ECサイト構築時に比較すること

今やネット上にたくさんのECサイトが存在しており、ECサイト構築サービスもたくさんあります。

その中からどのようにECサイト構築サービスを選べばいいのでしょうか。

今回はその比較検討のポイントを説明していきます。
様々なサービスを比較し、自分のECサイトに合うものを選択していきましょう。

ECサイト構築サービスの比較項目

「ECサイト」、つまりネットショップなどのネット上での取引の場を作るには、サイト構築用のサービスを利用するのが一般的です。

会計・流通・顧客分析システムなど、ECで商品を売買するには様々なシステムを整えなければいけません。

そのシステムの有無が、ECサイト構築サービスを選ぶポイントになります。
一つ一つのサービス、システムを比較しながら選んでいきましょう。

具体的にチェックするべきシステムのポイントを紹介していきます。

サービスの価格帯

まず何よりも気になるのが、「価格」ではないでしょうか?
EC構築サービスは有料、無料があり幅広く選べます。

無料であれば手軽に始められますが、サイトのデザイン編集、商品の登録は制限されます。

有料の場合は費用が掛かりますが、デザインや商品管理などが簡単になります。
オプションで顧客・売上の分析機能を付けられるものもあるので、確認しておきましょう。

独自のECサイトを構築するには、有料サービスを比較検討する方が後々困らないでしょう。

カスタマイズ性

次に確認するポイントは、ECサイトの編集がどの程度できるのかということです。

テンプレートの種類や操作画面の編集など、カスタマイズ性は大切な要素です。
操作しにくい、見にくいサイトだと商品は売れません。

より商品が売れるECサイトを作るには、使いやすいサイトを構築する必要があります。
予算内でなるべくカスマイズ性が高いシステムを利用しましょう。

集客機能やサポートの有無

ECサイトを運営するにあたって、「集客」は重要な要素です。

ネットショップでは集客を行わなければ絶対に人は来ません。

最初の新規顧客を集めるためには、広告出稿する以外の手段はほとんどありません。

当然、費用がかかるわけですから、出稿した広告の費用対効果が分析できるシステムを選びましょう。

また、集客は多くのリソースがかかるので、一度集めた顧客を逃さずリピーターにできるような仕組みも必要です。

見込み客から優良顧客まで、属性に合わせてアプローチできる「ステップメール機能」もあると便利です。

集客の相談やサポートまで行ってくれるEC構築サービスもあります。

サイトの分析機能

最後にチェックするポイントは、分析機能です。

「顧客がどの経路で自分のECサイトに来たのか」、「ページのアクセス数」、「過去の購入履歴」など、分析機能があれば対策を打ち出しやすくなり、ECサイトの売り上げ向上を効率的に行えます。

こうした分析機能もオプションで使える場合があります。
無料で利用できるGoogle Analyticsを使うのもいいでしょう。

イメージを固めた上でECサイト構築を!

サイトを構築する上で大事なのは、ECサイトのイメージを細かく固めることです。

その過程で必要な機能・不必要な機能が分かってきます。
もちろん、より多くの機能を求めるのであればお金はかかりますので、その分は最低限の費用として考えておきましょう。

PRECSでは、分析、集客機能も含め、「リピスト」でECサイトの構築をサポートしています。

また、運営全般に対するサポートも充実しているので、お悩みの方はぜひご相談下さい。

単品通販をはじめるならリピスト