このエントリーをはてなブックマークに追加

ECサイトを構築する3つの方法

ECサイトを構築する3つの方法

ECサイト構築と言っても、様々な方法があります。
今回はその方法を3つに大別して紹介します。

いずれの方法も、実店舗を始めるより安く・手軽に始められるので、自分の理想とするECサイトを思い描きながら、ECサイト構築方法を選択していきましょう。

EC構築方法によるメリット、デメリット

今回、いくつかのECサイト構築方法を紹介しますが、いずれにしてもメリット、デメリットがあります。

それぞれの特徴を理解し、自分のやりやすい方法を決めることが大事です。

また、それぞれに料金・機能の幅がありますが、価格帯・機能だけで選ばないようにしましょう。長期的に見て、どの方法がいいのかを基準として考えましょう。

導入型(ASP、パッケージ)

最初に紹介する方法が、導入型です。

導入型の方法は、ECサイト構築のシステムをパソコンに取り込みECサイトを構築するという仕組みです。

ECサイト構築システムのアプリケーションをレンタルしてサイトを構築するASPと、構築システムを買い上げてパソコンに導入するパッケージと呼ばれているタイプが、この導入型にあたります。

導入型のメリット

導入型は、システムを導入すればすぐにECサイトを構築できるので、広く使われています。

どのASP、パッケージを使うのかで、料金、機能は変わりますが、無料版もたくさんあるので気軽に始められるメリットがあります。

導入型のデメリット

しかし、利用するシステムによってデザイン・機能の自由度が制限されています。
サイト構築後のことも考えて、どのシステムを使うのかをしっかり吟味しましょう。

出店型(ショッピングモール、オークションサイト)

次に紹介する方法は、出店型です。

出店型とはその名の通り、Yahoo!や楽天といった大型のネットショッピングモールに出店、もしくはオークションなどに参加するタイプです。

出店型のメリット

無料・有料と、幅広い料金プランの中で出店が可能です。
売上の数パーセントを支払うことで出店できる場合もあります。

個人のECサイトを構築するのとは違い、すでに広く知れ渡っているECサイトに出店するので、集客の面で優位に立てるメリットが魅力です。

出店型のデメリット

ECサイトのデザイン性、自由度は確実に狭まります。

また、集客に強いといってもサイト全体でのことなので、そこから顧客を得るためにはサイト内でのユーザー獲得競争に勝たなければなりません。

競合のお店もたくさんあるので、商品が同じような物だと、売上を伸ばしづらいでしょう。

売上を上げるには、独自の商品・販売方法で出店する必要があります。

自作型(独自でサイト構築)

最後に紹介する方法が、自作型です。

一から自分でECサイトを作り上げる方法で、カートや集客のシステムなどをプログラミングしていきます。

自作型のメリット

どの方法よりも自由度が高く、自分に最適なECサイトを構築することができます。
ブログにカートシステムを付けることで、ブログをECサイトにできたりと高い汎用性も特徴です。

自作型のデメリット

自分で作る方法なので、お金以外にもさまざまなコストがかかるデメリットがあります。
構築にかかる時間、専門知識、サーバー費用などを考えると、初心者にはオススメできません。

自分に合った構築方法を吟味する

それぞれのメリット、デメリットは把握できたでしょうか?
いずれの方法を選ぶにしても、良く考えて理想のECサイトを構築していきましょう。

PRECSのリピストは、月額0円から始められるカートシステムを提供し、ECサイトの構築から運営・管理に至るまでをサポートしています。

分析・集客機能も充実しているので、ECサイト構築でお悩みの方は一度ご検討ください。

ECサイト構築をお考えならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加