EC事業者が注意するべきGA4移行にむけた押さえておきたいポイント

ECのデータ解析ツールとしてお馴染みのGoogleアナリティクス。

Googleでは2023年7月で現在のバージョンのサポートを終了すると発表しました。以降は最新バージョンにあたるGoogleアナリティクス4(以下GA4)へと切り替わるため、EC事業者は新バージョンの導入を急ぐ必要があります。

今回はGA4移行へ向けてEC事業者が注意すべきポイントを解説します。

GA4とは?

GA4

GA4(Googleアナリティクス4)とは、Googleが提供する最新のデータ解析ツールです。2020年10月にリリースされたGA4は、最新版の解析ツールとしてデータの解析軸やレポートの表示形式などを一新。より現代社会に則したツールへ進化しており、ユーザーの行動を詳細に解析できます。

GA4とUAの違いは?

現在主流として利用されているGoogleアナリティクスは、ユニバーサルアナリティクス(以下UA)と呼ばれていますが、GA4とUAの違いはどこにあるのでしょうか。

もっとも大きな変化が分析軸の違いです。UAではこれまでユーザーがサイトに訪問してから離脱するまでの「セッション」を軸にデータを収集していました。しかしGA4ではこの分析軸を一新し、ユーザーがどんな行動をとったかに注目する「イベント」という指標を用いて分析するようになりました。

従来までのセッションでは、例えば

  • サイトを訪れて数秒滞在して離脱した
  • サイトを訪れて30分滞在して離脱した

 

というどちらのケースでも、セッション数は1と計測されます。しかし実際にはユーザーの行動には大きな違いがあり、正確なデータを収集できているとは言えません。

また、「ユーザーが自社サイトを訪れ商品を確認し一度離脱」→「他のサイトで商品を比較」→「再度自社サイトを訪れ購入に至った」といったケースでは、一連のユーザーの行動は繋がっているといえます。しかしセッションに注目すると、一度自社サイトから離脱した時点で1セッション、再訪問した時点でさらに1セッションの合計2セッションと計測され、こちらもユーザーの行動を正確に把握したとは言えないでしょう。

そこでGA4では「イベント」という新たな指標を導入し、ユーザーの行動を分析。行動に分析軸が置かれているため、従来よりも精度の高い測定が可能となりました。

リミットは2023年7月。EC事業者はGA4移行を急ぎたい

ユニバーサルアナリティクス 終了

さて、ここにきてGA4というキーワードがニュースやSNSで頻繁に飛び交うようになりましたが、これには理由があります。Googleは2023年7月で、旧GoogleアナリティクスにあたるUAのサポートを終了すると発表しましたサポート終了以降はデータの収集はもちろん、閲覧もできないため事業者はGA4への移行を急ぐ必要があります。

正確なタイムスケジュールは以下の通りです。

    • 2023年7月1日~12月31日:UAのサポート終了。データ計測が停止。レポートは閲覧可
    • 2024年1月1日:UAのデータ閲覧も完全不可に

 

つまり、現在UAを利用しているEC事業者は2023年7月1日までにGA4の導入を進める必要があります。

EC事業者がGA4移行で注意すべき3つのポイント

では、現在UAを利用してデータ解析を行っているEC事業者が、GA4移行を進める上での注意点を確認しておきましょう。

1.サポート終了期限までにGA4を導入する

1つ目はUAのサポート終了期限までにGA4を導入しておくこと。

2023年7月1日のサポート終了以降は、旧アナリティクスのUAではデータの計測ができなくなります。1日でも空白が生まれると、きちんとしたデータの計測に影響が出てしまうため、サポート終了期限までにGA4を導入しておきましょう。

GA4とUAは併用が可能なため、現在UAを利用している事業者でも早いタイミングでGA4を導入することをおすすめします。

2.GA4での学習期間を考慮しておく

2つ目は、GA4のツールを使いこなす学習期間を考慮しておくこと。

冒頭でもご紹介したように、GA4では分析軸やレポートの表示画面などに大きな変更があります。旧アナリティクスとは指標の見方や操作の仕方が異なるため、慣れるために学習期間が必要です。GA4移行をギリギリのタイミングにしてしまうと、この学習期間が確保できないため、業務に混乱をきたす恐れがあります。

できるだけ早いタイミングでGA4を導入しておけば、ツールに慣れるための時間を確保できる上、収集したデータの動きを現在のUAと見比べることが可能です。スムーズにGA4へ移行できるよう、余裕を持って対応をしておきましょう。

3.UAから必要なデータを保存しておく

3つ目は、UAから必要なデータを保存しておくこと。

2023年7月1日のタイミングでUAのサポートは終了しますが、12月31日まではUAのデータを閲覧できます。しかし2024年1月1日以降はデータの閲覧も不可となるため、これまで蓄積してきたデータがすべて消滅することになります。

EC事業者にとってデータは大切な“資産”です。この資産を失う損失を防ぐために、UAで必要なデータは出力して、保存しておくようにしましょう。

まとめ

Googleでは2023年7月1日で、現在主流となっているGoogleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス=UA)のサポートを終了すると発表しています。サポート終了以降はUAではデータの計測や閲覧ができなくなるため、EC事業者は新バージョンのGoogleアナリティクス4(GA4)への移行を急ぐようにしましょう。

また、GA4は従来のUAとは分析軸やレポートの形式が違うため、ギリギリのタイミングでの移行は業務が混乱する恐れがあります。GA4とUAは併用して使用できるため、できるだけ早いタイミングでGA4を導入し、ツールに慣れる時間を確保しておきましょう。

単品通販をはじめるならリピスト