このエントリーをはてなブックマークに追加

レスポンシブデザインはスマホにとって「最適」な選択か?

レスポンシブデザインはスマホにとって「最適」な選択か?

レスポンシブデザインという言葉をきいたことはあるでしょうか。

Webサイトのスマホ対応が重要になってきた今、レスポンシブデザインに注目が集まっています。

レスポンシブデザインとはそもそも何なのか?
スマホにとって最適なのか?

そのような疑問に答えていきたいと思います。

そもそもレスポンシブデザインって何?

「レスポンシブデザイン」とは、スマホやタブレットの画面サイズに合わせて、Webページのデザインを最適化する技術です。

つまり、スマホならスマホの画面に、タブレットならタブレットの画面に合わせて、一番見やすいデザインを表示してくれるのです。

同じ動作を実現するためには他にもいくつかの方法がありますが、cssの編集だけで実現しよう、というものがレスポンシブデザインです。

レスポンシブデザインECサイトのメリット

ECサイトにとって、レスポンシブデザインには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

メリット1:メンテナンスが楽になる

レスポンシブデザインは、HTMLのソースはPCもスマホも同じものを使用します。

よって運営側は、基本的にひとつのHTMLだけを管理すればよいのです。

メリット2:シェアがしやすい

レスポンシブデザインを導入すれば、スマホ用サイトのURLとPC用サイトのURLを分ける必要がありません。

そのため、ユーザーは複数のURLに混乱せずに、サイトのURLをシェアすることができます。

レスポンシブデザインECサイトのデメリット

レスポンシブデザインは優れた技術ですが、どんな技術も完璧ではありません。
必ず長所と短所を兼ね備えています。それはレスポンシブデザインも同じです。

レスポンシブデザインには、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

デメリット1:読み込み速度が遅い

レスポンシブデザインはその性質上、PC用のコンテンツもスマホ用のコンテンツも、両方を読み込みます。

PCで表示する場合はそれほど問題になりませんが、スマホで表示する場合はPC用のサイズの大きな画像などを読み込むことになるので、表示速度が遅くなってしまいます。

スマホに対応させるためのレスポンシブデザインなのに、逆にスマホでのユーザビリティが下がってしまいます。

表示速度が遅くなることで、当然Googleからの評価も下がり、検索順位を下げてしまうことになるでしょう。

デメリット2:開発コストがかかる

レスポンシブデザインは、サイトの構築がとても複雑な形になってしまうので、構築に時間がかかります。

その結果、開発コストが高くなってしまいます。

また、画像の差し替え程度の作業であれば高いメンテナンス性を発揮しますが、サイトの形状を変更するような場合は非常に複雑な作業を要します。

レスポンシブデザインは「最適」な選択ではない?

以上、レスポンシブデザインのメリット・デメリットを見てきました。

総合的に判断すると、スマホのレスポンシブデザインは「最適化」というよりも、「適合化」と見る方が妥当です。

サイトの画面表示をデバイスに合わせて「適合」させるだけなので、必ずしも最適なUIの提供やデバイスの利用シーンに合わせた最適化にはなりません。

それでも何もしないよりはずっといい

上記のようにデメリットも多く存在するレスポンシブデザイン。

それならもう何もしなくてもいいや、PCビューのままでも閲覧はできるし・・・と考えてしまうのは間違いです。

スマホに最適化されたデザインがあるかないかは、大きく売り上げに影響します。

スマホで閲覧した場合、

表示の早いPCビューよりも、遅くてもスマホ最適化デザインの方が売れます。

レスポンシブデザインにするかどうかは別として、スマホ対応は必ず行いましょう。

まとめ

スマホのユーザーが増えるに従って、スマホ対応のECサイトが続々と増えてきています。

レスポンシブデザインにより、デバイスの画面サイズを気にせずにサイトを表示させることが可能になりました。

一方で、読み込みが遅くなったり、開発コストがかかってしまったりなどのデメリットも多く見受けられます。

レスポンシブデザインについては、「最適化」ではなく「適合化」レベルの施策という認識で導入を検討した方がいいでしょう。

月額0円から運営できるネットショップはリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加