ネットショップの売上が上がる商品ページの書き方とは?

「なかなか売上が伸びない…」というネットショップオーナーの方は、一度商品ページの内容を見直してみてはいかがでしょうか?

商品ページはお客様が実際に購入を決断する重要なポイントで、ただ情報を羅列したような内容ではお客様の心は動きません。

そこで今回はネットショップの売上アップにつながる商品ページの書き方を5つのポイントで紹介します。

ネットショップの売上を上げる商品ページの書き方5つのポイント

ネットショップの売上が伸びないと悩んでいるなら、商品ページの見直しをしてみましょう。ネットショップではついつい集客に力を注ぎがちですが、最終的な目的はお客様に商品を購入してもらうことです。

ではお客様はどこで購入を決断するかといえば、実際に商品の情報や価格が掲載されている商品ページです。つまり、どんなに集客でネットショップへの訪問を促しても、魅力的な商品ページが用意されていなければ購入には繋がらないといえます。売れるネットショップは商品ページにしっかりこだわっており、お客様にとって有益かつ魅力的なページを掲載しています。

では、具体的に売上に繋がる商品ページの書き方について、5つのポイントを見ていきましょう。

1.商品に関する情報を詳細に書く

アパレル商品のサイズ

1つ目は、商品に関する情報を詳細に書くこと。

例えばアパレル商品であれば、サイズや素材、肌触りやカラーバリエーションなど商品に関する具体的な情報を書いておきましょう。とくにサイズの部分は「身幅・肩幅・総丈・そで丈・ウエスト」など具体的な数字を挙げて紹介することで、お客様がイメージしやすいページ作りを心がけます。

また、専門的な数値を噛み砕いて説明する工夫も、お客様にとってはうれしい情報です。これは工業製品やDIYアイテムに多いのですが、例えば高圧洗浄機を購入する際に「吐出圧力」という情報が記載されていても、一般のお客様にはイメージしづらい情報です。これを「壁の汚れや苔を洗い落とせるほどの圧力」といった表現に変えるだけで、一気に商品が身近なものになります。

2.商品の魅力を伝える

商品ページを作成するときは、商品の魅力をきちんと伝える意識しましょう。

例えば、文章の冒頭で箇条書きなどを使って商品の特徴を紹介し、そこからそれぞれの特徴を補足し納得感を持ってもらうための説明文を用意します。「なぜこの商品を購入して欲しいのか」「なぜおすすめしたいのか」がきちんと伝わらないようでは、お客様は購入を決断してくれません。

図解やグラフを用いて商品のメリットを訴求するのも効果的でしょう。

3.このネットショップで買うメリットを訴求する

メリット

商品ページには、このネットショップで買うメリットについても記載しておきましょう。

年々ネットショップの競争は過熱化しており、ユーザーもどのショップで購入するのか悩んでしまう状態が生まれています。結果として使い慣れた大手モールで購入するといった流れが増えていますが、自社のネットショップで商品を買うメリットを訴求できれば、大手モールにもしっかり対抗できます。

例えば環境にやさしい製造工程や素材を使用しているといったストーリーは、自社のネットショップを選んでもらえる理由になります。そのほかにも、商品の開発エピソードやお客様の声などを掲載することで、安心感や愛着が生まれ購入につなげるのも方法の一つです。

4.金額や送料などを分かりやすく伝える

商品ページでは金額や送料などを分かりやすく伝えるようにしましょう。

商品ページでは税抜き表示や送料別の表記になっており、「実際に購入しようとすると思った以上に料金が高かった…」といった場面ではかご落ちが発生しがちです。こうした機会損失を減らすためにも、商品ページで「この商品はいくらなのか?」という項目をはっきり用意してあげましょう。

これはお客様に対して真摯な姿勢を伝える効果もあるため、サイトへの好感やロイヤリティを高める効果も期待できます。

5.購入後にイメージを抱かせる

未来

最後に、お客様の商品購入後がイメージしやすい文章も商品ページに用意しておきましょう。

  • どのようなシーンで使用できるのか
  • どんなコーディネートの仕方があるのか
  • 商品を利用することでどんな変化が起こるのか

 

といった未来のメリットや変化をイメージできるような文章があると、購入を後押ししやすくなります。

まとめ

ネットショップの商品ページは、お客様が最終的な購入を決断する重要な意味を持っています。それだけに、ただ情報を羅列するのではなく、商品の詳細なスペックや魅力、お客様が疑問や不安を感じる情報への回答などに、「先回り」して記載しておくのが大切です。

また商品ページにはお客様が判断する「余白」を用意しておくのも意識しておきましょう。LPのように売り感が強いページではかえって抵抗を感じ購入を敬遠する場面も少なくありません。文章を使って真摯にお客様への思いやメリットを伝えるバランス感を大事にしましょう。

単品通販をはじめるならリピスト