通信販売について正しく理解しましょう!

通信販売とは、店舗を構えずにメディアを通して商品を紹介し、消費者から電話等の通信手段で注文を受けて商品を販売する方法です。

ネットショップを設け、Webサイトを介して販売する形態が、現在の通信販売の主流となっています。

通信販売には実店舗での販売業務にはないメリットが多く、近年、通信販売による業務形態をとる企業が増加しています。

ここでは、通信販売の定義から特徴まで解説していきます。

通信販売の定義とは?

通信販売の定義は、電話やインターネット、郵便等の通信手段を利用して受注する販売形態です。つまり、販売する人が直接消費者のもとに訪問することは、通信販売とはいいません。

通信販売といえば、ラジオショッピングやテレビショッピングなどがよく知られています。

現在も、24時間通販番組を放送しているテレビ局があり、マスメディアを利用した通信販売は大きな売上をもたらしています。

加えて、21世紀に入ると、楽天市場やAmazonに代表されるインターネットを介した通信販売がシェアを広げてきました。

店舗販売と通信販売の比較

近年、小売業態の市場が縮小している中、通信販売の市場規模は鰻登りです。
しかし、実店舗販売が通信販売よりも劣っているということではありません。

多くの事業者は実店舗販売と通信販売の両方の形態をもっており、消費者にさまざまな選択肢を与えています。

以下にそれぞれの販売形態のメリットを挙げます。

実店舗販売の代表的なメリット

  • 実際に商品を手にとって選ぶことができる
  • 配送の時間がないためすぐに商品を使うことができる
  • 店員とのコミュニケーションから情報を得ることができる

通信販売の代表的なメリット

  • 店舗までの行かずに買える
  • 一般的に店舗よりも品揃えが豊富
  • 決済方法の選択肢が多い。

このように、どちらの販売形態にもそれぞれ利点があります。
しかし、PCやスマートフォンの普及、高性能化によって、通信販売の利用率が高くなっているのです。

通販業界の現状と動向

通販業界の業界規模は年々拡大しており、流行も変化しています。

かつて主流だったラジオやテレビ、折り込みチラシによる通信販売は最盛期を過ぎました。
通信販売の世界全体を見渡してみると、紙のカタログを見て注文するユーザーはすでに少数派です。

PC・スマホの普及率が低い年配者をターゲットにした商品を扱うのでない限り、通販ビジネスのメインステージはインターネット販売です。

さらにこれからは、インターネット通販の中でもスマートフォンやタブレット端末からの通信販売が勢力を伸ばすことになります。

スマートフォン用に最適化されていないECサイトでは、これからの時代には追いついていけなくなるでしょう。

情報社会は常に変化を遂げています。
もちろん通販業界も同様に変化していくことでしょう。

通販業界は状況を正しく理解して運営につなげていかなければ、経営を軌道にのせることが難しい分野なので、世の中に常にアンテナをはっておく姿勢が重要になります。

「リピスト」で通信販売を効率的に!

リピストは単品通販とカートシステムに特化したサービスで、それらに関する基本機能が充実しています。

特に販売機能、管理システム、広告分析機能に優れており、ネットショップの運営は初めてという方にも気軽に始めることができるものになっています。

月額0円から始められるので、ネットショップ初心者の方にもオススメです。

自分の運営にあったサービスであれば、グレードを上げてより優れたパフォーマンスを期待することもできます。リピストで効率的な通信販売を目指しましょう。

月額0円から運営できるネットショップはリピスト