ECサイト構築費用ってどのくらい?

ECサイトを構築する際、「費用」はとても大事な要素です。できるだけ安くECサイトを始められれば、集客・分析に時間と費用をかけることができます。

今回はECサイトの構築方法と共に費用の相場を紹介していきます。自分のショップに合った方法と費用を見つけ出していきましょう!

【方法別】ECサイトの構築費用の相場は?

ひと口にECサイトの構築費用と言っても、構築方法の種類によって相場も大きく違ってきます。まずは、方法別の構築費用から見ていきましょう。

1.ASPサービス

ASP

【構築費用】
0円~10万円程度

【主なASPサービス】
・リピスト
・BASE
・MakeShop
・ショップサーブ
・Shopify

まずご紹介するのが、ASPサービスです。ASPとは「Application Service Provider」の略で、インターネット上に構築システムを置くことで、構築費用や月額料金を安く抑えることができます。

手軽にECサイトをオープンできる上、費用面の負担も少ないことから、EC初心者や中小規模事業者にはおすすめ。一方で、他の構築方法に比べカスタマイズ性が乏しい点はデメリットとして覚えておきましょう。

2.オープンソース

open-source
【構築費用】
10万~100万円程度

【主なオープンソースサービス】
・EC-CUBE
・Magento

オープンソースとは、ネット上にシステムのソースコード(システムを構築するための言語)が無料で公開されている仕組みを言います。これを利用すれば、ECサイトを無料で構築することが可能。

ただ、すべての作業を自社で行わなければならず、高い専門性が求めらます。また、セキュリティ対策や設備投資といった部分でコストが発生するため、結果として10万円~100万程度の構築費用がかかると考えておいてよいでしょう。

3.パッケージ

package
【構築費用】
100万~500万円程度

【主なパッケージサービス】
・Orange EC
・ecbeing
・ebisumart
・コマース21

パッケージ型とは、ECサイトを構築するためのシステムを、まるごとパッケージ化した状態で販売している形式です。導入費用や維持費の負担は大きいものの、カスタマイズ性が高くオリジナリティあるサイトを構築できます。大規模ECにも対応しており、サービス会社側のサポートが手厚い点も魅力でしょう。

4.フルスクラッチ

【構築費用】
500万~数千万円程度

最後にご紹介するのが、フルスクラッチです。フルスクラッチとは、自社向けのECサイトをゼロから構築する方法で、抜群のカスタマイズ性が魅力となっています。一方で、構築には莫大なコストとある程度の時間が必要となることから、大規模ECを展開する事業者向けのサービスと呼べるでしょう。

あなたにおすすめの構築方法は?

ここまで構築方法とその相場についてご紹介しましたが、実際にECサイトを立ち上げるとなると、どの方法を選べば良いのか迷ってしまいます。そこで、ここからは目的別におすすめの構築方法をご紹介していきます。

独自性の高いサイトを構築したい

【おすすめ】
・フルスクラッチ
・パッケージ
・オープンソース

ECサイトを独自に構築できれば、自分の好みに合ったデザイン、システムなど自由度の高いサイトが構築できます。

サイトページから、デザイン・商品登録・配送システムまで、自分でプログラムを組んでいく他、それぞれ個別のアプリなどを揃えていけば完成します。

こうした方には、フルスクラッチやパッケージ型がおすすめです(専門スキルがあるならオープンソースもあり)。コスト面の負担が大きくなるため、予算との相談になりますが、オリジナリティあるサイトを作る上ではぴったりの方法でしょう。

月額固定の構築サービスを利用したい

【おすすめ】
・ASP
・パッケージ

ECサイト構築と言えば、月額料金でECサイトを構築する方法が最も一般的です。こうしたサービスを利用したい場合は、ASPや月額プランのあるパッケージサービスを利用してみましょう。

サイトの構築アプリケーションをレンタルする形で、初期費用と月額料金を払っていきます。アプリによっては、顧客分析ソフトや集客ソフトも入っており、オプション次第で様々なソフトを利用することもできますが、費用面には注意が必要です。オプション契約の種類を見比べながら、アプリを選択していくと良いでしょう。

EC構築の仕組みをまるごと利用したい

【おすすめ】
・ASP
・パッケージ

ECサイトを構築するシステムを、まるまる利用したいなら、ASPやパッケージがおすすめでしょう。ECに関するあらゆる機能が用意されているので、手軽にサイトを構築することができます。費用の負担はASPの方が軽いため、初心者やお試しでECを始めたいという方はASPを選んでみましょう。

まとめ

ECサイトを運営したことがない方は、まだまだ費用の相場が掴みにくいと思います。
そんな時は安価にECサイトを構築できるASP(レンタル)型で始めてみましょう。

構築後のサポートも充実しており、段階的にプランを切り替えて、より機能的なECサイトを構築することもできます。

PRECSのレンタルカートサービス「リピスト」なら、本格的なECサイトを誰でも手軽に構築可能。ECサイト構築でお悩みの方はぜひご相談ください!

単品通販をはじめるならリピスト