このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットショップの運営方法

ネットショップの効率的な運営方法

ネットショップの運営方法といっても、集客から始まり、商品の受注・発注、問い合わせ対応、分析など、内容は多岐に渡ります。

「どれを優先すればいいのか?」、「どの業務に時間がかかるのか?」、ショップ運営の初心者には疑問だらけでしょう。

そこで今回は、「毎日の管理業務」「集客」「分析」の3つのテーマを軸に、ネットショップの運営方法について説明していきます。

毎日の管理業務

毎日行う管理業務は、運営方法の中心とも言えます。
内容は、以下のように多岐にわたります。

  • 仕入れ
  • ネットショップのシステムメンテナンス
  • 商品管理
  • 受注管理
  • 発送業務
  • カスタマーサポート(メール・電話対応)

日常業務は、業務内容が細分化するので、最もボリュームが大きい業務と言えるでしょう。

これらの業務をいかに効率化し、集客や分析に時間をかけられるかが、ネットショップ成功の分かれ道です。

例えば、商品の発送確認メールやお礼のメールは自動化したり、商品管理の流れを一元化して効率化したりしましょう。

単純な事務作業を効率化することが、運営方法として重要です。

集客

ネットショップを開業したら、まず集客に力を入れましょう。

集客方法の主力は広告ですが、スタートアップ時にはソーシャルなども活用しましょう。

広告

広告は世の中にたくさんありますが、ネットショップのスタートアップで利用するべきなのは、リスティング広告とアフィリエイトです。

基本的にリスティング広告を先に展開し、CVRなどの数値が出たところでアフィリエイトへの出稿を行いましょう。

ソーシャル

facebookやTwitterなどです。
知人がショップをオープンしたとあれば、いいねボタンくらいは押してくれるものです。

基本的にソーシャルからモノが売れることがまずないので、そこからの直接的な売上は期待できませんが、多少の認知は得られます。

ブログ

個人でブログを書いているようなら、そちらにも記載しましょう。
これもソーシャルと同じく、よほどの著名人でない限り直接的な売上は期待できませんが、ないよりはあった方がいいです。

またSEO効果などを狙ってショップのブログを作る場合は、プラットフォーム上ではなく、WodrPressなどを使用して独自のものを作成しておきましょう。

顧客・サイト分析

顧客が集まって来ると、分析をして売上を更に伸ばすような取り組みが必要です。

「どの商品がどれ程売れているのか」、「顧客はどのサイト、検索ワードから自分のネットショップに来たのか」、「リピート率はどうか」などを、分析ソフトを使って現状と課題を解析し、対策を打っていきます。

運営業務の効率化を目指しましょう

ネットショップの運営方法で、どの作業もまだまだ注意すべきポイントがあります。

気になる方は、詳しく調べてみてください。
繰り返しになりますが、重要なのは「効率化」です。

例えば、「毎日の管理業務」には効率化の余地がたくさんあります。
無駄を徹底的に省いて、集客・分析に時間を割きましょう。

PRECSのリピストは、見やすい管理画面で日々の業務を効率化しやすくします。

顧客分析・集客効果も簡単に確認できるので、ネットショップ運営方法に役立ちます。

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加