Web集客の3つの流れを理解しましょう

Web集客には様々な方法がありますが、どの集客方法にも基本があります。

今回はそのWeb集客の基本を説明していきます。
基本を理解した上で様々な集客方法を使いましょう。

集客の手順を理解する

集客には段階があり、実践だけではなく、その前後の「分析」と「改善」も非常に大切です。

ここでは、集客前、集客、集客後の3段階に分けて集客の基礎知識をお伝えしていきます。

1.集客前のサイト分析

集客の前にやるべきことは、自分のWebサイトのチェックです。
Webサイトに来る人が、「どの経路で流入しているか」、「どこで出て行くのか」など、顧客の流れを確認しておきましょう。

ツールは、無料で解析機能が充実しているGoogle Analyticsがオススメです。

これらの解析によってWebサイトの不十分な点、集客の際にどのページへ人を呼び込めばいいかの目安が分かってきます。

また、資金の算出もしておきましょう。
集客費用の目安を事前に設定しておくことで、Web集客での費用の使い過ぎを防ぐことが可能です。

2.実際にWeb集客を行う

集客の実践段階です。
事前に調べたデータを基に出稿先を選び広告を出します。

広告には、商品購入ごとに料金を払う成果報酬型や、クリックごとに払うクリック保証型など、様々な形態がありますが、いずれにせよ重要になるのは「出稿する媒体」「広告の費用」「出稿先のページの質」です。

事前に充分な検討をしておきましょう。

3.Web集客後に必要な改善作業

Web集客施策を行った後は必ず改善を行います。

重ねて書きますが、改善は絶対に必要です。
Web集客が最初から上手く行くことはないものと思ってください。

集客で得たデータを分析し、次の集客への改善点を探しましょう。
また、ここで分析したデータは運営に活かすこともできます。

そのためにはできるだけ具体的な問題点を抽出することが大切です。

広告のリンク先に問題はなかったか、広告を見てサイトに来た人は何人いたのか、サイトに来た人はどのような行動を取ったか、広告を出す媒体の選択は正しかったかなどを、数字を参照しながら検討していきましょう。

このようにして、Webサイトの内容を充実させ、出稿先の媒体を最適化することではじめて有効なWeb集客が可能になります。

たとえ集客の成果が芳しくなかったとしても、その原因を分析し次に繋げることができるのであれば、それは失敗ではありません。

分析を怠り、改善を諦めた時に、Web集客の失敗が確定するのです。

集客を一つの流れとして考える

上記のように、集客は広告を出して終わりではなく、出稿-分析-改善まででひとつのセットです。

Web集客の流れ、サイトのデザイン、運営とのつながりを意識して集客を考えましょう。
出稿前に仮説を立てておくことで、出稿後の分析、改善が容易になります。

Web集客を成功させるには、地道な「改善」が必要

すぐに効果が出るWeb集客の方法はありません。

最初は難しいかもしれませんが、少しずつ改善して、継続的に集客施策を行いましょう。

ECサイト初心者の方は、集客前の分析、集客結果を確認する機能が備わったシステムを使ってみるのもいいでしょう。

PRECSの通販カートシステム「リピスト」では、ステップメール機能やLTV測定、ADコード集計など、Web集客に役立つ機能も充実しています。

Web集客に興味のある方は、ぜひ一度チェックしてみて下さい。

単品通販をはじめるならリピスト