このエントリーをはてなブックマークに追加

EC市場とはそもそも何?

EC市場とはそもそも何?

ECとは電子商取引のことで、インターネットなどを介して契約や決済を行うことをいいます。

PCやスマートフォンの普及により、インターネットは誰でも使えるようになりました。
実際に店舗を構える必要はなく、気軽にネットショップを運営することが可能なのです。

ここではEC市場とは何なのか、EC市場の規模や動向などを解説します。

EC市場規模

現在、PCやスマートフォンの普及により、性別や年代を問わずインターネットユーザーが増加しています。

ネットショップの市場規模は百貨店業界よりも大きくなっているといわれており、家電製品や化粧品、健康食品など幅広いジャンルの商品がネットショップを介して売買されています。

不況により消費活動が伸びない状況にあるのにも関わらず、

ネットショップの市場は右肩上がり

なのです。

EC市場の動向

今後、EC市場はますます成長していくと考えられています。
そのカギを握っているのがスマートフォンです。

スマートフォンの普及は今現在も進んでおり、スマートフォンからの検索数は年々増加しています。

ネットショップへのアクセスは、以前はPCからが主でしたが、今ではスマートフォンからネットショップを閲覧する人が多くなってきており、スマートフォンに対応したネットショップを作成するなどといった対策も必要になっていくことと考えられています。

EC市場で取引されている商品

EC市場で売買されている商品の分野には購入頻度に一定の傾向がみられます。

比較的大きな買い物になるもの、定期的に使用したいものはネットショップで購入する人が多くなりますし、ECでしか購入できないサービスもあります。

EC市場で主に取引されている商品分野

比較的大きな買い物となる商品をECで購入するケースは多くあります。
テレビやパソコン、洗濯機などの電化製品はそのうちの一つです。

実店舗では自分に合った商品がない場合もありますが、ネットショップは品揃え豊富なところが多く、求めている商品を探しやすいです。

大型の電化製品だと購入後の持ち運びに大きな労力がかかりますが、ネットショップでの注文では基本的に自宅まで届けてくれます。

これらの利点より、EC市場では電化製品が多く売買されているのです。

定期的に使用したい商品もEC市場で多く売買されています。
化粧品や健康食品はその代表例です。

自分の使用ペースに合わせて商品が届いてくれるとありがたいですよね。
いちいちお店に足を運んで購入する必要もなくなりますし、ECサイトで定期購入する方が安いことが多いです。

その他、音楽データのダウンロードなど、実店舗では購入することができないサービスもあり、ECサイトから商品を購入する一つの動機にもなっています。

EC市場であまり取引されていない商品分野

逆に、EC市場であまり売買されていない商品もあります。

生鮮食品などの腐りやすくすぐに手に入れたいものは、実店舗での購入が優勢です。
しかし、最近では食品の分野もEC市場のシェアを広げつつあります。

「リピスト」で気軽にECライフを始めましょう!

リピストの大きな特徴はEC初心者でも簡単に始めることができるところにあります。

ECに関して知識がない人にとってECサイトの製作・運営は難しいもののように思いがちです。
しかし、リピストのサービスを使うことでサイトの製作から運営管理までを簡単に行うことができます。

顧客分析機能や広告効果測定といったバックヤードのサービスも充実しているので、難しい計算をすることなく売上げを良くしていくこともできるのです。

EC初心者でもネットショップを開きたいと考えている方は、リピストのサービスを利用することをおすすめします!

単品通販をはじめるならリピスト

このエントリーをはてなブックマークに追加