ECカートシステムの月額基本料金を比較してみた。気になる最安値は?

ECビジネスを運営しているなら、カートシステムの月額料金は気になるポイントではないでしょうか。今回は主要なECカートシステムの月額料金についてご紹介します。

各カートの料金プランにはどのような特徴があるのか、また料金プランやカートシステムを変更するタイミングはいつがいいのかについて解説します。

主要なECカートシステムの月額料金

ECカートは、ECを運営するための機能やシステムが網羅されたサービスのことです。

各カートにはそれぞれ特徴があり、どのカートを選ぶのかが事業運営において重要なポイントとなります。とくに月額料金は各カートでさまざまなプランが用意されていることから、事前にどの料金プランが最適なのか見極める必要があります。

では、さっそく主要なカートシステムの特徴と月額料金について詳しく見ていきましょう。

1.リピスト

リピスト

リピストは株式会社PRECSが運営するカートシステムです。D2Cや単品通販などのリピート通販に強いカートで、事業者から人気を集めています。

プラン ライト スタンダード プレミアム エキスパート
月額料金 14,800円 39,800円 69,800円 148,000円
初期費用 29,800円 69,800円 98,000円 398,000円

料金プランは4種類が用意されており、事業規模に合わせて最適なプランを選ぶことができます。各プランには目安となる売上規模や想定される受注件数が設定されているため、プランを選ぶ上での参考となります。最安プランはライトプランで月額料金は14,800円、初期費用は29,800円と手頃な価格に設定されています。

2.MakeShop

Makeshop

MakeShopはインターネット大手のGMOが運営するカートシステムです。EC向けのカートサービスとしてはトップクラスの業績を上げており、月商50万円以上を狙う本格的なEC運営向けのサービスです。

プラン プレミアム エンタープライズ
月額料金 11,000円 55,000円
初期費用 11,000円 110,000円

料金プランは基本プランとなるプレミアムと、上位プランのエンタープライズの2種類。プレミアムプランを選んでおき、事業規模が拡大し商品登録数が増えてくればエンタープライズを選ぶ流れが一般的です。

3.FutureShop

futureshop

FutureShopは、株式会社フューチャーショップが運営しているカートサービスです。実店舗と連携したオムニチャネルや越境ECなど多彩な販売スタイルに対応しており、自由度の高いEC運営を実現します。

【スタンダード】

商品点数 50商品まで 500商品まで 2,500商品まで 5,000商品まで 10,000商品まで
月額料金 22,000円 26,000円 31,000円 37,000円 52,000円
初期費用 22,000円 22,000円 27,000円 27,000円 52,000円

【ゴールド】

月額料金 81,000円
初期費用 52,000円

料金プランはスタンダードとゴールドの2種類。スタンダードは登録可能商品の上限数で月額料金が細かく設定されているため、自社の事業規模に応じて最適なプランを設定できます。ゴールドは商品点数の上限は30,000点と大規模ECの運営向けのプランです。

4.Shopify

Shopify

Shopifyは世界175ヵ国でサービスを提供しているカートサービスです。アプリを追加するだけで簡単に機能の拡充やカスタムが可能で、自由度とコストパフォーマンスに優れています。

プラン ベーシック スタンダード プレミアム Shoify Plus
月額料金 25ドル 69ドル 299ドル 2,000ドル
初期費用 無料 無料 無料 無料

カナダに本社を置くサービスとなるため、月額料金は米ドルで設定されています。通常の料金プランは3種類。すべて初期費用は無料です。また、より大規模かつ自由度の高いEC運営を希望する事業者向けに、Shopify Plusという上位プランも提供しています。

5.カラーミーショップ

カラーミーショップ

カラーミーショップは比較的小規模なEC運営向けのカートシステムです。手軽にサイトをオープンすることができ、個人からでもスタートしやすい点が特徴です。

プラン フリー レギュラー ラージ
月額料金 0円 4,950円 9,595円
初期費用 無料 3,300円 3,300円

料金プランは、機能は限定されるものの無料で使えるフリーと、有料で利用できるレギュラー・ラージの全3種類です。

上位プランにステップアップするタイミングは?

ここまで主要なカートシステムの月額料金をご紹介してきました。各カートには複数のプランが用意されていますが、上位プランへステップアップするタイミングはいつがいいのか見ていきましょう。

事業規模の大きさに合わせて変更するのが大切

カートシステムの料金プランを上位へ変更する際は、事業規模の大きさを目安にしましょう。

各プランには登録できる商品点数の上限やアカウント数、データ容量などプランごとに細かく数字が設定されています。料金プランを変更する際は、この数字を基準に上位プランへステップアップするのが基本です。はじめから上位プランを選んでしまっても、コストの負担が大きくなります。事業規模の成長に合わせてプランを上げていくのが理想です。

ただ、難しいのがカートを開設する最初のタイミングでどのプランを選ぶのかです。ここはしっかりと事業計画を練ることができるかがポイントになりますが、カートシステム側の担当者とのコミュニケーションも重要となります。ノウハウの蓄積があるサービスであれば、こちらがどの程度の事業規模を想定しているのか伝えることで、最適なプランを提案してくれます。

しっかりコミュニケーションを図りながら信頼関係を構築できるカートシステムを選ぶようにしましょう。

他のカートシステムへの移行はしっかり検討してから

料金プランを見直すタイミングで、現在利用しているカートシステムから他のカートシステムへの移行を検討する事業者も少なくありません。注意したいのが、料金だけを比較して慌ててカートシステムを移行してしまうケースです。

カートシステムの移行は、データや商品、顧客情報などさまざまな移行作業が発生し、新しいカートのデザインや機能の準備など念入りな準備が必要です。もちろん製作コストも新たに発生するため、慎重な判断が求められます。また、カートを移行するとUIが変わってしまうため、一時的に売上が下がるリスクも懸念されます。

例えば「現在のカートシステムではどうしても事業規模に耐えきれない」「事業の成長を見据えてリピート通販に特化したカートへ移行したい」といった明確な理由がないなら、同じカートシステム内でプランを変更して対応するのが無難でしょう。

まとめ

今回は主要なECカートシステムの月額料金プランをご紹介しました。

ECカートにはそれぞれ違った特徴がありますが、料金プランにも特色がよく現れています。分かりやすく少ないプランに絞っているカートや、柔軟な事業運営に対応できるよう複数のプランを用意しているカートも少なくありません。

ただ、料金の安さばかりに注目してしまうと、「自社の事業に必要な機能やサービスが含まれていない…」といったアクシデントに遭遇してしまいます。カートシステムの目星がついてから料金プランを選んでも遅くありません。まずはじっくりプランの内容や機能を確認し、自分達の目指すEC運営を実現できるカートシステムを選ぶことから始めましょう。

単品通販をはじめるならリピスト