このエントリーをはてなブックマークに追加

事例から見る食品単品通販の特徴

事例から見る食品単品通販の特徴

食品というとスーパーで買う物だというイメージの方も多いと思いますが、近年では通販で食品を購入する人が増えています。
実は食品は単品通販に適した商材なのです。

今回は、食品をテーマとした単品通販について考えてみましょう。

食品業界

物流技術の向上のために、最近では食品を通販に頼っている人も少なくありません。
かつては地元でしか食べることのできなかった特産品や生鮮食品が、通販を通して全国に出回り、私達の食卓を潤しています。

食品通販の市場規模が年々拡大しているので、当然そこには新規参入のチャンスが生まれます。

しかし、その分競争はも激しくなりつつあり、また、口に入れるものなのでユーザーが購入に慎重になるというハードルもあります。

したがって、食品の通販に対する顧客の警戒感をなくし、市場の中でしっかりアピールできる特別感を演出することが大切になります。

食品でリピーターの胃袋を掴め

従来の食品通販というと、いわゆる「お取り寄せ」でしたが、現在市場を牽引しているのは「宅配」です。
特別なものではなく、日常的に使う食材が通販で購入されているのです。

お取り寄せ型の通販では、新規客の獲得コストを引き下げることが中心的な課題でしたが、宅配型の通販ではリピーターの育成コストを引き下げることが課題になります。

効率よく多くのリピーターを獲得することができれば、長期的で安定した売り上げが見込め通販サイトの運営が楽になります。
食品の場合、再購入回転が速いもの魅力の一つです。

しかし、食品は近所のスーパーで買うことのできるものでもあります。
スーパーでも買えるのに、わざわざ通販で売ろうとしても、ニーズがありません。

それでは、いかにリピーターの注目を集めていけばよいのでしょうか。

具体的に売る

当然ですが食品には様々な調理法があります。

最近CMでもよく使われている方法ですが、この調理法を示すことで顧客の想像力を刺激しましょう。

例えば野菜を販売する場合に、産地や価格などをアピールするよりも“色とりどりのサラダの材料に使えますよ”という形でアピールした方が、顧客の購買意欲は高まるでしょう。

ただ商品の紹介をするのではなく、調理例やアレンジ方法も合わせて伝えていくことで、食品の魅力を伝えていきましょう。

タイミング良く売る

食品は消耗品なので、食べればなくなります。
なくなったタイミングでオファーをかけられれば、購入率は飛躍的に上がるでしょう。
(もちろん顧客が商品に満足しているという前提ですが)

食べられるタイミングは正確に測定することはできないので、商品ごとに消費されるであろうタイミングを設定し、それに応じてオファーを送るようにしましょう。
あらかじめステップメールを設定しておけば、自動で送信されるので手間もかかりません。

また、メールの本文には定期購入のオファーも記載しましょう。期間限定の割引特典などをつければ定期購入に引き上がりやすくなります。

ステップメールについて

ステップメールとは、あらかじめ複数のメールと配信日時を用意しておくことで、後は自動でメールを送信してくれるシステムです。

商品ごとに配信スケジュールや内容を変えられるものもあるので、日持ちする商品の場合は1週間後、そうでない場合は数日後などに送信するようにしましょう。

単品通販をはじめるならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加