このエントリーをはてなブックマークに追加

ECサイト運営に関連する仕事内容はどんなものがある?

ECサイト運営 仕事内容はどんなものがある?

ECサイトの運営は、個人でやる場合も多く、手軽にできるというイメージを持たれている方もいるのではないでしょうか?

しかしECサイトとはいえ一つのお店を運営するので、その仕事内容は多岐に渡ります。

今回は、その仕事内容を詳しく解説していきます!

ECサイト運営に欠かせない仕事内容

ECサイト運営の仕事内容は、商品管理からサイト管理、宣伝、顧客分析、顧客のサポート業務などがありますが、これら一つ一つに時間をかけすぎてはいけません。

商品仕入れ、販売方法のシェイプアップなど、企画開発により時間と労力が割けるように、ECサイト運営を効率化させましょう。

では、大まかな仕事内容を確認していきます。内容は主に管理業務、サポート業務、マーケティング業務の3つです。

管理業務

最も日常的に行う管理業務は、商品管理・サイト管理・売上管理の3つが主な仕事内容です。

商品管理では、写真の掲載や商品の説明文の更新などといった商品情報の管理、仕入れや受注、発注といった商品の流れを管理しています。

効率的に行うためには、できるだけ簡単な操作画面で行えるようにするといいでしょう。

サイト管理では、システムのメンテナンスやイベントページの作成など、全体を管理します。

これも定期的に行うべき業務なので、日常的に細かくチェックし、常に最適な状態を保っておくことが重要です。

また、売上管理は、入金の確認や販売の管理です。
顧客も非常にデリケートになる部分なので、確実に作業を進めていく必要があります。
安心して使えるシステムを整備しましょう。

サポート業務

顧客からの問い合わせ・クレームに素早く対応する、ECサイト運営に欠かせない仕事内容です。

メール問い合わせや商品購入者へのフォローなど、その場に応じて対応しなければいけません。

問い合わせにはその都度対応する必要がありますが、フォローメールなどは自動化することができます。

定期的に文章の更新などはしなければいけませんが、効率化できる部分は最初にしておきましょう。

マーケティング業務

日常の業務に加えて、ECサイト運営の際には中長期的に行うべき仕事内容があります。

それが、「集客」と「顧客分析」です。
より多くの人を呼び込んで、売り上げを伸ばすために必要なマーケティング業務。

検索エンジンの上位に表示させるためのSEO対策や、狙ったユーザー層にピンポイントに訴求するリスティング広告など、売り上げに影響を与える集客業務は非常に重要です。

また、ある程度データが集まった時点で顧客分析も行い、対策を打っていかなければ、ECサイトは成長していきません。

重要なのは、どのような対策を打てるかです。可能な限り、このようなマーケティング業務に専念できるようにしましょう。

無駄を省いて売上アップを目指しましょう!

ECサイト運営は、上記3つの仕事内容を全体的に行う必要がありますが、一つ目の管理業務はほとんど自動化、一元化できます。

ECサイト運営に必要な事務作業が効率化されていくと、他の業務に時間を割いて、新たな施策や成長戦略を立てることができます。

PRECSのリピストでは、見やすい管理画面で単純な業務を一元化でき、効率的なECサイト運営をサポートします。

日々の管理業務に時間を取られている方は、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加