方に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ランディングページの作成は重要な施策の1つですが、初めて作成する方にはなかなか難易度の高いものです。

そこで今回は「ランディングページの作り方講座」と題して、LP作成の具体策をご紹介していきます。初めてランディングページを作る方がまず知っておきたい情報が満載なので、ぜひチェックしてみてください!

ランディングページとは?

ランディングページ(LP)とは、広義では検索エンジンやWeb広告などから、ユーザーが最初に訪れるページのことを指します。最初に訪れたページがトップページなら、トップページがランディングページということになります。

一方で、狭義ではユーザーにアクションを促すことに特化したページのことをランディングページといいます。一般的にランディングページやLPというと、後者を指すことが多いです。本記事もこちらの意味のランディングページについて述べています。

特に、ECサイトでは商品やサービスごとにランディングページを作成し、購入や申し込みに繋げる役割を担っています。そのため、売上やコンバージョン率向上を狙うためには、しっかり力を注いでおく必要があるポイントです。

LPを作る前に商品やブランドの強みを洗い出しておく

さて、具体的なランディングページの作り方をご紹介する前に、前提となる重要なステップがあります。それは、商品やブランドの強みを洗い出しておくということ。

ランディングページでは、いかに自社商品の魅力をアピールして、コンバージョンに繋げるかが重要となってきます。そのためには、まず自分たちで商品やブランドの強みをはっきりと認識しておくことが大切です。

どのポイントを前面に押し出すのか、どこが他社と差別化を図るには最適なのか、あらかじめ洗い出しておくことで、より魅力的なランディングページが作成できるでしょう。

ランディングページの作り方5つのポイント

ポイントを解説する

ここからは、具体的なランディングページの作り方のポイントを押さえていきましょう。今回はLP作成には欠かせない5つのポイントをピックアップしました。

初心者の方は、このポイントを意識しながらランディングページ作りを進めていきましょう。

1.ストーリーを意識する

1つ目のポイントは、ストーリーを意識するということ。ランディングページの始まりから終わりまで、全体の流れを意識して作成することで、より魅力的なLPに仕上げることができます。

その際に役に立つのが「BEAFの法則」です。BEAFの法則とは、ランディングページからコンバージョンに繋げるための4つのポイントの頭文字を取ったもの。

最初に、Benefit(ベネフィット)でユーザーに対してのメリットを提示してあげます。「この商品を購入するとこんな良いことがありますよ!」というメリットを、しっかり伝えてあげましょう。

次にEvidence(エビデンス)です。エビデンスでは、ベネフィットで提示したメリットの裏付けを伝えてあげます。具体的なデータや数字を掲載すれば、説得力が増しますね。

Advantage(アドバンテージ)は、他社の商品と比較した際に優れている点を提示します。なぜこのサイトで商品を購入するべきなのか伝えられれば、ユーザーが商品を購入する動機を鮮明にすることができます。

最後にFeature(フィーチャー)の部分では、これまで述べたメリット以外の特徴を提示しましょう。ユーザーを購入に導くために、最後の背中を押してあげます。

>BEAFの法則はこちらの記事もチェック→『ランディングページのストーリーはBEAFの法則を活用

2.ファーストビューにこだわる

全体のストーリーがイメージできたら、いよいよ本格的にランディングページを作成していきます。真っ先に意識したいのが、ファーストビューです。

ファーストビューとは、ランディングページを訪れた際に、ユーザーが最初に目にする部分。このファーストビューで心を掴むことができないと、ページの続きを読んでもらえません。

魅力的なファーストビューに欠かせないのが、商品写真やキャッチコピーです。例えば、こちらのサイトのファーストビューをご覧ください。

バルクオム

バルクオムは通販で大人気のメンズシャンプー。ファーストビューはシャンプーとは思えないおしゃれな商品写真が掲載されています。リッチで高級感のある商品イメージをしっかり訴求できている良い事例です。

こうした写真に、シンプルで「刺さる」キャッチコピーを組み合わせることで、より魅力的なファーストビューが作成できるでしょう。

3.データや数字で客観性をもたせる

さきほどのBEAFの法則でもご紹介しましたが、データや数字を用いて客観性を持たせることは、良いランディングページ作りのポイントと言えます。

いくら質の高い商品であっても、通販では実際に手に取って商品を試すことはできません。そこで信頼のおけるデータや数字を使って、ユーザーに安心感を与えてあげましょう。

例えば、化粧品などであれば、どのような成分が含まれているのか、具体的な数字で紹介してあげるのは効果があります。グラフや表を使って分かりやすく表示してあげるのも、ユーザーの納得感を高めることができる方法の1つです。

4.購入への導線を用意しておく

ランディングページを作成する際は、購入への導線を分かりやすく表示しておきましょう。ユーザーが「商品を購入したい!」と思ったタイミングで、申し込みボタンが見つからなければ、せっかくのチャンスをみすみす逃すことに繋がります。

分かりやすい位置に、分かりやすいデザインで導線を設置しておきましょう。

おすすめなのが、ランディングページ一体型の申し込みフォームです。LPの同一ページ内に、申し込みフォームが用意されていることから、スムーズに購入へと繋げることができます。

5.お客様の声や商品レビューで安心感を与える

ECサイトのランディングページを作成するなら、お客様の声や商品レビューはぜひとも掲載しておきましょう。

ネットショッピングでは、商品への信頼や安心感が購入への大切なポイントとなります。お客様の声や商品レビューは、実際に商品を利用したユーザーの生の声が聞ける貴重な情報源です。数字やデータとは違った客観性を提示することができるため、ランディングページを作成する際は忘れず掲載しておきましょう。

まとめ

今回は、ランディングページ(LP)の作り方講座と題して、LPを作成する際のポイントについてご紹介しました。

ランディングページは、ECサイトにおいて売上に影響する大切な施策です。初心者の方にとっては難易度が高く感じますが、まずは今回ご紹介した5つのポイントだけ押さえることを意識してみましょう。それだけでも、ぐっと魅力的なLPに仕上がります。

PRECSのレンタルカートサービス「リピスト」では、ランディングページ一体型申し込みフォームなど、売上に繋がる多彩な機能を用意しています。ECサイトのLP作成に悩んだときは、ぜひ一度、リピストにご相談ください!

単品通販をはじめるならリピスト