このエントリーをはてなブックマークに追加

無料のLPOツールを活用して、LPを改善してみよう!

LPOツール 無料

訴求力の高いランディングページを作るためにはLPO対策は必須です。
無料のLPOツールなら、お試し感覚でLPO対策が可能です。

そこで今回は無料で使えるLPOツールを紹介していきたいと思います。

LPOとは?

LPOとは「Landing Page Optimization」の頭文字をとったもので、「ランディングページ最適化」という意味です。

ランディングページ(LP)とは、検索結果や広告をクリックして表示されるWeb広告の顔となる一枚完結型のウェブページのことです。

ランディング(=着地)ページ、つまり商品に興味を持った人が最初に訪れるページを最適化するということで、具体的にはターゲットが期待している情報と、LPに表示されている情報のギャップを埋める作業と考えると分かりやすいかもしれません。

また、ターゲットが求めている情報を提供することで、LPからの直帰率・離脱率を抑え、コンバーション率(購入や資料請求、会員登録などの成約率)を向上させるのがLPOの基本的な考え方です。

LPOツール

LPOツールとは、その字の通り、LPOを進めるためのツールです。

作成したランディングページの訪問者がどのような検索キーワードで流入してきたかをデータ分析したり、またどのようなページレイアウトが好ましいのかなどをテストする機能などが組み込まれているものが主流です。

無料のLPOツール

では、無料のLPOツールにはどんなものがあるのか見ていきましょう!

Google Analytics(グーグルアナリティクス)

Google Analyticsは無料で有名なアクセス解析ツールです。

ランディングページへの訪問者の行動を解析するLPOツールとして、有料のものにも引けを取りません。基本的にはデータ分析に特化していますが、A/Bテストを行うこともできます。

訪問者が検索エンジンに入力した語句を調べるキーワード分析や、流入元を特定する参照元分析、平均滞在時間分析や直帰率・離脱率分析も可能なので、かゆいところに手が届く仕様になっています。

検索エンジンからのアクセスなのかリスティング広告からのアクセスか判別し、新規ユーザーとリピーター別にどのページから読み始められているか等を見る事も可能です。

LPO対策を行う上で十分な機能を備えているのに無料で使う事が出来てしまうのがこのGoogle Analyticsの凄いところです。多機能過ぎて最初は馴染めないかもしれませんが、慣れると非常に心強いLPOツールとなるでしょう。

ねこすけLPO

株式会社ねこすけのねこすけLPOはASPタイプの無料LPOツールです。

メールアドレスを登録するだけで誰でも利用可能です。「ねこすけLPO」は、サイト訪問時に最初に閲覧するページに表示するコンテンツを動的に変更することができるのが特徴です。

また、効果検証機能なども搭載しており、どのコンテンツを表示するのが最適なのかを把握することも可能です。

無料のLPOツールとしては有名なものなので、LPO対策初心者の方にも敷居が低いものになっています。

ココマッチLPO

株式会社ココマッチのココマッチLPOは無料トライアル期間があり、2週間無料でLPOツールを使用することが出来ます。

LPOツールの機能としては、検索キーワード分析や訪問者の都道府県などの地域分析、A/Bテストやリスティング広告設定などがあります。

LPOツールとして基本を押さえたものですが、煩雑な設定も無く、アフターフォローも万全なのでLPO対策初心者にも使いやすいものになっています。

おわりに

今回は無料で使えるLPOツールをいくつか紹介しました。

無料で試せるLPOツールでは確かに便利ですが、サポートも無くいきなり使いこなすのは難しい面もあります。

また、トライアル期間を設定しているものもあるので、短期間でLPO対策の効果を感じることが出来るか不安なところです。

無料のLPOツールではどうしても様々な面で限界がありますが、PRECSの「リピスト」では2クリックで購入完了できるLPフォームや受注管理・LTV測定など、LPO対策に特化したデータ分析ツールだけでなく、流通や物流などの代行サービスなども充実しています。

低コストでLPOツールとして役立つ機能が多く備わっていますので、気になる方は是非チェックしてみてください!

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加