ECサイトと店舗の相乗効果をもたらす5つの施策

ECサイトと店舗の相乗効果をもたらす5つの施策

ECサイトと店舗の両方を運営している事業者は多いですが、両者を上手く連携できず、売上アップに繋げられていないケースも少なくありません。双方の特徴を連携し活用できれば、相乗効果で売上を高めることができます。

そこで今回は、ECサイトと店舗の相乗効果を促す施策をご紹介します。

ECサイト×店舗の相乗効果をもたらす具体策

近年、ECサイトと店舗の両方を運営する事業者が増えてきました。

とくにコロナ禍以降はこれまで店舗のみだったサービスが積極的にECに参入する動きが加速。ユーザーもライフスタイルや好みにあった販売形態で購入したいといったニーズも多く、ECサイトと店舗の二軸運営が定番化しています。

一方で、上手く両者の連携を図ることができず、売上アップに苦戦しているケースも多くなっています。

では、ECサイトと店舗の相乗効果をもたらすためには、どのような施策が有効なのか見ていきましょう。

1.会員情報を連携する

1つ目は、会員情報を連携するということ。

ECサイトと店舗を運営するサービス内で、会員情報が連携されていないケースは少なくありません。

  • ECで貯めたポイントを店舗で利用する
  • 店舗で登録した情報でECの入力をスキップする

 

といった連携が図れると、サイトと店舗の相互利用を促すことができます。例えば、ECサイトと店舗の双方で利用できるアプリなどを開発できれば、ユーザーの利便性も高まりスムーズな連携を図れるでしょう。また、ポイントカードや会員証機能などを実装できる外部サービスも多く運営されていることから、こうしたサービスを導入するのも一案です。

2.相互利用できるクーポンやキャンペーン

2つ目は、相互利用できるクーポンやキャンペーンを実施すること。

例えば、ECサイトの購入時に発行するクーポンを実店舗でも利用できるようにすると、店舗への誘導を促すことができます。実店舗でも購入時にECで利用できるクーポンなどを発行し、サイトの存在を認知してもうといった手法が考えられるでしょう。

クーポンやキャンペーン施策はEC単体や店舗単体で実施することが多いですが、思い切って双方横断型の施策を打ち出すことで連携を高めていきましょう。

3.EC・店舗限定の商品を販売する

3つ目は、ECサイト限定や店舗限定の商品を販売する手法です。

これは、どちらか一方のチャネルしか利用していないユーザーに相互利用を促す効果があります。人間心理は面白く、使い慣れた購入方法がいくら不便でもなかなか他に乗り換えられない傾向にあります。ECで購入できるにも関わらず、遠方からでもわざわざ実店舗を訪れるケースもその1つで、こうしたユーザーに「きっかけ」を提供するには効果的な施策といえます。

また、すでにEC主体のユーザーが店舗を訪れた際に質の高い接客や購入体験を提供できれば、ユーザーのファン化を促すことができるでしょう。

4.店舗受け取りや自宅配送の導入

4つ目は、店舗受け取りや自宅配送の導入です。

例えば、ECで購入した商品を店舗で受け取れるといった施策は、ライフスタイルが多様化した現代ではニーズが高い方法です。実際EC利用時に再配達を依頼する割合は多く、荷物が届くときは必ず自宅に居なければならないといった制限が発生します。店舗での受け取りが可能となれば、ユーザーが好きなときに商品を受け取ることができるため利便性が高まります。

一方、店舗を訪れたにも関わらず、サイズや希望した商品がない場合は、ECでの購入に誘導できると機会損失を減らせるでしょう。その場で商品の在庫をチェックし、自宅まで配送できるといった仕組みを作れば、顧客満足度もアップします。

ユーザーのニーズを捉えつつ、機会損失を生まない仕組みを検討してみましょう。

5.狙いとするターゲットを変える

最後は、ECと店舗で狙いとするターゲットを変えることです。

一般的にECサイトのユーザーは若年層が多く、実店舗は比較的年齢層が高い傾向にあります。そこで、ECと店舗で狙いとするターゲットを変えるといった手法も、売上アップに効果的でしょう。

ターゲットがより絞れれば、施策の内容も思い切った手を打ちやすくなります。バナーデザインやキャンペーン内容も最適化することができ、ユーザーの利便性や満足度を高めることができるでしょう。

まとめ

今回は、ECサイトと店舗を連携させることで、相乗効果を得るための施策についてご紹介しました。

ECサイトと店舗の両方を運営する事業者は年々増えていますが、一方で両者の連携を図ることができず売上に繋げられないケースも多く見られます。ECと店舗では売り方やターゲットの違いはあるものの、基本となるのは「いかにユーザーが便利で満足できるサービスを展開できるか」ということ。このポイントを押さえた上で、今回ご紹介した施策などを参考にしていけば、必ず相乗効果をもたらせるはずです。

単品通販をはじめるならリピスト