このエントリーをはてなブックマークに追加

LPを作るためのLPO対策って何だろう?

LPO対策

ECサイトを運営されている方の中には、Webマーケティングの一環としてランディングページ(LP)を利用している方も多いと思います。

一枚完結型のランディングページは低コストで商品をPRすることに役立ちます。

しかし、適切なLPを作成しなくては新規顧客や売上に繋がりません。
そのためにも、今回ご紹介するLPO対策を学びましょう!

LPOとは

LPOとは「Landing Page Optimization」の頭文字をとったもので、「ランディングページ最適化」という意味です。

ランディングページ(LP)とは、検索結果や広告をクリックして表示されるWeb広告の顔となる一枚完結型のウェブページのことです。

商品の特徴や価格、使用者の声や売上実績などを載せることで、他のページに行くこともなく、スクロールだけで潜在顧客に商品をPRすることができます。

LPOではランディング(=着地)ページ、つまり商品に興味を持った人が最初に訪れるページを最適化するということなので、ターゲットとなる潜在顧客に向けてより訴えるコンテンツを提供することを目的としています。

具体的にはターゲットが期待している情報と、LPに表示されている情報のギャップを埋める作業という風に考えると分かりやすいかもしれません。

また、ターゲットが求めている情報を提供することで、LPからの離脱率を抑え、コンバーション率(成約率)を向上させるのがLPO対策の基本的な目的です。

次はLPO対策の大まかな流れを見ていきましょう!

LPO対策の基本的な流れ

データ分析

まず、ランディングページのどこに問題点があるのかを見つけていきましょう。

そのためにはアクセス解析を含むサイトの現状をデータ分析し、訪問者が求めているものを知る必要があります。

仮説

データ分析を基に、どうすればランディングページから離脱されないか、コンバーション率に結びつくか、仮説を立てます。

改善

仮説に従って問題点を改善する方法を検討していきます。

LPO対策は何箇所も問題点を検討し、ランディングページの全体を見直す必要があるので、必然的に時間がかかります。
また、仮説が間違っていた場合には何度も検討しなければなりません。

一度に全ての問題点を解決することは、はっきり言って不可能です。
データ分析で問題点を見つけ仮説を立てて検証した後、改善を実行するというサイクルを何度も繰り返していきましょう。

地道な作業ですが、推敲を重ねることでより良いランディングページが出来上がっていくはずです。

ランディングページが訪問者の要求に答えているかという観点を大切にLPO対策を行ってみましょう。

LPO対策の具体策

上ではLPO対策の大まかな流れを見てきましたが、ここでは具体的な改善ポイントをまとめてご紹介します。

選択肢を絞り込む

目的がはっきりしないままサービスを追加していくと、ページに無駄な情報が増えていきます。
LPO対策において、どの要素を組み込むかを明確にして、他のものを排除していくことは重要です。

ギャップを無くす

ランディングページへの訪問者は、辿り着く前に何らかのイメージを抱いています。

ランディングページにブランドカラーが現れていないと、離脱されてしまう原因となります。
ブランディングは必要不可欠です。

シンプルであること

ランディングページの見た目が統一されていないと、訪問者は混乱してしまいます。
LPO対策ではフォントと色を統一するのは最低限の要素です。

安心感をもたせる

ネット上で商売するECの世界では、相手の顔が見えないために顧客が不安を抱えやすい傾向にあります。保証を付けるなど、顧客が安心して利用できる信頼性を作りましょう。

権威をもたせる

紹介されている商品を利用している人が、大勢いることを理解してもらうことも大事です。
お客様の声、有名人の利用などをアピールし、権威付けをするという手法もあります。

アクションボタンを目立たせる

コンバーション率向上のためにも、目的のアクションをしてもらうための問い合わせフォームや会員登録・購入ボタンを目立つ配置にすることが重要です。

文章の比率を少なくする

短い文章を心がけ、出来る限り写真やイラストなどのイメージによって訪問者にアピールすることが効果的です。

おわりに

LPO対策と一口に言っても、やるべきことは多岐にわたります。

まずはアクセス解析を始めとするしっかりしたデータ分析を行い、ターゲットの行動や欲求を読み解き、改善に繋げましょう。
そのうえで、インパクトのあるファーストビューやキャッチコピー、シンプルな構造を目指しましょう。

また「リピスト」では2クリックで購入完了できるLPフォームや受注管理・LTV測定など、データ分析ツールもあります。
LPO対策に役立つ機能が充実しているので、気になる方は是非チェックしてみてください!

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加