ザイオンス効果をECマーケティングに活用しよう

ザイオンス効果をECマーケティングに活用しよう

行動心理学をビジネスに活用する手法は、いまや定番のマーケティング戦略の1つです。今回ご紹介する「ザイオンス効果」も、マーケティングで広く用いられている心理効果の1つ。

今回は、ザイオンス効果とは何か?ECマーケティングにどう活用すればよいのか?といった疑問について解説していきます。具体的な方法もご紹介しているので、自社サイトのマーケティング力向上に役立ててください。

ザイオンス効果とは?

wait on customers

ザイオンス効果とは、1968年にアメリカの心理学者ロバート・ザイオンスが提唱した心理効果の1つです。

人間は接する回数が多い対象に対して、だんだんと好印象を持つという心理効果のことで、日本語では単純接触効果と呼ばれています。

日常にあるザイオンス効果の例

ザイオンス効果には、次のような例が挙げられます。

  • 何度も同じ音楽を聞いていると、いつの間にか好きになっていた
  • 繰り返し同じTVCMが流れていると、商品やブランドのファンになっていた
  • 毎日利用するコンビニ店員に対して、好感を持つようになった

などなど、ザイオンス効果は私たちの日常生活の場面でも多くみられます。ビジネスシーンにおいても、この心理効果を応用する手法が一般化しており、営業活動や販促活動に取り入れることで、集客や売上アップが期待できます。

ECマーケティングにザイオンス効果を応用する具体例

では、ECマーケティングにおいてザイオンス効果を応用するには、どのような方法が挙げられるのでしょうか。具体的に方法を見ていきましょう。

1.リターゲティング広告

1つ目はリターゲティング広告です。

リターゲティング広告とは、自社サイトを訪れたことがあるユーザーに対して、広告を表示させる手法をいいます。ECサイトで商品を検索したら、他サイトへ移動しても広告が表示されることがありますが、あれはリターゲティング広告の仕組みを採用したもの。

ザイオンス効果は接触回数が多い対象に好印象を抱くという心理効果でしたが、リターゲティング広告は繰り返しユーザーに対して自社の広告を表示することができるため、心理効果を狙うにはうってつけです。

2.プッシュ通知

To operate a smartphone

2つ目は、プッシュ通知です。

スマホのアプリで活用されるプッシュ通知ですが、開封率が高くユーザーへの訴求率が高いことで知られています。定期的にキャンペーン情報やセール情報を通知することで、ユーザーとの接触機会を増やすことができ、ザイオンス効果を生み出しやすい方法といえるでしょう。

3.メルマガ

メルマガも、ザイオンス効果に繋がりやすいマーケティング方法の1つといえます。

ECではメルマガは定番の施策の1つですが、とくにシーンごとに最適なメールを送信するステップメールはユーザーの印象に残りやすく、ザイオンス効果を生み出しやすいといえます。顧客満足度を高めつつ、ザイオンス効果で好印象を与えれば、リピートユーザーへとスムーズに導くことができるでしょう。

4.SNS・ブログ

SNS BLOG

4つ目は、SNSやブログです。

ECマーケティングでは、SNSやブログを使ってユーザーとの接触機会を増やすことができます。投稿する内容やコンテンツを工夫すれば、ユーザーに親近感を持ってもらうことができるため、ファンの育成にはうってつけです。

また、SNSはユーザーが日常的にチェックする頻度が高く、タイムライン上に表示されるだけで自然と接触機会を生み出すことができます。ザイオンス効果を引き出すには、効率性の高い方法といえるでしょう。

ザイオンス効果を活用する際の注意点

ECマーケティングにおいて高い効果が期待できるザイオンス効果ですが、活用する際は1つだけ注意しておくポイントがあります。

それは、接触する回数を過度に持たないということ。ザイオンス効果を狙って、連日のようにメルマガやプッシュ通知を配信する事業者も多いですが、あまりに数が多いとかえってネガティブな印象を持たれてしまいます。これでは、せっかくのアプローチが無駄になってしまうでしょう。

ザイオンス効果を狙うなら、ユーザーの負担にならない自然な接触回数を意識しましょう。また、回数にばかりこだわってしまうと、コンテンツの質が低くなってしまいます。ユーザーにとって価値がある、質の高いコンテンツを作る意識も忘れないようにしてください。

まとめ

今回は行動心理学における心理効果の1つ、ザイオンス効果(単純接触効果)についてご紹介しました。

ザイオンス効果は、接する回数が多い対象に対して、だんだんと好印象を持つという心理効果で、ECマーケティングの場面でも活用することができます。リターゲティング広告やSNS運用といった手法を通じて、ユーザーとの接触機会を増やしサイトへの好印象を引き出しましょう。

PRECSのカートシステム「リピスト」は、ステップメールをはじめとした各種機能で、ユーザーとの良好な関係性を築くことができます。リピートユーザーを獲得し売上アップを目指すなら、ぜひリピストにご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト