ショッピングサイト構築の方法

今やショッピングサイトは身近になり、多くの人が手軽に始められるようになりました。
またショッピングサイトの需要も高まっています。

今回はこのショッピングサイトの構築方法を、無料から有料の方法まで紹介します。

ショッピングサイトの4つの構築方法

主なショッピングサイトの構築方法は4つ。
一般的に広く使われている方法ばかりです。

ぜひショッピングサイト構築の参考にして下さい。

レンタルショップを使って構築

ある程度自由にデザインを決めたいという方向けの方法です。
専門的な知識もあまり必要なく、ショッピングサイト初心者の方にも適しています。

この方法は、その名の通りショッピングサイトを初期費用、月額料金を支払うことによって運営していきます。

機能の幅、デザインの幅はレンタルショップサイトによって様々で、いくつかのテンプレートの中から選択するものや1から自由にデザインを作れるものなどがあります。

また無料、有料のものとあり、無料であれば気軽に始められますが、登録商品が制限されていたり、デザインの幅が狭められています

有料サービスの方がサポートも充実しているので、本格的にショッピングサイトを構築するなら、やはり有料のレンタルショップを使った方が、専門知識や特別な機器も必要ありません。

初心者の方にもおススメの方法ですが、選ぶ時はしっかり吟味していきましょう。

大型ショッピングモールで構築

楽天やYahooショッピングなど、大型のショッピングモールサイトで出店する方法です。
大型モールなので顧客が多く、商品が人の目に触れやすい点がメリットです。

楽天はプランが複数ありますがどれも有料で、YAHOOショッピングには有料と無料の両方のプランがあります。

いずれもネットショップの枠組みはでき上がっているので、商品を登録するだけでショッピングサイトを始めることができます。

しかし、レンタルショップの場合と比べてデザインの幅は制限されます。

デザインの自由度やショッピングサイトとしての機能は、有料のレンタルショップの方が優れたものが多いので、モールとレンタルショップの両方で展開することも多いです。

パッケージを使用して構築

レンタルショップと似たような形で、ショッピングサイトの枠組みを購入し、自分でショッピングサイトを完成させていく方法です。

レンタルショップよりもデザインの幅が広く、自分で設定できる箇所が多くなります。

しかしレンタルショップと違って購入する形になるので、最初にまとまったお金が必要になります。
また、システムを設置するサーバーも自分で用意しなければなりません。

サーバーなどを用意しなくていい分、レンタルショップやモール出店の方が手軽といえます。

どのようなショップを作りたいか、どのような方法で販売していくのかを考えて、構築方法を選択しましょう。

自分だけでサイトを構築

これは一番難しい方法です。
プログラミングの専門知識が必要となり、時間も掛かります。

その分、自分の要求に最も適したショッピングサイトを構築できます。

自作という点で言えば、自分のブログにショッピングカートという商品販売のシステムを付けることで、ショッピングサイトを作ることもできます。

専門知識を持っている方には一番いい方法ですが、手軽に始めたい方にはオススメできません。

自分に合った方法でショッピングサイトを構築しましょう

今回4つのショッピングサイト構築方法を紹介しましたが、大事なのは自分の環境を考えることです。

どのような状態でショッピングサイトを運営していくのか、資金・ネット環境を考えた上で詳しく調べましょう。

手軽にショッピングサイトを構築したい人は、月額0円から運営できる、PRECSのリピストをぜひご利用下さい。

受注管理・分析機能など、さまざまな機能が備わっていて、ショッピングサイトの構築から運営までをサポートしています!

単品通販をはじめるならリピスト