このエントリーをはてなブックマークに追加

集客の基本!リスティング広告のメリットと運用ポイント

集客の基本!リスティング広告とは?

ネットショップにおいて、特に力を入れないといけない集客。

いろんなネットショップが集客に悪戦苦闘していますが、WEB集客の手法として一般的なリスティング広告は、しっかり使えば大きな効果を発揮します。

今回はこのリスティング広告の基本を紹介するので、WEB集客に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

リスティング広告の基本

リスティング広告は、特定のキーワードで検索したユーザーに訴求するので、キーワードに関連した製品・サービスに興味のある新規顧客が集まりやすくなります。

非常に効果的な集客方法ですが、注意すべきポイントもあります。

具体的にリスティング広告の基本的なメリット、運用ポイント、注意点を見ていきましょう。

リスティング広告のメリット

リスティング広告のメリットは、サイトへの流入数を増やすことができるので、新規顧客を獲得できる可能性が高いところです。

ネットショップを利用するとき、多くの人がキーワード検索でお店を探します。

検索ユーザーのニーズとECサイトの商品がマッチングするように、複数のキーワードを考えておきましょう。

さらに、リスティング広告は、クリック数に応じて費用が発生するので、最小限の費用で運用可能です。

また、地域や表示されるデバイス、時間帯などを設定できるので、様々なパターンでテストが可能です。

費用の総額を小さくでき、配信条件を細かく設定できることで、購入に繋がりやすいユーザーを推定できるという魅力があります。

リスティング広告の運用ポイント

リスティング広告には、より効果的に利用するためのポイントがあります。

一番重要なことは、「キーワードの選択」です。適切なキーワードの検索結果に広告が表示されなければ、集客効果はありません。

自分のサイトを利用する人が、どんな検索ワードから流入しているかを分析して、キーワードを選択していきましょう。

また、運用にかける費用も重要です。クリック数に応じて費用を払うと言っても、クリックした人が商品を購入しなければ、意味がありません。費用分の売り上げが確保できているかを見極めて、お金を効果的に使うようにしましょう。

リスティング広告の注意点

これはどの集客方法にも言えることですが、必ず成果を確認しながら運用しましょう。

サイトへのユーザー流入数、その中で実際に商品・サービスを購入した人の割合など、費用対効果を確認しながら行わなければ、無駄な出費が増えてしまいます。

また、それらの分析結果から対策を考えていきましょう。「リンク先はあれでよかったのか」、「適切な費用設定になっているか」、「違うキーワードを使用した方がいいのか」など、対策は様々です。少しずつ効果が上がるように改善していきましょう。

基本を押さえてリスティング広告を使いこなしましょう

今回はリスティング広告の基本を説明してきましたが、意外と単純な仕組みに驚かれた方もいるのではないでしょうか?

リスティング広告は、ピンポイントでターゲットに訴求し、費用対効果の高いメリットがあります。

それらのメリットを最大限に引き出すためにも、効果を細かく測定して、地道な改善を続けていきましょう。

リピストでは、LTV測定やADコード集計機能など、リスティング広告の効果を最大化するためのサポート機能も充実しています。

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加