ランディングページのテンプレートになる構成とは?

ランディングページを作る際に大事なのは、デザインだけではなく、原稿を含む構成の部分です。

デザインがいくら素晴らしくても、伝えたい内容がきちんと文章化しているか、くどくなりすぎていないか気をつけなければなりません。

では、構成のポイントとは何でしょうか?

本記事はそのままランディングページに使えるようなテンプレートとなる構成を説明します。
ランディングページの作り方が気になる人はご一読下さい!

ランディングページの基本構成

ランディングページを構成するのは主に以下の通りです。

  1. ファーストビュー
  2. 説明
  3. 実績
  4. 他の顧客の賛同
  5. 行動
  6. FAQ、問い合わせフォーム

今回は例として「田舎の野菜を定期販売するサイト」を扱うことにします。
これを前提に詳しく見ていきましょう!

ランディングページの基本構成その1.ファーストビュー

ランディングページでは何よりもまずファーストビューが大事です。

特定キーワードで検索エンジンからランディングページを訪れたユーザは、「ホットな状態」でファーストビューを見ます。

ここでユーザに分かりやすく、欲しい情報を与えるか否かがページ離脱率を左右します。

今回扱う商品ならば、ファーストビューには「○○だけの新鮮なお野菜をお届け!」など、インパクトのあるキャッチコピーを入れるのが理想的でしょう。

ランディングページの基本構成その2.説明

ファーストビューで興味・関心を持ったものの、購入には至らなかったユーザへ向けた、より詳しい商品説明部分が必要になってきます。

それがこの説明部分です。商品がどのように作られているか、使用したらどのような効果が出るのか、または他社製品との比較表などを交えて説明するのも効果的でしょう。

今回のケースなら、販売している野菜が無農薬であったり、農家の方が考えた特別な製法を紹介することが、他の商品との差につながるはずです。

ランディングページの基本構成その3.実績

ここでは商品に関する実績や信頼出来る第三者などの声などを載せて権威付けを行う部分です。

具体的な売り上げ数値や、著名人や医者のお墨付きがあれば、「これは思っていたよりも凄い商品なんだ」という印象づけを行うことができますよね。
また、テレビや新聞などのメディアでも取り上げられていれば効果は一層高まります。

今回の例で言うと、その商品の監修に携わった方を紹介してみるのも、実績の裏付けになるかもしれません!

ランディングページの基本構成その4.他の顧客の賛同

これまで商品の概要や信頼性を見てきたユーザがより注目するのがこの「他の顧客の賛同」部分です。

実際に商品を使用してみた感想をランディングページへアクセスしているユーザに近い第三者の視点で解説することによって、リアリティのあるものとして感じとれます。

今回のケースは「○○が作ったから、その味が知りたくて購入できた!」などの、お客様のレビューを集めて「人気の理由」を裏付けするような構成にしても良いでしょう。

ランディングページの基本構成その5.行動

ここは実際にユーザを購入体験へと促す部分です。

「資料請求はここから」とか「今なら○○が無料でついてくる!」など、購入への後押しとなるようなコピーを添えてみるのも効果的です。

今回のケースならば、定期購入をすることでなにかしらのプレゼントがついてくる!などのキャンペーンを展開してみても良いかもしれませんね。

ランディングページの基本構成その6.FAQ、問い合わせフォーム

FAQはこれまでに解消出来なかった疑問や不安な点を解消するための場所です。

「よくある質問」に対して明確な言葉で簡潔に答えているのが望ましいでしょう。また、それでも解決出来ない場合のために問い合わせフォームもあると、より効果的です。

今回のケースであれば、お届けするサイクルや返品交換の可否など、基本的なことから、踏み込んだ内容まで、網羅的に用意することが重要です!

まとめ

今回はランディングページのテンプレートとなるような構成を説明してきました。

しかし、構成を理解しても簡単に作れるものではありません。沢山のランディングページを実際に見て、良いと思った表現を真似するなど、色んな角度から情報を吸収していきましょう。

また、PRECSの提供するサービス「リピスト」ではランディングページと申込フォームを一体化することで購入ステップを大幅に省略する機能があります。
商品説明ページからすぐに申し込みが可能なので、ランディングページに特化した機能と言えます。ランディングページ作成の際はぜひチェックしてみてください。

単品通販をはじめるならリピスト