無料オンラインショップ構築のサービスまとめ

日々新しいお店が増えているオンラインショップは、今や私達の日常に欠かせない存在です。
最近では、オンラインショップを構築できる無料サービスも増えてきました。

そこで今回は、無料オンラインショップ構築サービスの特徴を紹介していきます。

無料オンラインショップの2つの活用方法

無料でオンラインショップを構築して、初期費用・運営費を抑えて儲けを出しやすくなると考えている方もいると思いますが、オンラインショップはそう簡単にはいきません。

オンラインショップ構築後には、「集客」「顧客分析」「発送」「在庫管理」など、やるべきことがたくさんあり、様々なコストがかかります。

無料のサービスでは多くの場合、ここにかかる人的コストが大きくなります。

ビジネスの創業期からキャッシュが潤沢にあるということはあまりないので、当然キャッシュコストは低いに越したことはないのですが、無料にこだわりすぎると運用上の作業が多くなり、ビジネスの拡大を妨げることになりかねません。

無料サービスには過度な期待をせず、練習と調査として活用していくことが大事です。

オンラインショップ運営の練習

無料オンラインショップを、練習用として使いましょう。

無料とはいえ、オンラインショップの構築・運営・管理をひと通り練習すれば、多くの発見があるはずです。

そこでの「経験」を、本番である有料のオンラインショップ構築の時に活用すれば、効率のいい運営方法で本格的なオンラインショップを作れます。

また、無料のオンラインショップでは、カスタマイズ性や機能が不足している場合がほとんどです。

自分が必要な機能を見極めて、有料のオンラインショップ構築に生かしましょう。

市場調査に活用

もう一つの活用法が、「市場調査」です。実際のオンラインショップを出してみて反応がどの程度得られるのか、価格設定・販売方法は適切かなど、自分の取り扱う商品の市場調査に役立てることができます。

そこで得た情報は、今後のオンラインショップ運営に生かせます。
分析・集客機能の必要性、活用法も実感できるはずです。

無料オンラインショップを市場調査に役立てましょう。

無料のオンラインショップ構築サービス

では、具体的に無料オンラインショップ構築サービスを紹介していきます。
本格的なオンラインショップ運営の前に、練習用・調査用として活用してください。

BASE

無料のサービスとしては評価の高いBASE。
デザイン性も高く、スマホにも対応していますが、無料なので、商品画像・集客機能が制限されています。

Store.jp

海外発送や英語に対応したサービスで、メール・電話でのサポートも行っています。
商品の登録件数は5件までと制限されています。
有料版もあるので、無料版が使いやすければ乗り換えも可能です。

hop Star

商品登録件数は30件までですが、割引やクーポン発行ができます。
メルマガ機能は、有料版への移行が必要となります。
練習用としては問題なく使えるサービスです。

本格的なサイト運営のために入念な準備を

他にも無料オンラインショップ構築サービスは多数ありますが、有名なサービス3つを紹介しました。

いずれのサービスを使うにしても、後々の発展、合理化、利便性を考えれば有料でオンラインショップを作る必要性がでてきます。

まずは、無料版で店舗運営の経験をしておきましょう。

PRECSのリピストでは、月額0円からオンラインショップを運営でき、広告効果測定も標準装備されています。
オンラインショップ構築でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談下さい。

単品通販をはじめるならリピスト