このエントリーをはてなブックマークに追加

効率的なネットショップの宣伝方法とは?

効率的なネットショップの集客方法とは?

ネットショップを開業しただけでは人は集まりません。
売上げを作るためには顧客を増やさなければいけません。

そこで集客が必要になりますが、ネットショップの宣伝方法には様々な方法があり、目的に応じて使い分ける必要があります。

今回はネットショップの宣伝方法を紹介するので、効率的な方法を一緒に探していきましょう。

ネットショップの宣伝方法の選択

ネットショップの宣伝方法を選択する前に、まずは以下の2点を考えてみましょう。

  • 自分のネットショップの規模、資金に見合った宣伝方法か
  • どのくらいの効果が見込めるか

資金が少ない状況で宣伝費をかけ過ぎてしまうと、回収する前に資金がショートしてしまう可能性があります。

まずは規模に見合った宣伝方法を選びましょう。

また、広告の効果をあらかじめ想定しておくことは非常に重要です。

効果の想定、計測がなければ、結局その宣伝が上手くいったのか失敗だったのかがわからず、無意味な宣伝費を使うことになってしまいます。

どんな宣伝方法を選ぶか

ネットショップの宣伝方法を選択する上で大きなポイントとなるのは、無料なのか有料なのかということです。

無料で宣伝することができれば、たとえ失敗したとしても、キャッシュとしての損失はないというメリットがあります。

ただし、有料の集客サービスの方が集客力、即効性が高く、無料のものはキャッシュがかからない分、手間はかかるので両方に取り組む必要があります。

無料でネットショップを宣伝する方法

まずはネットショップに無料で集客する方法を2つ紹介します。

SEOを利用した堅実な集客

まずは、SEO(検索エンジン最適化)です。

SEOは検索結果の上位に自社サイトを表示させるための対策で、無料でできる宣伝方法として知られています。

しかし、効果を出すまでに時間がかかるので、すぐに成果をあげるには不向きな手法とも言えます。

即効性の高いSNSの利用

次はSNSの活用です。

SNSは上手く活用すれば、無料で大きな成果をあげられるメリットがあります。
情報がリアルタイムで更新されるので、即効性もあります。

利用者数は年々増加しているので、ネットショップの宣伝に積極的に活用しましょう。

有料でネットショップを宣伝する方法

有料の宣伝方法はたくさんありますが、ここでは代表的な2つを紹介します。

費用対効果の高いリスティング広告

リスティング広告は、低予算で始めることができる宣伝方法です。
検索ワードに応じて広告が表示されるシステムなので、ターゲットを絞って効率よく集客することができます。

短い期間で効果を上げることができるのも魅力の1つです。

アフィリエイト

アフィリエイトは売上が発生した時にだけ、費用が発生する広告です。
売れなければ広告費も発生しないので、キャッシュ面では失敗しづらい宣伝方法です。

ただし導入するためには、アフィリエイトのシステムが発行する「成果通知タグ」をページ内に設置できるようになっている必要があります。

有料の宣伝方法の落とし穴

有料集客サービスには多くのメリットがありますが、意外な落とし穴があります。

それは、サービスへの「過信」です。
当たり前ですが、何も考えずに使用しても宣伝効果は上がりません。

まずは宣伝効果を知るために、定期的な効果測定をしていく必要があります。

効果測定ツールを活用しましょう

宣伝効果を測定する方法が分からない人もいるかと思います。

きちんとした宣伝の効果を把握するためには、CPAやCVR、CPO、LTVといった数値を測定する必要があります。

それぞれの項目を分析し、弱みをひとつずつ潰していくことでネットショップの集客を成功させることができます。

計測用のシステムを別立てで導入しようとすると、費用が増大し、業務も煩雑になるので、最初のうちは宣伝の効果が計測できるカートシステムを選ぶといいでしょう。

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加