単品通販ならではのSNS活用法を教えて!

単品通販ならではのSNS活用法を教えて!

商品やブランドの種類が限定される単品通販では、総合通販とは違ったSNSの活用法が必要です。

具体的には、ターゲットの明確化やリピート・定期購入に繋がる投稿など、ユーザーに的確にリーチする手法が効果的です。

今回は、単品通販でのSNSの効果を高めるための活用方法についてご紹介します。

単品通販のSNS活用では「集客」と「ブランド認知」の二刀流がポイント

単品通販での SNS活用は…

単品通販とは、1種類の商品やひとつのブランドだけを取り扱って販売するビジネスモデルです。

商材が限定されているため、小規模から事業をスタートしやすく、ブランドの世界観やイメージを訴求しやすいといったメリットがあります。一方で、総合通販に比べ商品のラインナップが少ないことから、ユーザーに的確にリーチできる施策の実行が不可欠です。

そんな単品通販で活用されているのが、SNSです。SNSは広告費をかけることなく運用ができるため、効率的な集客を実現することができます。また、ユーザーと近い距離で関係性を構築できる点も、集客やCVに繋がりやすい特徴といえるでしょう。

加えてSNSでは、投稿を通してブランドの世界観やイメージを訴求しやすいというメリットがあります。集客と同時にブランドの認知度を高めることができる点は、単品通販でのマーケティングに大きく貢献してくれるでしょう。

単品通販ならではの3つのSNS活用法

では、SNSを活用する際に、単品通販ではどのようなポイントを押さえる必要があるのでしょうか。ここでは、単品通販でならではのSNSの活用法を3つご紹介します。

1.ターゲットに合わせてSNSツールを選択する

1つ目のポイントは、ターゲットに合わせてSNSツールを選択するということ。

単品通販は商材が限定されるため、総合通販のように不特定多数のユーザーを対象にするのは不向きといえます。自社ブランドを購入する確率が高い世代やユーザー層を絞り込み、ピンポイントでアプローチするのが得策です。

SNSの活用においても、この考え方が基本となります。SNSはツールによってユーザー層にはっきりとした違いがあります。

例えば、インスタグラムは若年層の女性ユーザーが多く、Facebookは比較的年齢層の高いビジネスパーソンが多いといった具合です。

こうしたツールごとの特徴を参考に、自社が活用するSNSツールを選択するようにしましょう。無理に複数のツールを運用しようとすると、リソースが追いつかず中途半端な施策になりかねません。

あえてツールを限定し、集中的に運用に注力する手法が単品通販には適しているといえるでしょう。

2.リピートや定期購入に繋がる投稿を意識する

2つ目は、リピートや定期購入に繋がる投稿を意識するということ。

商材が少ない単品通販は、リピートや定期購入が売上アップの鍵を握ります。そこでSNSの投稿でもリピーターや定期ユーザーの獲得を念頭に置いて活用を進めていきましょう。

セールス情報や定期割引といった投稿もよいですが、ユーザーに役立つ情報やコンテンツの投稿は効果的です。ユーザーが商品をまた買いたいと考える理由に、ブランドへの信頼感や安心感があります。

SNSで普段からユーザー目線の役立つ情報を投稿しているブランドは、信頼感や安心感を育みやすいといえます。

これはCRM戦略と置き換えることもでき、顧客との良好な関係を築くことで、ブランドを長く利用してもらうことが単品通販の戦略でも重要なポイントです。

3.LPやツーステップマーケティングを活用する

3つ目は、LPやツーステップマーケティングを上手に活用するということ。

単品通販ではリピーターの獲得が大切だとご紹介しましたが、そのためにはまず商品やブランド使ってもらう機会を設けなければなりません。

そこで、商品購入に繋がりやすい導線を用意しておくようにしましょう。

例えば、LPやツーステップマーケティングは単品通販と相性の良い戦略です。SNSの投稿にLPや初回無料キャンペーンへの導線を用意しておくことで、ユーザーとブランドの接点を築くことができます。

SNSは投稿を再度検索するといった行動には不向きで、最初の接点で購入まで繋がるような仕組みを用意しておくことが大切です。

また、投稿する写真や画像は直感的に興味を抱くようなものを選んでみましょう。SNSはまず「見る」ことが最初のステップとなり、その次に「読む」というステップへ繋がります。ユーザーの目に留まるような写真や画像の活用を意識して、購入ページへ引き込む工夫を施しておきましょう。

まとめ

単品通販は商品やブランドの数が限定されるため、総合通販のような不特定多数を対象とするマーケティングは不向きです。

そこでSNSを活用する場合も、ブランドのターゲットとなるユーザーと相性の良いツールを選び、集中的に運用を行うのが効果的でしょう。また、セールス情報に特化せず、ユーザーの信頼感や安心感を育むためのコンテンツの投稿も単品通販では重要です。

単品通販の特徴を把握しつつ、集客とブランド認知の両方を実施できるSNSというツールの強みを上手に取り入れることが、単品通販での効果的なSNS活用法です。

単品通販をはじめるならリピスト