ECサイトの始め方をロードマップで解説!

ECサイトの始め方をロードマップで解説!

「ECサイトの始めたいけど、何から手を付けていいのか分からない」

今回はそんな方に向けてECサイトの始め方をロードマップ形式でご紹介します。順を追って始め方が確認できれば、ECサイトをスタートするイメージがより具体化できるはずです。

ECサイトの始め方を5つのステップで紹介

ECサイト 始め方

今回はECサイトの始め方を、5つのステップで解説していきたいと思います。

  1. 販売する商品を決める
  2. サイトのコンセプトやビジネスモデル決める
  3. ECサイトを制作する
  4. 集客や購入につながる施策に取り組む
  5. 課題を洗い出して改善につなげる

ステップ1.販売する商品を決める

販売する商品を決める

まずは自分たちのECサイトでどんな商品を販売するのかを決めましょう。

ECサイトではさまざまな商品が販売されていますが、扱う商品によって販売の手法やターゲットの選定に違いがあります。また、商品によってはすでに競争が激しい「レッドオーシャン」の分野もあることから、こうした商品は避けるのも戦略の一つです。

また、商品を決める際は、仕入れを行い販売するのか、自社で製造して販売するのかも大切なポイントとなります。仕入れ販売なら、安定した仕入れや信頼関係の置ける業者を探しておく必要があります。また、自社製造なら安定供給や高い品質を確保できる製造ラインの構築も大事になってくるでしょう。

ステップ2.サイトのコンセプトやビジネスモデルを決める

サイトのコンセプトやビジネスモデルを決める

次に、サイトのコンセプトやビジネスモデルを決めましょう。

コンセプトでは、

  • 誰に販売するのか
  • 何を売りにするのか
  • どんな価値を提供するのか

 

など、サイト全体の方向性を決めていきます。近年は商品の価格や機能的な価値だけでなく、環境への貢献や社会課題の解決など、情緒的な価値を提供するサイトが人気を集めています。こうした価値を提供できれば、他社との差別化につながるでしょう。

また、ビジネスモデルを決めておくのも重要なポイントです。一般的なECのように商品をその都度購入できる仕組みにするのか、定期購入でセット販売するのかなど、ビジネスモデルもさまざまです。この段階でビジネスモデルの方向性を決めておけば、サイトの機能やデザインの制作がスムーズに進みます。

ステップ3.ECサイトを制作する

ECサイトを制作する

商品やコンセプトが決まったら、いよいよ自分たちのECサイトを制作していきましょう。

ECサイトには大きくモール型と自社型の2種類があります。

モール型とは楽天やAmazonのようなネットショッピングモールに出店する方法で、集客力が高く手軽にサイトを構築できます。一方で、モール側のルールによる制限がある点や、手数料が発生する点はデメリットです。

自社型とは、ECサイト構築サービスを利用して自分たちのECサイトを制作する方法です。デザインや機能の自由度が高く、手数料の負担を抑えることができます。デメリットとしては、集客を自社でおこなう必要がある点や、サイトの規模によっては制作コストが大きくなる点です。

どちらの方法にもメリット・デメリットがありますが、ステップ2の段階でコンセプトやビジネスモデルが決まっていれば、おのずとモール型と自社ECのどちらを選択するかが見えてくるはずです。

例えば、集客やビジネスとしての収益化を急ぎたいならモール型。近年のトレンドである情緒的な価値の提供や、自由度の高いサイト運営を目指すなら自社ECがおすすめです。

ステップ4.集客や購入につながる施策に取り組む

集客や購入に繋がる施策に取り組む

ECサイトを制作しオープンしたら、集客や購入につながるアプローチに取り組んでいきましょう。

ECサイトは実店舗と違いネット上に店舗を持つため、集客をしなければお店の存在を認知してもらえません。Web広告の掲載やSNSの運用、SEOなどさまざまな手段を用いてサイトへの集客を増やしていきましょう。

また、集客後は商品を購入してもらう仕組みが大切です。詳細な商品ページの作成や魅力的な画像の掲載、多彩な決済手段など、購入を決断するための仕組みをたくさん用意しておきましょう。

ステップ3の段階で集客や購入を見据えた機能やデザインを採用しておくと、より効果が期待できます。

ステップ5.課題を洗い出して改善につなげる

課題を洗い出して改善につなげる

ECサイトの運営はオープンして終わりではありません。絶えず課題を洗い出し、その都度改善を施す根気強さが求められます。

ユーザーの行動分析や施策の効果測定などを通して、自分たちのサイトの課題を洗い出していきましょう。オープン時に完璧な状態を目指すよりも、トライ&エラーを経験しながらサイトを成長させていくのが得策です。

また、一度商品を購入したユーザーのリピート購入を促す取り組みも忘れないようにしましょう。ECサイトでは新規ユーザーだけでなく、リピートユーザーの獲得が安定したサイト運営につながります。アフターフォローやステップメールの配信など、リピート購入を促す取り組みを続けていきましょう。

まとめ

今回はECサイトの始め方を5つのステップで解説しました。

  1. 販売する商品を決める
  2. サイトのコンセプトやビジネスモデル決める
  3. ECサイトを制作する
  4. 集客や購入につながる施策に取り組む
  5. 課題を洗い出して改善につなげる

ECサイトは誰でも手軽に始めらえますが、単純にサイトをオープンするだけでは売上にはつながりません。商品選定の段階からターゲットや売り方をしっかり検討し、戦略的に取り組んでいく必要があります。

また、悩んだときは「ユーザーはなにを求めるか?」という原点に立ち返りましょう。あくまでも商品を購入するのはユーザーです。その原則から外れてしまうと、どんなに質の高い商品や目新しいビジネスモデルでも、成功から遠ざかってしまいます。今回ご紹介した5つのステップのすべての段階で、絶えずユーザーの存在を意識することを忘れないようにしましょう。

単品通販をはじめるならリピスト