ネットショップの集客方法

ネットショップの集客方法は?

ネットショップの運営において重要なのが、集客方法です。

ネットショップではいくら魅力的な商品やサイトを用意しても、ショップを訪れてもらえなければ、売上に繋げることはできません。集客の如何(いかん)によって、ネットショップの命運が左右されると言っても過言ではないでしょう。

では、具体的にネットショップの集客方法にはどのような種類があるのでしょうか?今回は、無料・有料それぞれの集客方法について、詳しく解説していきます。

集客に悩むEC事業者の方は、ぜひ参考にしてください。

なぜネットショップの集客が重要なのか?

ネットショップを構築する際、必ず取り組まなければならないのが集客です。ネット上に店舗を持つネットショップでは、こちらからアピールしない限りショップの存在を知ってもらうことができません。

魅力的な商品やサイトを用意しても、それを知る「きっかけ」を提供できなければ、いつまで経ってもお客様は獲得できないでしょう。その意味でも、いかに効果的な集客方法に取り組めるのかが、売上に繋がる鍵と言えます。

無料のネットショップ集客方法とは?

では具体的にネットショップの集客方法について見ていきましょう。まずは、無料で取り組むことができる方法からご紹介していきます。

1.SEO

SEO

まずご紹介するのは、SEOです。SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれています。

SEOの目的は、Googleなどの検索順位で、自分のネットショップを上位に表示させるということ。関連するキーワードでサイトが上位に表示されれば、それだけユーザーにクリックしてもらう確率が高くなり、集客面で大きな効果を得ることができます。

SEOの具体的な施策は多岐にわたりますが、大前提となるのが「ユーザーにとって有益な情報を提供しているか」ということ。あくまでも、ユーザー目線での施策に取り組んでいくことを念頭に、対策を施していきましょう。

2.SNSマーケティング

近年ネットショップの集客方法として注目度を高めているのが、SNSマーケティングです。SNSマーケティングとは、FacebookやTwitter、InstagramといったSNSツールを利用して集客を行う手法で、アカウントさえ開設すれば誰でも無料で取り組むことができます。

SNSマーケティングの特徴は、ユーザーとの距離感が近いということ。継続してショップの情報やコンテンツを発信することで、ネットショップへの集客に繋げることが可能です。また、投稿する文章や画像のクオリティにこだわることで、ブランディングやロイヤリティを高めることも可能です。

ネットショップを開設したら、SNSと連携した集客に取り組んでみましょう。

3.メルマガ

メルマガ(メールマガジン)を使った集客も、ネットショップでは効果的な方法の1つです。メルマガはコンテンツにボリュームを持たせることができるため、ユーザーに自社商品やブランドの魅力をじっくり伝えることができます。

また、リピート顧客の獲得や休眠顧客の掘り起こしにも効果を発揮するため、多くのEC事業者が採用している手法です。ターゲットにあわせて複数のシナリオを用意するなどして、CRM視点に立ったアプローチを導入するのも効果的でしょう。

有料のネットショップ集客方法とは?

有料の集客方法は、費用がかかる分高い集客効果を期待できます。とくにWeb広告などは年々精度が高まっており、自社のターゲットに的確にリーチできるようになりました。

ここからは有料のネットショップ集客方法について見ていきましょう。

1.リスティング広告

リスティング広告

リスティング広告とは、検索したキーワードと関連性の高い広告が表示される「検索連動型」のWeb広告の1つです。

たとえばGoogleやYahoo!の検索エンジンから、「ダイエット サプリメント 購入」と検索したユーザーにだけ広告を表示させるといったことが可能。モチベーションの高いユーザーにリーチできるため、集客の高い方法として知られています。

またリスティング広告では、広告がクリックされるまで費用は発生しません。これは、費用対効果という意味で魅力的で、広告宣伝費のコストを抑えたい事業者にとっては見逃せないポイントでしょう。

2.リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、一度サイトを訪れたことがあるユーザーに対して広告を表示する手法のこと。

一度でもサイトを訪れたユーザーは、商品やブランドに対して一定以上のモチベーション(興味や関心)を持っています。そこで、サイトを離脱したあともユーザーを追いかけるように広告を表示することで、集客やコンバージョンに繋げる狙いがあります。

ネットの世界では、一度訪れたサイトに再度アクセスしたくても、なかなか見つからない…といったこともしばしば。こうしたユーザーにアプローチし、機会損失を減らすことができる意味でもリターゲティング広告は効果的な集客手法と呼べるでしょう。

3.SNS広告

SNS広告

さきほどご紹介したSNSマーケティングには、有料の広告を掲載するといった手法も存在します。SNS広告と呼ばれるこの手法は、ユーザーとの距離感が近いツールの特徴からクリック率も高く、集客面で高い効果を期待できます。

また、近年はネイティブ広告と呼ばれる出稿先のフォーマットによく似た広告を表示する手法で、よりクリックしやすい広告展開が可能となりました。これは、ユーザーの広告への抵抗感を下げる上で効果的で、Web広告の中でもトレンドの1つとなっています。

4.アフィリエイト

ネットショップの集客方法として、アフィリエイト広告も効果的です。

アフィリエイトとは、ブログやネットにASPと呼ばれるサービスを通じて広告を表示してもらう手法のこと。一般のユーザーのコンテンツに広告を表示でき、拡散力や影響力の大きいアフィリエイターやインフルエンサーに掲載してもらえれば、大きな集客効果を得られます。

ネットショップの集客に役立つ分析ツール

さて、ここまでネットショップの集客方法をご紹介してきましたが、集客とあわせて活用したいのが分析ツールです。ここでは、とくにおすすめの分析ツールを2つご紹介します。

Googleアナリティクス

グーグルアナリティクス

分析ツールの中でも、もっとも有名なのがGoogleアナリティクスです。Googleが提供するこちらのツールでは、サイトを訪れたユーザーの行動や属性などあらゆる情報を数値化して分析することができます。

例えば、ページごとのアクセス数や、滞在時間、バナーをクリックした割合など、こと細かなデータをこれ1つで確認・分析することが可能です。

ネットショップをオープンしたら、合わせてGoogleアナリティクスへの登録も忘れず行っておきましょう。

Googleサーチコンソール

サーチコンソール

アナリティクスが「サイトの中」での動き分析するツールなのに対して、Googleサーチコンソールは「サイトの外」の動きを分析するツールと呼べます。

具体的には、サイトを訪れたユーザーがどのようなキーワードで検索したのか、サイトの検索順位の変遷などを分析することができ、SEOや集客施策を検討する上で貴重な材料を手に入れることが可能です。

Googleアナリティクスと連携することで、より詳細なデータを分析できるため、集客施策を加速させるならぜひとも導入しておきたいツールでしょう。

まとめ

今回はネットショップの集客方法についてご紹介しました。

ネットショップでは、いかにしてユーザーをサイトに集客するのかが、売上を大きく左右します。集客方法には、無料・有料を問わずさまざまな手法が用意されていることから、自社サイトとの相性や狙いにあわせて、効果的な方法を選んでいきましょう。

リピストでは、ネットショップの集客に繋がる各種機能や分析ツールを豊富に用意。ネットショップ初心者から本格的なショップ運営を目指す方まで、魅力あるサイトを構築可能です。

集客に繋がるネットショップを目指すなら、機能性に優れたリピストのサービスをぜひご利用ください。