ECの決済代行サービスのおすすめはどこ?各社の特徴の違いを紹介!

ECの決済代行サービスのおすすめはどこ?各社の特徴の違いを紹介!

ECサイトをはじめるには、支払いをおこなうための決済機能が欠かせません。多数の機能を一括で導入するなら、決済代行サービスを利用するのがおすすめです。

決済代行サービスなら、ECでの多彩な決済を一括で導入することができるため、コストや労力を抑えつつ、ユーザーへ豊富な選択肢を用意することができます。

今回は、ECの大手決済代行サービスを紹介しながら、各社の特徴の違いを解説します。

ECの決済代行サービス5社の特徴を紹介

決済代行サービスとは、ECサイトに導入する決済機能を一括で導入し、管理や運営、セキュリティ対策などを代行してくれるサービスのことです。

ECではユーザーが使い慣れた多彩な決済手段を用意しておくことが大切ですが、1つ1つの決済サービスを個別で導入する作業はコストや労力がかかります。その点決済代行サービスを使えば、サービス側が提供している決済手段を一括で導入することができ、導入後の運営も一元化することが可能です。

では、ここからは大手決済代行サービス5社の特徴や提供している決済手段についてご紹介します。

1.GMOペイメントゲートウェイ

GMOペイメントゲートウェイ

【決済機能】

  • クレジット決済(Visa、MasterCard、JCB、AMEX、Diners、国内各社)
  • コンビニ決済(セブン、ローソン、ファミマ、ミニストップ、セイコー)
  • 銀行振込
  • ID決済(アップル、グーグル、Amazon、LINE)
  • オンライン決済(ペイペイ、メルペイ、楽天ペイ)
  • キャリア決済(au、ソフトバンク、ドコモ)
  • 後払い決済(GMO後払い)

 

国内屈指の決済代行サービスとして知られているのが、GMOペイメントゲートウェイです。これまでの10万店舗以上の導入実績があり、幅広い決済サービスを提供。セキュリティの高さも同社の強みで、決済代行サービスとしては定番の1社に数えられます。年中無休のサポート体制など、事業規模が大きいサービスならではの手厚いサポートも魅力です。

2.PAYGENT

ペイジェント

【決済機能】

  • クレジット決済(Visa、MasterCard、JCB、AMEX、Diners、ディスカバー)
  • コンビニ決済(セブン、ローソン、ファミマ、ミニストップ、セイコー他、全15社)
  • 銀行振込
  • ID決済(アップル、グーグル)
  • オンライン決済(ペイペイ、楽天ペイ)
  • キャリア決済(au、ソフトバンク、ドコモ)
  • 後払い決済(Paidy、アトディーネ)

 

PYGENTも各種決済サービスを一括で導入できる決済代行サービスです。メールで決済画面を送る方法からシステムへの組み込みまで、ECサイトの仕様に応じてさまざまな接続方法を用意。各種ECサービスとの連携にも優れており、ストレスなくサービスを導入することが可能です。

3.SBペイメントサービス

SBペイメント

【決済機能】

  • クレジット決済(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners、ディスカバー)
  • コンビニ決済(セブン、ローソン、ファミマ、ミニストップ、セイコー)
  • 銀行振込
  • ID決済(アップル、グーグル、LINE)
  • オンライン決済(ペイペイ、楽天ペイ、メルペイ)
  • キャリア決済(au、ソフトバンク、ドコモ)
  • 後払い決済(NP後払い)

 

SBペイメントサービスはソフトバンクグループが提供する決済代行サービスです。国内でも屈指のユーザー数をほこり、各種決済機能を幅広くカバー。ECでの決済はもちろん、
実店舗での決済サービスも提供。また、マーケティング支援に関するサービスも用意されているため、事業者の売上アップにあらゆる角度から貢献してくれます。

4.ソニーペイメントサービス

ソニーペイメント

【決済機能】

  • クレジット決済(VISA、Mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners 大手16社)
  • コンビニ決済(セブン、ローソン、ファミマ、ミニストップ、セイコー、デイリーヤマザキ)
  • 銀行振込
  • ID決済(アップル、グーグル、LINE)
  • オンライン決済(アップル、グーグル、LINE)
  • キャリア決済(大手3社)
  • 後払い決済(アトディーネ)

 

ソニーペイメントサービスは、ソニーグループが提供する決済代行サービスです。「e-SCOT Smart」と呼ばれる独自のサービスを利用することで、カード会社とダイレクトにやり取りができる仕組みを構築。ユーザーに対してスピーディーなサービスを提供できるため、かご落ち防止やリピート率アップといったECの課題解決に貢献してくれます。

5.DGフィナンシャルテクノロジー

DGフィナンシャルテクノロジー

【決済機能】

  • クレジット決済(VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club
  • コンビニ決済(セブン、ローソン、ファミマ、ミニストップ、セイコー、デイリーヤマザキ)
  • 銀行振込
  • ID決済(アップル グーグル、Amazon、LINE)
  • オンライン決済(ペイペイ 楽天ペイ メルペイ)
  • キャリア決済(au、ソフトバンク、ドコモ)
  • 後払い決済(ベリトランス後払い)

 

DGフィナンシャルテクノロジー(旧ベリトランス)は、ECから実店舗、越境ECにいたるまであらゆるジャンルの決済サービスを提供する代行サービスです。ECでは、マルチペイメントサービス「VeriTrans4G」を提供しており、取扱件数6.9億件と膨大なノウハウの蓄積も強みです。

まとめ

今回は、ECの大手決済代行サービス5社についてご紹介しました。

ECでは幅広い種類の決済機能を用意しておく必要があります。ユーザーにとって使い慣れた決済がなければ、かご落ちや離脱に繋がり、せっかくの購入機会を失いかねません。

一方で、大量の決済手段を1つ1つ導入するにはコストや労力がかかり、管理を別途おこなう手間もかかります。決済代行サービスは豊富な決済手段を一括で導入することができ、EC事業者の負担を大幅に軽減してくれます。

自社がほしい決済サービスを網羅されているかや、手数料の割合はどの程度なのかを参考にしながら、最適なサービスを選んでいきましょう。

単品通販をはじめるならリピスト