ECサイトを構築する手順

無料のECサイト構築サービスの登場により、ますますEC業界への参加が簡単になっています。

この流れに乗って、ECサイトを構築しようと思っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな方のためにECサイト構築の手順を紹介します。参考にご一読ください。

ECサイト構築に必要なもの

ECサイトの構築は、パソコンとネット環境さえあればできます。
他には商品撮影用のデジカメくらいです。

これも写真に画質が求められるような商品でなければ、スマートフォンのカメラ機能などで代用できます。

公的手続きも差しあたって必要ありません。
開業届や販売許可などは、ECサイトを構築した後でも大丈夫です。

ECサイト構築にあたって必要なのは、丹念な計画と下準備です。
この部分に注目しながら、以下3つの手順に沿って説明していきます。

手順1.目指すべきECサイトを明確化する

手順の始まりは、様々な事柄を明確にすることです。

具体的には、「予算」「売上目標」「スケジュール」「必要な機能」などです。

できるだけ明確に、これらの数値・リストを決めておくことでスムーズECサイトの構築ができます。

運用予算を決める

予算に関しては、無料でECサイトを構築することもできます。

しかしECサイト構築後の集客や顧客分析を考えると、ECサイトのすべてを無料でやることは難しいです。

また商品の仕入れ、発送にも費用がかかるので、こうした要素も全部含めた予算を明確化しておくとよいでしょう。

予算はギリギリではなく、少し多めに見積もっておくと余裕が生まれます。

売上目標とスケジューリングの設定

予算が決まれば、大まかな売上目標も決まると思います。
最低限の目標を設定しておきましょう。

スケジューリングについても、どの程度の期間でECサイトを構築するのか、営業開始日程・発送フローなど、目安を立てておくと後々の作業が進めやすくなります。

必要な機能のリストアップ

最後に、必要と思われる機能をリストアップしていきましょう。

最初はイメージが掴みにくいかもしれませんが、分かる範囲で考えていきましょう。

メルマガ機能は必要か、会計ソフトはどれを使うのかなど、想像できる範囲で考えていきましょう。

手順2.作り方を決める

目指すべきサイトの明確化が終わったら、次はECサイトの構築方法を決める手順です。

ECサイトの構築アプリをレンタルするか、「パッケージ」と呼ばれるサービスを購入してサイトを作るか、だいたいどちらかになります。

楽天やYahoo!のショッピングモールサイトに出店する方法もありますが、それぞれのサービスには値段の幅があり、機能も様々です。

基本的にデザイン・システムの自由度で言うと、パッケージ、レンタル、モールの順番で低くなってきます。

価格と使い勝手のバランスがとれたものを選びましょう。

手順3.運用準備

最後に、ECサイトを運用する準備をしましょう。
これまでの手順を踏まえれば、スムーズに行えると思います。

デザインを決めたり、商品価格、発送期間などを設定していきます。

2つ目の手順の時に選んだ方法によっては、すでに顧客分析機能や集客機能が揃っている場合があります。
たとえ付属の機能がなくても、別のサービスを利用し、併用していくこともできます。

この3つめの手順は、ここまでの手順をひとつひとつしっかり行ってきたかにかかっています。

まずは目標設定を入念に

売上や集客など、大きな目標が決まっていれば、多少の想定外なことに直面した時に修正できます。

逆に何も目標がなければ、方向性を見失って破たんしてしまいます。

目標を立てたうえでECサイトを構築し、細部を詰めていきましょう。

PRECSでは、月額0円からECサイトを運営できる「リピスト」というサービスを提供しています。

分析など様々な機能などが充実していて、ECサイト構築の初めの一歩をサポートしています。

単品通販をはじめるならリピスト