D2Cブランドの立ち上げに必要な3つのステップ

D2Cブランドの立ち上げに必要な3つのステップ

いまやECビジネスにおいてもっとも注目を集める手法と言えるD2C。

国内でも続々とD2Cブランドが立ち上げっていますが、これからD2Cに挑戦したいと考えている事業者の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、D2Cブランドを立ち上げる際に必要なステップを、3つのポイントでご紹介していきます。

D2Cとは?

Apparel shop

D2Cとは、Direct to Consumerの頭文字を取ったビジネスモデルのことを言います。

メーカーが商品の企画から製造・販売に至るまでをすべて自社のみで完結。仲介業者を通さない、いわゆるメーカー直販型のモデルですが、D2Cではデジタルテクノロジーの活用や、ブランドの世界観に重きを置くことでユーザーとより密な関係を構築します。

商品をただ提供するのではなく、ユーザーのライフスタイルそのものに新たな価値を提供するという点で、これまでのビジネスモデルとは一線を画すものです。

D2Cのメリットは?

では、D2Cの特徴をより知るために、このビジネスモデルのメリットについて見ていきましょう。

1つ目は、販売コストを削減できるということ。これは仲介業者を通さないことで、流通や小売業者への手数料を省くことができ、利益率を高く設定することができます。この点は従来のメーカー直販やSPA(製造小売業)のメリットと同じと言えます。

2つ目は、顧客データの収集や蓄積に優れているということ。D2Cではオンラインによる販売に特化してビジネスを展開します。そのため、デジタル技術を用いたデータの収集や蓄積、分析といった点に優れており、ユーザーのリアルな声を直接集めることができます。自社だけの資産(顧客の声)を蓄積できるという訳です。

3つ目は、ユーザーとの密なコミュニケーションを構築できるということ。メーカーが製造から販売までをすべて自社で行うこということは、ユーザーとのコミュニケーションもすべて自社が担うことになります。マーケティング戦略やSNSの運営などを自社の方針でのみ行うことができため、ブランドイメージの徹底や拡大を柔軟かつスピーディーに行うことが可能です。

3つのステップでみるD2Cブランドの立ち上げ方

では、実際にD2Cブランドを立ち上げる際のポイントを、3つのステップで見ていきましょう。

ステップ1.ブランドのコンセプトやストーリーを定める

make a story

1つ目は、ブランドのコンセプトやストーリーを定めることです。

D2Cが他のビジネスモデルと大きく違う点に、ブランドの世界観を重視する点が挙げられます。商品の魅力はもちろんですが、ブランドのコンセプトやストーリーといった世界観を構築し、ユーザーのライフスタイルにまで踏み込んで価値を提供することが必要です。商品よりも、世界観が優先される点は、これまでのビジネスと大きく違う点です。

分かりやすい例で言えば、Appleなどは世界観を売りにして成功を収めた代表でしょう。Appleはそれまでの無機質で野暮ったいPC機器にデザインという付加価値を加え、「Appleの製品を持つことがステータスになる」という1つの価値観を生み出しました。

D2Cの目的はこうしたカルチャーを創造し、ユーザーの共感を誘い売上に繋げることにあります。そのためにブランドのコンセプトやストーリーを徹底的に掘り下げておきましょう。

ステップ2.魅力ある商品を作る

2つ目のステップは、魅力ある商品を作ることです。

D2Cブランドを立ち上げるには、他社にはない魅力ある商品の存在が必要不可欠です。ありきたりでオリジナリティのない商品では、ユーザーに興味を持ってもらうことはできません。

品質やデザインに徹底的にこだわり、商品の魅力を最大限に引き出しましょう。

その際に忘れてはならないのが、ステップ1で定めたコンセプトやストーリーに徹底的に寄り添うということ。ただトレンドを追っただけの商品になってしまっては、D2Cとは呼べません。この点は十分意識しておきましょう。

ステップ3.デジタルツールを活用する

digital tool

3つ目のステップは、デジタルツールを活用することです。

D2Cブランドを成功に導くには、デジタルツールの存在は欠かせません。とくにSNSを使ったマーケティングは、ブランドの世界観を築きユーザーとの関係性を構築するといういう意味でなくてはならいなものでしょう。

ここでもステップ1と同じく、SNSを使ってどのようにユーザーにアプローチするのかを徹底的に掘り下げ、一貫したスタイルを確立することが大切です。

3つのステップを連動させ世界観を築くことがD2Cの本質

さて、それぞれのステップを見ていくと、従来までのビジネスモデルでも活用されてきた手法に見えます。

しかしD2Cでは、この3つのステップをすべて連動させ、1つの世界観を築き上げることに本質があります。それぞれのステップにのみ特化するだけでは意味がありません。1つ1つのステップを効率化し売上を高めるだけでは、いままでのメーカー直販やSPAと違いがないでしょう。

すべてを有機的に機能させ、1つの大きな塊としてブランドを運営できて初めてD2Cと言えます。この複雑さとバランス感覚の難しさがD2Cの特徴でもあり、新たなビジネスモデルとして注目を集める理由といえるでしょう。

まとめ

今回は、D2Cブランドを立ち上げる際に必要な3つのステップをご紹介しました。

D2Cは従来までのビジネスモデルに比べ、より有機的にブランディングやマーケティングを回していく必要があります。D2Cというトレンドの表面を真似るのではなく、その本質を理解して取り組むことが成功への条件になってくるでしょう。

PRECSのカートシステム「リピスト」は、単品通販に特化したサービスを提供しています。魅力あるECサイトの構築も、D2Cには欠かせないポイントです。ネットショップの構築をお考えなら、ぜひリピストにご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト