このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットショップの集客方法について

ネットショップの集客方法について

ネットショップの運営をするにあたって、「集客」は初めの難関ポイントです。

ネット上では、実店舗のように、顧客が「通りがかって入店してくれる」ことはほとんど無いので、全ては集客方法にかかっています。

今回はネットショップの集客方法を紹介していきます。
様々な集客方法を学んで、ショップに合った方法を試していきましょう。

集客方法の種類

ネットショップの集客には多様な方法があります。

ここでは「短期的な集客方法」と「長期的な集客方法」に分けて説明していきます。
いろいろな集客方法を組み合わせて集客しましょう。

短期間で集客効果を出す方法

短期間で集客効果を出すためには有料広告を活用しましょう。

代表的な例としては、リスティング広告やアフェリエイトと呼ばれる集客方法があります。

リスティング広告

リスティング広告は、検索結果に表示される広告のことで、検索ワード、期間、時間帯などを指定して、特定のユーザーに訴求することが可能です。

検索している=その商品を求めているということなので、CVRは高くなります。

アフィリエイト広告

アフィリエイトは、他のサイトで商品を宣伝してもらう集客方法です。

他の集客方法と大きく異なるのは、成果(販売)の件数に応じて広告費が発生するという点です。

単品通販では主力となる集客方法ですが、それゆえに出稿には万全を期しましょう。

長期的に集客効果を出す方法

長期的な集客方法には、継続的な取り組みが必要です。しかし、成功すればその効果は絶大で、有料広告以上の結果が期待できます。

SNSを使った集客対策

SNSを利用すれば、FacebookやTwitterなどでネットショップを宣伝できるため、不特定多数の人にネットショップの存在を知ってもらえます。

定期的な宣伝、ショップ情報の更新などで認知度を徐々に高めていくことが可能です。

SEO

SEOとは、検索上位に表示されるようにする取り組みです。
検索結果の上位に自分のネットショップが表示されれば、大きな集客効果を期待できます。

具体的な方法として、サイト内の商品情報を充実させたり、検索ユーザーが使いそうなキーワードを意識してタイトルを設定したりすることが挙げられます。SNSの集客方法と同じく、長期的な取り組みが必要です。

メルマガ・ステップメールの活用

メルマガやステップメールは、ネット上の営業のようなもので、定期・不定期でメールを送り、ネットショップへの関心を高め、商品の購入に繋げていきます。

メルマガは一斉送信で同じ内容のものを全ての人に送りますが、ステップメールは一人一人の段階に合わせてメールを送信していくシステムです

いずれのタイプのメールにしても、内容を精査し、最終的には商品購入に繋げるようにしないといけません。時間を掛けて、メールの内容を充実させていくことが大事です。

それぞれの方法を使い分けることが大事

ここまで、かなり大まかに基本的な集客方法を紹介しましたが、詳しい活用法は個別に理解を深めていきましょう。
全体を通して言えることは、集客は一朝一夕で成功するものではないということです。

長期的・短期的な集客方法を、状況に応じて使っていきましょう。

また、「集客できた顧客の数」や「実際に商品購入に結びついた割合」などの結果を調べることも重要です。

集客をして終わりではなく、その集客の影響力を広告集計機能などで調べるようにしましょう。

結果に応じて施策を改善していくことこそが、集客で一番大事なポイントなのです。

集客方法の改善スピードを早めましょう

ネットショップに多くの顧客を集めるには、データに基づいた地道な改善が欠かせません。
集客効果をより高めていくには、その改善スピードを速くする必要があります。

顧客動向を分析するツール・サービスを積極的に活用しましょう。

利用するカートシステムによっては、標準で顧客や集客の分析機能が備わっているものもあります。

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加