ネットショップ開業のために必要な資格

ネットショップとは言え、一つの事業を経営することに変わりはありません。

「ネットショップを開業するにあたって、特別な資格が必要なのでは?」
と考えている人も多いのではないでしょうか?

しかしそんなことはありません。
手軽に誰でも始められる。それがネットショップの良さなのです。

必要な資格は特になし

ネットショップを開業するにあたり、必要な資格は特にありません。
パソコンが一台あれば、誰でもネットショップを開業できます。

必要なにるのは、資格と言うよりも許可と言った方がいいかもしれません。
販売する商品によって必要とされる許可は変わってきます。

また、ネットショップである程度の売り上げを出した場合は、確定申告が必要です。

いずれも簡単な手続きです。あまり肩肘を張らずに販売資格、許可を得ていきましょう。

開業届、確定申告

個人でネットショップを開業するにあたって、個人事業の開廃業等届出書が必要です。

しかしこれは、出していないからと言って罰則を受けるものではなく、確定申告を提出する際や銀行口座の名義をネットショップの名前にする時に必要になります。

したがって、確定申告を出さなければいけない時など、開業届の必要性が出てきた時に提出すれば問題ありません。

確定申告は、副業でネットショップをしている場合は、年間20万円以上の利益を上げた時に必要になります。

販売資格

次に、販売資格についてです。ネットショップで販売する商品によっては販売許可、資格が必要です。

自分が販売する商品については、詳しく調べておくことが大事です。
無許可で販売していた場合は、法律違反となりますので注意しましょう。

食品について

まずは食品販売についての資格を見ていきます。農家からの直送、加工食品販売の場合、許可は必要ありません。

それ以外の鮮魚や乳製品、自分で加工した食品を販売する場合は、保健所にて販売資格を手に入れる必要があります。

手作りの食品などは、必ず許可が必要なので注意してください。

アルコール品について

アルコール品を販売する場合は、一般酒類小売業の免許、酒類の通販の許可が必要です。
このアルコール品は、アルコール分が1%以上含まれているものを指します。みりんもアルコール品に含まれます。

しかしアルコールを使ったお菓子、ウィスキーボンボンなどは、これらの資格は必要ありません。

アルコール品を扱う方は、保健所で実際に確認してみるといいでしょう。

生き物

犬、猫などの小動物など、生き物を販売する場合は、保健所への届け出が必要です。
しかし、魚類・昆虫・ペットの餌は届け出の必要はありません。

また、動物を販売する場合は動物愛護法もしっかり確認しておくといいでしょう。

中古品、火に関わるもの

他人が一度でも手にした中古品の販売、火に関わるガスや花火を扱う場合は、警察署への届け出が必要です。

中古品販売の場合は、「古物商許可証」も必要になります。

こちらも、具体的に自分の販売する商品に許可が必要かどうか、警察署で確認すると間違いないでしょう。

輸入品について

輸入品については、販売許可が複雑になります。

海外では販売資格が必要なかったものが、日本では必要になっているものもあるので、個別に調べることが大事です。

手続きには少し手間が掛かるので、代行業者に依頼することも視野に入れながら、販売許可を手に入れていきましょう。

商品を知ろう

このようにネットショップを開業するにあたって、開業届と販売資格の他には何も資格が必要ないことが分かったと思います。

販売する商品によって、どの資格が必要かは変わってきますが、まずは商品の管理方法・扱い方を熟知することです。

販売資格も含めて、自分の商品を誰よりも知っておくことが、販促やネットショップの完成度に影響してきます。

PRECSでは、ネットショップの準備段階からサポートしています。一緒に魅力あるネットショップを作っていきましょう。

単品通販をはじめるならリピスト