ステップメールのシナリオ その組み立て方

効果のあるステップメールを作るには、シナリオ作りが欠かせません。

ステップメールを初めて書く方の中には、いきなり文章を書き始める人もいるのではないでしょうか。そんな方は、どこかで文章が行き詰ったり、最後の部分でうまく売り込みに繋げられなかったりします。

それは、シナリオの組み立てを怠っているからです。

そこでここでは、シナリオの組み立て方を具体的に説明します。

自分のシナリオを作る

ステップメールにおいて大事なことは何でしょうか。

それは、信頼されるということです。
そして、その信頼されるためには、自分という人間を相手に知ってもらわなくてはいけません。

なぜなら、知らない相手を信頼することはできないからです。

したがって、ステップメールの一番の目的は、自分を知ってもらい、商品を売ることです。

つまり、ステップメールのシナリオを組み立てるということは、自分を、自分の商品を知ってもらうということです。

ステップメールを書く前に

ステップメールを書く前に、まずは全体のアウトラインを明確にしましょう。

アウトラインがしっかりしていれば、しているほど、文章はスムーズに書けます。
それが、ステップメールのシナリオとなります。

ここからは、シナリオを組み立てる際の具体的な要点を説明します。

ステップメールの目的

なんのためのステップメールか、しっかり伝えましょう。

ステップメールにおいて1通目、2通目は重要です。
最初の部分で、読む価値のあるメールだと思わせるように、ステップメールの全体像、目的を示しましょう。

ここでしっかり興味を持ってもらえれば、後のメールも読んでもらえます。
最初から情報を出し惜しみしないようにしてください。

共感してもらう

ステップメールの目的を伝えた後は、いきなり売り込むのではなく、共感できるような事例を提示しましょう。

例えば、自分が化粧品を売りたいとき、いきなり化粧品の話をするのではなく、よくある肌の悩みや、化粧品の成分の仕組みなど、豆知識的なことを紹介します。

そうすることで、読者は納得感や、共感を得ます。
その納得感、共感は、売り手への信頼へと繋がっていくのです。

こんなに共感できる相手なら、きっと自分に合う商品を売ってくれるはず、と読者は考えるはずです。

はじめの一歩

共感を与えた後は、読者の重い腰を上げさせましょう。

現在の自分が変わるには、行動しないといけないことを伝えます。

ここまで、ステップメールを見ている方は、何かしらの悩みや期待があります。
そういった読者の心理状態を想像してください。

自分が少しでもお金を出し、商品を買うことで、自分は変われるのだと、思わせるようにするのです。

しかし、まだ商品を売り込んではいけません。
まずは、読者に商品を買わなければ、と思わせることが大事です。

最後に売り込む!!

読者に購買意欲を植え付けた後、やっと自分の商品を売り込みます。

読者の悩みを自分の商品であれば、解決できることや、特典サービスなどを示します。

・・・とはいえ、正直に言うと、最後の部分はそれほど重要ではありません。むしろ、ここまでの過程の方が重要です。

ステップメール シナリオの考え方のヒント1 逆から考える

ここまで、シナリオの組み立て方を説明しましたが、まだまだイメージが掴めない人も多いかもしれません。

そんな方はまず、自分の商品の特質をもう一度見直してください。
自分の売ろうとしている商品の長所は何か。

その長所からステップメールのシナリオを考えればいいのです。

自分の商品では、こういった悩みを解決できる。
こういった悩みのある人は、こんなことを知りたいはずだ。

このように、逆から組み立てていくことで、きれいなシナリオが完成します。
そして、売りたい商品はできるだけ一つに絞りこんだ方がシナリオを組み立てやすいです。

ステップメール シナリオの考え方のヒント2 繰り返す

いざ、渾身のステップメールを送っても、最初は成果がでないかもしれません。

しかし、あきらめないでください。
ネットショップは、小さな修正の繰り返しです。

不安な方は、ステップメールの中にtwitterやfacebookなどで読者の反応を促してみるといいですよ。
読者の評価、ステップメールの問題点などが分かります。

あなたの商品のために

一つの商品を売るために、ステップメールは非常に有効なツールです。

しかし、そこには、信頼されるシナリオが必要です。
そして、信頼されるステップメールを作るためには、信頼できるシステムとサポートが必要です。

PRECSは、リピストというサービスで、信頼できるシステムとサポートを提供しています。
ぜひ詳細を確認してみてください。

単品通販をはじめるならリピスト