ECサイト運営に関連する仕事内容はどんなものがある?

ECサイトの運営は、個人でやる場合も多く、手軽にできるというイメージを持たれている方もいるのではないでしょうか?

しかしECサイトとはいえ一つのお店を運営するので、その仕事内容は多岐に渡ります。

そこで今回は、ECサイトの運営に関する仕事内容を詳しくご紹介。ネットショップを運営するにはどんな仕事が必要なのか、いっしょにチェックしていきましょう。

ECサイト運営の仕事内容は?

ECサイト運営の仕事内容は、商品管理からサイト管理、宣伝、顧客分析、顧客のサポート業務など多岐に渡ります。

これらの業務を大きく分けると、「フロント業務」と「バックエンド業務」に分類することができます。

フロント業務とは?

フロント業務とは、直接ユーザーと接触することが多い業務内容のことで、自社サービスの紹介やマーケティング業務などがこれにあたります。

ECでは商品企画やサイト作成・更新などがフロント業務に含まれ、新規ユーザーの獲得や商品のプロモーションなど、売上に直結する業務が多いのも特徴の1つです。

バックエンド業務とは?

バックエンド業務とは、商品の発送やアフターサービスなど、購入以後の業務のことを言います。

ECにおいてはこのバックエンド業務の最適化が事業者拡大する上での大きなポイントで、より効率的でスピーディーなバックエンド業務を確立することが重要となってきます。

全7種類│ECのサイト運営に関する仕事内容を紹介

ECサイトの運営にはフロント業務とバックエンド業務があることをご紹介しましたが、ここからはより詳細に仕事内容を見ていきましょう。

1.商品企画(フロント)

product planning
1つ目は商品企画です。

商品企画では売上に繋がるための魅力的な商品を企画し検討することが求められます。

ECサイトの商品企画では、継続してユーザーに興味を持ってもらうため、季節感やトレンドなど目玉となる商品が欠かせません。常に取り扱う商材に関するトピックを収集し、どの商品をどれくらい仕入れるのか?どの期間に販売するのかなど、綿密な販売計画を立てることが重要となってきます。

2.ECサイトの作成・更新(フロント)

2つ目は、ECサイトの作成・更新業務です。

ECを運営するとなれば、サイトはまさにサービスの「顔」と呼べる存在。それだけに、魅力的かつ利便性の高いサイトを構築する必要があります

また、一度作成してからも、アクセス解析やテスト作業を通してより良いサイトへとバージョンアップさせなければなりません。最新の情報を更新し、ユーザーに飽きさせないサイト作りを目指すことも重要なポイントです。

3.仕入れ(フロント)

produt purchase
仕入れ業務、ECサイトの重要な仕事内容の1つです。

ECでは手元に販売する商品がなければ、売上を生み出すことはできません。そのためニーズの高い商品が常に手元にあるよう、仕入れ業務を綿密に行う必要があります。また、より質の良い商品や仕入れコストの低い商品を探すことも、仕入れ業務では大切なポイントとなってくるでしょう。

4.プロモーション(フロント)

4つ目はプロモーション業務です。

ECでのプロモーションのメインは、Webマーケティングとなります。SEOやWeb広告の出稿、SNSの運営やメルマガの配信など、その種類は多岐に渡ります。

すべての種類を網羅できればベストですが、商材やターゲットにあわせてマーケティング戦略の数を絞ってみるのも良いでしょう。例えば、若年層がユーザーに多いなら、SNSマーケティングは効果を発揮します。

このように自社の売上を最大化するには何が最適なのか、しっかり優先順位を定めておきましょう。

5.受注管理(バックエンド)

order management
受注管理業務では、商品の注文を受けてからの対応がメインとなります。

ユーザーへの受け付け完了メールの送信や、在庫をピックアップしてからの梱包作業。配送業者の手配や出荷など、ECにおいては要と呼べる重要な業務です。

その分事業者の負担も大きくなるため、作業効率化のための自社システム構築や外部サービスへの委託など、作業効率とミスの起こらない体制の構築が鍵となってくるでしょう。

6.出荷・配送(バックエンド)

出荷・配送業務は受注管理の一環でもありますが、この業務だけに注目してみるとその重要性がよく分かります。

ECを利用するユーザーは、より早く確実に商品が届くことを望んでいます。そのため、<丁寧な梱包作業やミスのない作業は重要ですが、スピーディーに作業をこなすことも求められます

また、確実に商品を届けるためには信頼のおける配送先を選ぶ必要があり、この選定も慎重な見極めが必要でしょう。

7.アフターフォロー(バックエンド)

after service
アフターフォローは、ユーザーへの満足度を高めるだけでなく、リピーターの獲得にも関わる重要な業務です。

例えば、カスタマーサポートの存在はよく取り上げられますが、この対応如何によって商品に対しての不満やクレームを中和し、自社のイメージを高めることもできます。

また、商品を出荷・到着以降に、定期的にステップメールなどを送信することでユーザーの満足度を引き上げることもできるでしょう。

まとめ

ECサイト運営は、上記3つの仕事内容を全体的に行う必要がありますが、一つ目の管理業務はほとんど自動化、一元化できます。

ECサイト運営に必要な事務作業が効率化されていくと、他の業務に時間を割いて、新たな施策や成長戦略を立てることができます。

PRECSのリピストでは、見やすい管理画面で単純な業務を一元化でき、効率的なECサイト運営をサポートします。

日々の管理業務に時間を取られている方は、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

単品通販をはじめるならリピスト