ECサイトで活用したいLINE公式アカウントの「ステップ配信」とは?

ECサイトで活用したいLINE公式アカウントの「ステップ配信」とは?

LINE公式アカウントで利用できる「ステップ配信」機能をご存知でしょうか?ユーザーに対して任意のタイミングでメッセージを送れる機能で、ステップメールのLINE版として注目を集めています。

今回はステップ配信の機能や、ECでの活用例などをご紹介します。

LINE公式アカウントで利用できるステップ配信機能とは?

LINE

ステップ配信機能とは、LINE公式アカウントで利用できる配信機能です。友達登録をしたユーザーに対して、あらかじめ用意しておいたメッセージを、決められたタイミングで配信が可能。ECではマーケティング目的や顧客との関係強化に活用されており、近年導入する事業者が増えています。

LINEユーザーの増加に合わせてステップ配信が注目を集める

同様の仕組みでユーザーにメッセージを送信する施策には、ステップメールがあります。ステップメールも長年、ECでは効果的なマーケティング施策として活用されてきました。

しかし、若年層を中心にメールからLINEへとコミュニケーションツールが移り変わると、「そもそもメールを見ない」「アカウントを持っていない」というユーザーが増加。LINEのステップ配信機能は、こうしたユーザーの変化に対応し、従来のステップメールと同様のアプローチを実現できるとして、EC事業者から注目を集めています。

ステップ配信の機能

ここからはLINE公式アカウントで利用できるステップ配信の機能を見ていきましょう。

ステップ配信機能には、「あらかじめ用意しておいたメッセージを、決められたタイミングで配信する」という機能以外にもさまざまな機能が用意されています。

1.属性ごとのメッセージ配信

1つ目は属性ごとのメッセージ配信機能です。

ステップ配信 属性

ステップ配信ではユーザーの属性(性別、年齢、エリア)ごとにメッセージを配信することができます。例えば、女性向けの商品を紹介する場合は「女性」を属性に設定してメッセージを配信することが可能。また、若年層向けやシニア層向けなど、年齢や世代別に絞って配信することも可能です。

一括ですべてのユーザーにメッセージを配信すると、「求めていない情報まで届く」と感じるユーザーも少なくありません。結果として登録解除やブロックにつながると、ステップ配信が活用できなくなります。属性を絞った配信なら「求めている情報」だけを届けることができ、顧客ロイヤリティの向上や開封率のアップにつながります。

2.クーポンやアンケートの配信

ステップ配信 クーポン ショップカード

ステップ配信では、普段私たちが利用しているLINEと同じように、クーポンやアンケートを利用することができます。友達登録したユーザーに対してクーポンを発行するキャンペーンや、商品を購入したユーザーにアンケートを実施するなど、マーケティングや情報収集といったさまざまな用途に利用が可能です。

LINEから直接クーポンを使ってECでの購入を促すといった使い方もできるため、高い販促効果が期待できるでしょう。

3.条件による配信分岐

LINE ステップ配信 条件

ステップ配信では、あらかじめ配信分岐を設定しておくことで、条件にあわせてメッセージの配信を調整できます。例えば、「配信したメッセージのURLをクリックしたか」という条件を設定しておけば、以降のステップ配信ではクリックしたユーザーのみメッセージを送るといった使い方が可能です。よりモチベーションが高いユーザーにメッセージ配信を絞り込むことで、施策の効果を高め無駄な工数を削減することができます。

反対にクリックしなかったユーザーは「前回の商品や情報に興味がなかったかもしれない」といった仮説を立てることができ、別商品のおすすめや配信内容の調整といった改善策を検討できます。

ECでのステップ配信の活用例

では、具体的にECでステップ配信を活用する例を見てみましょう。

活用例1.商品を購入したユーザーにリピート購入を促す

ECでは一度の商品購入ではなく、継続してサイトを利用してもらうリピーターの存在が重要です。例えば、ステップ配信で一度商品を購入したユーザーにクーポンを発行する方法は、リピート購入を促しやすいでしょう。

クーポンに使用期限を設定しておけば短い期間での再購入を促すことができます。また、お得な定期購入プランを用意して、ユーザーが継続的にサイトを利用してもらえるサービスを用意しておくのも効果的です。

活用例2.アンケートやレビュー投稿でユーザーの声を集める

ステップ配信に用意されているアンケート機能を使えば、ユーザーの声を直接集めることができます。友達登録や商品購入をしたユーザーに対して、サービスや商品に関する率直な意見を求め、以降の商品開発やサービス改善に役立ててみましょう。

また、ステップ配信でのレビュー投稿を促す方法も効果的です。例えば属性の絞り込みや配信分岐機能を活用して、「商品を購入した」「メッセージを開封した」といったモチベーションの高いユーザーにレビュー投稿を促します。モチベーションの高いユーザーにのみ配信していることをメッセージ内で紹介できれば、顧客ロイヤリティを高める効果も期待できます。

活用例3.定期的な配信やイベント開催で関係を強化する

ステップ配信機能は商品の購入といった直接的な効果だけでなく、顧客との関係性強化にも活用できます。

ECでのリピート購入にいたらない理由に「サイトやサービスを忘れていた」という割合は意外と多いものです。定期的に自社の存在を思い出してもらう目的でも、ステップ配信は効果を発揮します。

またステップ配信は友達登録を起点に配信がスタートするため、ある程度モチベーションの高いユーザーが集まります。例えばウェビナーやオフラインのイベント開催を告知するといった使い方も効果が高いでしょう。

まとめ

今回はLINE公式アカウントで利用できるステップ配信についてご紹介しました。ステップ配信機能は、あらかじめ用意しておいたメッセージを、決められたタイミングで配信できる機能で、ECでおなじみのステップメールのLINE版として注目されています。

LINEはメールに比べて開封率が高いことで知られており、若年層を中心にメールからLINEへの置き換わりも進んでいます。画像やクーポンといった機能を活用することで販促の幅を広げることもできるため、EC事業者の方でLINEを利用しているならぜひ導入を検討してみましょう。

単品通販をはじめるならリピスト