ECサイトの構築サービスを比較!気になる価格や機能の違い

ECサイトの構築サービスを比較!気になる価格や機能の違い

「ECサイトを立ち上げたいけど、どの構築サービスがおすすめなの?」

今回は、そんな悩みをお持ちの方にECサービスの構築サービス比較をお届けします。各サービスの利用料金はもちろん、どこに特色があるのか解説していきます。

EC構築サービスをお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

全10選!人気のECサイト構築サービスを比較

さっそく、人気のEC構築サービスをご紹介していきましょう。初期費用や月額料金、サービスならではの特徴などを解説していきます。

1.リピスト

リピスト

初期費用 月額料金
29,800円 14,800円

 

【ここがポイント!】リピート通販や定期購入に強い

リピストは株式会社PRECSが提供するEC構築サービスです。

サービスの特徴はリピート通販や定期購入に強いこと。フォーム一体型LPやステップメール、定期購入向けのアップセル機能などリピートユーザーの獲得を後押しする機能が豊富に用意されています。

サイトの規模に応じて4つの料金プランが用意されており、欲しい機能や予算にあわせたプラン変更が可能です。

2.カラーミーショップ

カラーミーショップ

初期費用 月額料金
0円~ 0円~

 

【ここがポイント!】低コストからのEC構築が可能

カラーミーショップは、GMOペパボが提供するEC構築サービスです。

初期費用・月額料金が無料でフリープランが用意されており、低コストでのECサイト構築が可能。各種決済機能やテンプレートも用意されているため、手軽にECサイトをオープンできます。

事業の拡大に合わせて、有料の上位プランへの移行も可能です。

3.Makeshop

MakeShop

初期費用 月額料金
11,000円~ 11,0000円~

 

【ここがポイント!】ショップ売上10年連続No.1の人気サービス

MakeShopは、ショップ売上10年連続No.1を記録している人気のEC構築サービスです。

月商数百万円規模の大規模ECの構築にも対応しており、650種類以上の機能やオリジナルテンプレートなど、自由度の高いサイト運営を実現できます。本格的なEC事業向けのサ-ビスとしては比較的安価で、運営コストを抑えることが可能です。

4.futureshop

フューチャーショップ

初期費用 月額料金
22,000円~ 22,0000円~

 

【ここがポイント!】ブランディングに強くアパレルやファッションECにおすすめ

futureshopは、株式会社フューチャーショップが提供するEC構築サービスです。

創業19年の老舗サービスとして知られており、豊富なサイト構築ノウハウを元に事業者に最適なサービスを提案。とくにブランディングに強く、アパレルやファッションといったEC分野におすすめです。月商1億円を超える大規模サイトの運営にも携わるなど、売上を拡大する機能が豊富に用意されています。

5.Shopify

Shopify

初期費用 月額料金
0円~ 29ドル~

 

【ここがポイント!】世界175か国利用され、アプリで機能を簡単に追加できる

Shopifyはカナダ発のECサイト構築サービスです。

世界175か国でサービスが利用されており、近年は日本国内でもユーザーが増加。国際的なネットワークの強さを生かした越境ECや、アプリを使って簡単に機能を追加できる拡張性の高さも人気です。

6.ebisumart

エビスマート

初期費用 月額料金
300万円~ お見積り

 

【ここがポイント!】大規模ECの構築に強く、拡張性も高い

ebisumartは、事業規模の大きいECサイト向けの構築サービスです。

クラウド型とパッケージ型のいいとこ取りしたサービス形態を採用しており、クラウド上でセキュリティや機能のアップデートを提供。加えて、カスタマイズやシステム連携に対応するなど、柔軟性の高いサービスを展開しています。

7.ecbeing

イーシービーイング

初期費用 月額料金
お見積り お見積り

 

【ここがポイント!】高い操作性と事業形態に応じたサービス提供

ecbeingは国内最大手のEC構築サービスです。

BtoB、BtoC向けのパッケージサービス(買い切り型のサービス)だけでなく、クラウド型のサービスも提供。事業形態に応じて幅広い選択肢を提供しています。また、操作性の高さやマーケティング支援などEC運営をフルにサポートできる体制を整えており、大規模事業者向けの構築サービスとなっています。

8.EC CUBE

イーシーキューブ

初期費用 月額料金
0円~ 0円~

 

【ここがポイント!】自由なカスタマイズで独自のサイトを構築可能

EC-CUBEは、オープンソース型のEC構築サービスです。オープンソースとはユーザーに無料で公開されているサービスのことで、EC-CUBEもダウンロード版は無料で利用できます。専門的なノウハウさえあれば、自社で自由に機能やデザインをカスタマイズすることが可能。オリジナル要素の高いサイトを構築できます。

9.STORES

ストアーズ

初期費用 月額料金
0円~ 0円~

 

【ここがポイント!】無料でECサイトの構築が可能

STORESは無料で利用できるECサイト構築サービスです。

オープンソースと違いクラウド上でサービスを提供しているため、誰でも手軽にサイトを立ち上げることが可能。個人事業主や小規模でのサイト運営を目指す方におすすめです。また、有料プランへ移行すればフリープランに比べ決済手数料(5%→3.6%)が安くなり、本格的なEC運営に移行できます。

10.BASE

BASE

初期費用 月額料金
0円~ 0円~

 

【ここがポイント!】誰でも簡単にEC運営をスタートできる

最後にご紹介するのが、BASEです。

STORESと共に無料のEC構築サービスの2大勢力を築いており、初期費用・月額料金を無料でサイトをオープンできます。誰でも手軽にサイトをオープンできますが、その分手数料が割高な点はネックです。

ただ、個人や趣味でECを運営するなら十分な機能が用意されているといえるでしょう。

まとめ

今回は、ECサイトの構築サービスの価格や機能についての比較をご紹介しました。

EC構築サービスには事業規模や予算、業態などによってそれぞれ得意としている領域があります。たとえば、小規模のサイトを運営する事業者が、大規模サイト向けの構築サービスを利用しても莫大な予算がかかり、管理の負担も大きくなります。

こうしたミスマッチをなくし、最適なサービスを選ぶためにも、まずは「自社がどのくらいの規模でサイトを運営したいのか」「どんな機能がほしいのか」など、イメージをはっきりさせておきましょう。イメージが明確なら、サービスを選ぶ際の判断材料が増え、ミスマッチを防ぐことが可能です。

単品通販をはじめるならリピスト